FC2ブログ

老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

自衛隊も戦争を想定していない

国防に直接的な影響を与えるえることはない、ですって。

正直な発言だと思います。

「直接的な」が余計な形容ではありますが。

無償修理期間が過ぎたから、使えるようにするには、税金が掛かる。もったいない、これもたいへん正しい判断です。

国を守ると息巻いている安倍さんを、陰ではクスクス笑っています。

走らなくて結構、飛ばなくて結構、潜らなくて結構、みんなみんなポンコツにな~れ。

付:
1. 防衛省から防災省。公約にする政党がないのが残念。
2. 日本国は安泰です。中国・朝鮮を挑発してやまない安倍さんがいなければもっと安泰です。

~~~~~~

<海自>ミサイルの不具合放置 無償の修理期間経過
10/17(火) 7:00配信 毎日新聞
 海上自衛隊の護衛艦に搭載される短距離艦対空誘導弾「シースパロー」(RIM162)の運用状況を会計検査院が調べたところ、一部で不具合が見つかり、事実上搭載できないミサイルが複数あることが関係者への取材で分かった。不具合が判明した時点で、既にメーカー側に無償での修理や交換を要請できる期間が過ぎており、修理と本格的な原因調査が進まない事態となっている。海自側は「国防に直接的な影響を与えることはない」としている。

【写真特集】海上自衛隊の艦艇

 シースパローは主に、戦闘機や対艦ミサイル攻撃の迎撃に使用される。弾道ミサイルを撃ち落とす任務に当たるイージス艦の防護なども想定される。

 防衛省の公表資料などによると、シースパローの部品調達額は2015年度までの10年間(14年度を除く)で計約1011億円。国内メーカーから納入された部品を海自で順次組み立てていき、その性能や稼働状態を確かめた上で護衛艦に搭載される。

 調達契約では納入日から1年以内に不具合が見つかった場合、その原因を問わず修理などをメーカー側に請求できる瑕疵(かし)担保の規定が盛り込まれていた。

 関係者によると、検査院は直近数年間に納入されたミサイル部品について調べた。佐世保と横須賀の整備施設での組み立て能力の不足などが影響し、瑕疵担保期間中に作動確認が行われず、保管されたままとなっている。搭載できないミサイルの調達額は10億円弱に上る。修理に要する追加負担額は分かっていないという。

 海自は、瑕疵担保期間内に組み立てと作動確認を徹底させる改善策を講じたとし「今後同様の事態が起こらないよう適切な維持、整備に努める」としている。【松浦吉剛、島田信幸、前谷宏】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad