FC2ブログ

老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

三途の台

三途の川ではありません。

英随筆を本格的に再開してから、頻繁に重量級の辞書と百科事典の世話になるようになりました。

机の上だけでは間に合わず、眠っていたスピーカー・スタンドを文車にしました。

利便性大なり。

愛のベンチとプロジェクター用の台は副産物としての用途です。

(47W×40D×25H)

~~~~~

徒然草第七十二段

賤しげなるもの。居たるあたりに調度の多き。硯に筆の多き。持仏堂に仏の多き。前栽(せんざい)に石・草木の多き。家の内に子・孫(うまご)の多き。人にあひて詞の多き。願分(がんもん)に作善(さぜん)多く書きのせたる。
多くて見苦しからぬは、文車(ふぐるま)の文、塵塚の塵。


<三途の台

三途の台(文車)

三途の台(愛のベンチ)

三途の台(映写機台)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad