老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

危険!近寄るな! ― 老人マーク

先日の高齢者講習会は、大変有意義であった。

普段、オレはそろそろボケが加速されているな、と認識してはいるが、他人の認知症を認識する機会はなかった。

認知機能試験では隣の席には笑顔を絶やさない人見知りのしない老人が座っている。

「4年前、酒を飲んで温泉にはいりましてね。ふらっと倒れて、救急車で運ばれたんです。脳梗塞で右半身が不随になったのですが、半年入院で済みました。
ええ、運転はいつもしています。ただ、記憶力の方は、全くダメになりました」

くどくど繰り返したことの要約である。

この人は、検査の結果が49点未満である。運転実施の前に、別室に呼ばれて、運転のチェックは受けなかったから、それと知ったのである。

どんな試験かといえば、小学2年生以上なら80点以上取れるような問題である。

年、月、日、曜日、時刻の問題。ナポレオンが皇帝に就いた時ではない、家康公の生まれた時でもない。今日の今の時である。

これに、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

次は、16個のイラスト。オーロラ、兵馬俑、人工衛星の寝室、安倍首相の横顔、こんな物はない。オルガン、ラジオ、耳、のこぎり、スカート、ベッド、ぶどう、ライオン、タケノコ、てんとう虫、バラ、バイク、フライパン、など。初めはヒントなし、次は「動物は?」、「楽器は?」とヒントが与えられる。

これに、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

終わりは、先ず、時計の文字盤を描かせる。時計とわかれば、どんなにデフォルメされていても構わない。それが済むと、「11時15分」の針を書き込む。

これが、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

こういう問題もあった。

3 6 4 9 0 2 7 3 8 2 1 1 6 
4 7 3 9 6 1 0 3 2 4 7 0 3

隣同士を足して、答えを書きなさい、ではない。4と6をマークしてください。たっぷり時間を取ったあと、次は1と0を消してください。それだけである。これは小学1年生でもできるだろう。

これに、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

49点以上ならば、運転免許は無条件に継続される。

49点と48点は、紙一重。

講習会の認知検査は、あくまでも参考でしかない。医師から認知症の認定を受けた場合のみ、免許更新はできないという。

認知症の運転能力に対する影響力は、科学的・医学的には確証がないそうだ。

たとえ確証がなくても、私は、恐ろしくて、この運転手の近くには寄れない。

老人マークだけでは、その運転手が50点であるかどうか分からない。私のできることは、老人マーク車には無差別に近寄らないことだけだ。

必要条件と十分条件のようなもの。


付:
1.判定基準
  76点以上 記憶力、判断力に心配なし
  49点~75点 少し低い
  49点未満  低い
2.他人事ではない。私も、老人マークを貼ってある。国道407で老人マークを貼ったアルトが結構なスピードで走っているのを見たら、できるだけ敬遠してください。
3.残りのイラストが思い出せません。

毎夏繰り返す虚しい核廃絶運動

被爆者団体が核廃絶を訴える。

核兵器だけ特別扱いにする幼稚さに、私は辟易している。

核兵器なんか、何千、何万と持たせればいい。日本も、欲しければ、持てばいい。(もちろん、アメリカが絶対に許さないが)

人を大量にしかも簡単に殺しているのは、通常兵器である。

通常兵器の廃絶運動以外は、私にとってはどうでもいい趣味の世界である、ファンタジーの世界である。

安倍首相が、批准しないと語った。素直でいい。

しても、しなくても同じことなのだ。

ただ、核兵器のない世界の実現が遠のくという理由は、言わない方がよかった。

余計なことである。


付:

1.安倍首相に問う。それでは、近づける工程表を世界に示しているのか。被爆者団体風ののお題目でなく、「実現可能な」工程表をである。
2.彼もお題目を唱えているに過ぎない、本心は、できるわけがない、これ、私の心と同じである。
3.インド、パキスタン、核兵器保有は既成事実として、アメリカは容認した。将来たとえ北朝鮮は許しても、日本だけは絶対に許さない。いくら歴代総理が尾を振っても、いつコノウラミハタサデと噛み付くかもしれないからだ。軍事同盟の脆さをアメリカはよく知っているのだ。


・・・・・

安倍首相、核禁条約「我が国のアプローチと異なる」
8/9(水) 18:29配信 朝日新聞デジタル

被爆者団体からの要望書を受け取ったあと、記者会見する安倍晋三首相=9日午後0時59分、長崎市、福岡亜純撮影
 安倍晋三首相は9日、訪問先の長崎市で、国連で採択された核兵器禁止条約について「条約は、我が国のアプローチと異なるものであることから、署名、批准を行う考えはない」との方針を改めて示した。

 同市で開かれた平和祈念式典などに出席した後の記者会見で語った。首相は「真に『核兵器のない世界』を実現するためには、核兵器国の参加を得ることが不可欠だ。しかし、条約には核兵器国が1カ国として参加していない」とし、「核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、『核兵器のない世界』の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」と主張した。

朝日新聞社

高齢者講習会 ー 左ブレーキ、右アクセル

高齢者講習会で、くどい程ビデオを見せらたのが、アクセルとブレーキの踏み違いによる事故である。

高齢者は、とっさの判断ができない。

特にパニックに陥った時がそうだという。

縁石に乗り上げた、自転車を跳ねた、屋上の駐車場から飛び出した、これらは、みんなブレーキとアクセルを右足が間違えたことが原因である。

だから、高齢者は、パニックに陥ったら、右足が踏むべき位置に注意するように。

こういう講習だった。

右足の置くべき位置を脳が判断し足に伝達する、これがパニックになるとできない場合が事故なのではないか。

そもそも、間違いがなければ、この種の事故はないのだ。

高齢者は判断力と瞬発力が衰えている。その我々に、間違えるなと言っても、無意味である。もとより、間違えないつもりでいるからだ。

私は何種類か自動車を替えてきたが、オートマ車は、HONDAアコード1600ccだけだった。初代アコードは今の軽より軽かった。あっという間に140になる。

当時セリカが横に並ぶと、青になってから5秒は、私の方が先に出ていた。相手は普通にスタートするが、私の方は、右足でアクセルを吹かせ、左足をブレーキに置いて、信号が変わると、バーンととびだす。

競泳のスタートで鍛えられたから、信号の変化には敏感であったことも「貢献」している。

その後は、サンタナで5速、次がジムニーでこれも5速、サンタナでギア・シフトの快感を思い出したこと、ジムニーにオートマは真鍮の台座にダイヤモンドを嵌めるようなもの。

17年強、お世話になったが、ちょこちょこ不具合が生じるようになり、その度に往復1万8千円の船賃が出る。とても年金暮らしには耐えられないので、アルトに4年前乗り換えた。

オートマである。

ギアシフトを楽しむ歳でなし、ノンビリ運転することにしたのだ。

今回の講習会までは、右足アクセル、右足ブレーキだった。

講習会の翌日からは、右アクセル、左ブレーキに戻した。

これなら、絶対にブレーキと間違えて、アクセルを踏まない。左足をアクセルペダル届かせるのは至難の技である。

高齢者の左足は、そんな芸当ができるほど柔軟ではない。

たとえ、パニックになっても、ブレーキ即ち左の習慣がつけば、あとは慣性の法則に従うのみ、左足がとっさに働く。

老人の踏み間違いは、二本の足がありながら、一本しか使わない横着にある。

信号グランプリは、もうやらない。

踏み違い事故の防止のために、左ブレーキ、右アクセルで運転している。

ネットを見たら、左アクセルは推奨されていないという。

その理由はいちいちここで取り上げないが、いずれもどうでもいいようなくだらないものばかりだ。

ただし、マニュアルから左ブレーキに方法を変えるとき、何回かカックンを経験するだろう。シフトする時の力で踏むからだ。アコードの時のことを今も思い出す。

しかし、まったく心配ない。1日で慣れる。

私は、もうマニュアルの車を運転することはない。左足をぐいと伸ばす動作は二度とない。

踏み違い事故の起きようのない左アクセルで、今日も407を走った。これからもずっと走るだろう。

付:
1.指導官の話では、マニュアルで、踏み間違いの事故はほとんど知らないと言っていました。両足を使うから脳にいい刺激になっているからでしょう。
2.ブレーキを踏んだつもりがアクセルだったなどという加害者コメントは、これで紙面から消えます。

高齢者講習 ― 実技編

認知症試験の難関を突破すると、次が実技講習である。

教習所の指導官が同乗して、運転を見てくれる。

これは、ありがたい。

4千6百5十円の価値は十分ある。

3年前は、ゲーム・センターのシミュレーターがあった。今回はない。進化した。

代わりに、縁石乗り上げ、即ブレーキの動作が加わった。

S字、クランク、車庫入れ、車線変更、徐行、一時停止など、無難にこなしたが、この縁石乗り上げは、指導官の手を煩わしてしまった。

私には縁石にタイヤが当たった瞬間に、ブレーキを踏む習慣が身についてしまっているからだ。

縁石は前方の障害物の代表として扱われている。縁石でなくて、子供や自転車だったら、どうだろう。

乗り上げた後のブレーキは、遅すぎる。後の祭りだ。

私は、縁石にタイヤが当たった瞬間にブレーキをかけた。指導官は、乗り上げなさいと指示した。私は、躊躇した。再び、指示がきた。それでも、乗り上げる勇気がなかった。いや、本能が拒否したのだ。最後は半分叱られながら、乗り上げて、ブレーキを掛けたが、なんとしても後味が悪い。

私は間違っていない。教程が間違っている。

前輪が異物に当たった瞬間、ブレーキを掛けること。

講習内容の改善を強く望む。

付:
1.指導官に、今の運転で、新しく免許はとれるだろうか、聞いてみた。きわどい所との答え。縁石乗り上げでもたついたのが評価減になったのだ。
私は自分の運転に問題のないことを確信した。
2.指導官は、こちらから聞かない限り、コメントをださない。黙っていれば、何もアドバイスは得られない。積極的に話し掛けるべし。
3.これからは、一年に一度、誕生日前後に私的に実技の指導を受けようと思っている。少々高くても、受ける価値は十分にある。
4.3人ひと組で実技を受ける。その一人のおばあちゃんの運転はめちゃくちゃ。カックン、カックン、この車ブレーキが効きすぎる、とブツブツ言いっぱなし。クランクでは縁石に乗り上げるは、一時停止では、止まるには止まるが左右を確認を怠るは、こんな運転手と一緒に走っていることに恐怖さえ覚えた。老人マークを見たら、敬遠することだ。私も貼ってあるが。

我が埼玉の恥  ― 朝鮮学校 補助金停止

日本の国の偏狭は、島国根性に通じるものがある。

今日のネットで、地方自治体の中にも、国並みの偏狭があることを知った。

我が埼玉の停止理由は特にひどい。

曰く: 拉致問題が解決していない。

あまりのひどさに、新聞社も特筆したのだろう。

先日、埼玉県の国会議員が話題になった。

あれは、個人的な問題で、品格や育ちの問題だった。政治をしっかりやっているかどうかは別の次元であった。

補助金停止は、政治そのものである。

宮城では、教育委員会(大川小学校の津波犠牲に対する責任逃れ)に我が身の如く恥を覚えた。

埼玉に戻ってはや4か月、ようやく教育委員会の恥が薄らいだと思ったら、今度は埼玉県の知事である。

漱石は、この世は住みにくい、どこに行っても同じだ、と悟っていた。

狭量日本の恥が私をどこまでも追いかけてくる。 


付:
1.拉致問題の解決は防衛予算の削減と強くリンクしています。安倍政権が「解決に全力を注ぎます」というのは、真っ赤なウソです。
2.それにつけても、地方自治の創生などと言いながら、文科省が干渉するとは、どういう了見でしょう。それに唯々諾々と従う自治体も自治体です。
3.恥の記念に、ネット全文を残しました。朝日新聞は体質を一新したのでしょうか。しばらくは注目していきます。

・・・・

朝鮮学校補助、16都府県が停止 北朝鮮問題や国通知で
8/6(日) 2:42配信 朝日新聞デジタル

 朝鮮学校への自治体の補助金について、朝日新聞が調べたところ、学校がある28都道府県のうち、今年度は16都府県が交付を取りやめていることが分かった。10年前は28都道府県で交付していたが次第に減少。理由として、北朝鮮の動向や、「透明性のある執行」を求めた昨年3月の文部科学省通知を挙げている。

 28都道府県へのアンケートや文科省によると、2006年度や07年度は28都道府県で補助金を交付していたが、徐々に減少し、今年度の予算計上は12道府県。16都府県は計上していないと回答し、うち1県は調査を経て判断するとしている。

 昨年度の交付実績は計約1億2200万円。06年度の計約6億2400万円から大幅に減った。

 きっかけの一つは、文科省が昨年3月、都道府県の判断で交付する補助金に関して出した通知だ。「政府としては北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が朝鮮学校の教育内容や人事、財政に影響を及ぼしていると認識している」とし、「適正で透明性のある執行」を要請。事実上、交付の「再考」を求める内容とも受け止められた。

 昨年度から交付をやめた5県のうち、茨城など3県は通知を踏まえて判断したとしており、福井など2県は「休校状態となったため」などを理由とした。

 通知の前からやめている埼玉県は「拉致問題が解決されていない」、大阪府は「特定の政治団体と一線を画すという交付要件が満たされている確証が得られない」としている。

 補助金に対する司法の判断は一律ではない。大阪府と大阪市の補助金不支給決定をめぐっては、大阪地裁が今年1月、「行政の裁量の範囲内」として学校側の請求を棄却。一方、拉致被害者支援団体が兵庫県と神戸市を相手取り、補助金の取り消しなどを求めた訴訟では、交付は違法ではないと認めた判決が15年に確定している。(土居新平、岡本玄)

朝日新聞社

FC2Ad