老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

聊斎志異 《何仙》 ― 原文、口語訳、柴田訳

全12巻の第10巻に入っています。

ネットの朗読に原文がることを知って、第9巻から読み方を変えました。

ステップ1: 朗読を5~6回、繰り返し聴く。
        読めない字に発音を振っておく。
        おぼろげながら、文章全体のイメージが取れる。
       
ステップ2: 原文を読む。
        新字(忘れた字も含む)を辞書で引く。
        ただし全部は引かない。多くて10個程度に留める。

ステップ3: 簡体字白話訳を読む。
        発音の確認を主として辞書を引く。

ステップ4: 繁体字白話訳を読む。
        訳し方を白話訳と比較する。

ステップ5: 柴田訳を読んで自分の取り方の間違いや読み落としをチェックする。
       
第1巻からここまで、ステップ2(ステップ1は無かった)で、話の中身の90%以上、悪くても80%は理解できました。

そして、テップ3でほぼ100%、私自身が納得できる程度までには上げられました。

しかし、この《何仙》は、ステップ2で50%、ステップ4でも80%です。

何度ステップ3とステップ4を往復しても、もやもやが消えません。

ステップ5で、ようやく100%達成。

今日ほど、柴田訳を丁寧に読んだことはありませんでした。

付:
1.漢語古文は字1個がピース1個のジグソーパズルです。センス(連想力・想像力)の悪い者には時間ばかり食われる遊びです。
2.作者のコメント「異史氏曰」が柴田訳にありません。訳者は、興ざめの部分だとし、意図的に削除しています。惜しいことです。
3.日本語と違う意味になっている漢字は、ステップ6として廣漢和で調べることもあります。
4.科挙に落ちた作者の恨み節がここの異史氏曰にも表れています。
5.理解に3時間半、ブログに30分。センスの悪さが光ります。

~~~~~

何仙 巻之十
  長山王公子瑞亭,能以乩卜。乩神自稱何仙,為純陽弟子,或謂是呂祖所跨鶴云。每降,輒與人論文作詩。李太史質君師事之,丹黃課藝,理緒明切;太史揣摩成,賴何仙力居多焉,因之文學士多皈依之。然為人決疑難事,多憑理,不甚言休咎。辛未歲,朱文宗案臨濟南,試後,諸友請決等第。何仙索試藝,悉月旦之。座中有與樂陵李忭相善者,李固好學深思之士,眾屬望之,因出其文,代為之請。乩註云:「一等。」少間,又書云:「適評李生,據文為斷。然此生運氣大晦,應犯夏楚。異哉!文與數適不相符,豈文宗不論文耶?諸公少待,試一往探之。」少頃,又書云:「我適至提學署中,見文宗公事旁午,所焦慮者殊不在文也。一切置付幕客六七人,粟生、例監,都在其中,前世全無根氣,大半餓鬼道中游魂,乞食於四方者也。曾在黑暗獄中八百年,損其目之精氣,如人久在洞中,乍出,則天地異色,無正明也。中有一二為人身所化者,閱卷分曹,恐不能適相值耳。」眾問挽回之術。書云:「其術至實,人所共曉,何必問?」眾會其意,以告李。李懼,以文質孫太史子未,且訴以兆。太史贊其文,因解其惑。李以太史海內宗匠,心益壯,乩語不復置懷。後案發,竟居四等。太史大駭,取其文復閱之,殊無疵摘。評云:「石門公祖,素有文名,必不悠謬至此。是必幕中醉漢,不識句讀者所為。」於是眾益服何仙之神,共焚香祝謝之。乩書曰:「李生勿以暫時之屈,遂懷慚怍。當多寫試卷,益暴之,明歲可得優等。」李如其教。久之署中頗聞,懸牌特慰之。次歲果列前名,其靈應如此。

  異史氏曰:「幕中多此輩客,無怪京都醜婦巷中,至夕無閒床也。鳴呼!」


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad