老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

神戸製鋼と防衛装備品

データ改ざん、それで安くなれば大いに結構なことです。

防衛御用達ではどんどん改ざんして、安くしてください。税金が助かります。

神戸製鋼の社長、社内ぐるみとか、実戦に使われる可能性が全くないことを認識しているからできることです。

千分の1でも可能性があれば、規格外れを納めるはずがありません(かつ、愛国心が千分の1でもあれば)。

いっそのこと、アルミ箔でも納入したらいかが。

どうせ、戦争ごっこにしか役立たない代物に使われるのですから。

ついでに、一言。

「運用にただちに影響はない」 防衛庁はもう少し言葉を選んでもらいたい。

「運用にこの先も影響はない」です。

運用がないのだから、影響がないのは当たり前でしょう。


付:
1.民生向けに改ざんは許されません。無期懲役、遠島島流しの罰です。
2.改ざんしておきながら、正札で売りつけ、腹を肥やしていたとしたら、国賊です。国籍剥奪、国外退去です。
~~~~~

神戸製鋼“改ざん”製品 防衛関連にも使用
10/10(火) 21:07配信 日テレNEWS24

 神戸製鋼がアルミの強度などのデータを改ざんしていた問題で、製品が防衛関連にも使われていたことが分かった。

 これは経産省が明らかにしたもので、神戸製鋼が強度や耐久性を偽って販売したアルミについて、三菱重工、川崎重工、スバル、IHIの4社から防衛関連の製品に使っていたと報告があったという。

 防衛省によると当該のアルミ製品は航空機やミサイル、戦車などの防衛装備品に使用されているが「運用にただちに影響はない」としている。安全性について4社では現在、検証中だとしている。

 また、問題の製品は10日に打ち上げられたH2Aロケットにも使われていた。ロケットを製造した三菱重工は安全性を確認し打ち上げたという。

 さらに新幹線の車両の一部や日産、トヨタ、マツダなど自動車にも使われていた。安全性に問題があるとの報告はこれまでないが、影響が広がっている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad