老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

小林旭の北帰行、北帰行の小林旭


強い巻き舌が少し耳に障りますが、北帰行はやはり小林旭でないと。

その彼が、放送禁止用語で引っかかったとか。

ネットも放送の一部なのでしょうか、「キ×××」となっています。これは言葉になりません。読み手に何を伝達したいのか、報道として失格です。

わたしは見た瞬間、「キンタマ」と読み取りました。フジテレビの視聴者に紳士・淑女がいるとは思えませんが、それでも控えるのが穏当でしょう。

下まで読んでいくと、「キンタマ」でなく「キチガイ」であることが分かりました。

「気狂い」が放送禁止用語とは驚きです。日本語を侮辱しています。

以前のブログでも繰り返していますが、言葉は場合により褒め言葉にもなるし謗り言葉にもなります。

言葉は中性です。言葉に責任を押し付けるのはキチガイいやマチガイです。

こんな馬鹿げたルールは愚民製造業のテレビに留めてもらいたい。

そうでなくても、チマチマした日本の言語文化(文学作品)が益々貧困になります。

小林旭さんは謝らない。

その通り、謝る必要はありません。

放送禁止用語なるものを作った贋作文化人や被害妄想グループの日本語破壊工作に負けてはなりません。

小林旭さんの勇気を讃えて、昼には、久しぶりに「北帰行」を聴くことにしました。涙なしには聴けないことが分かっていても・・・

付:
1. 差別は言葉でお茶を濁すものでなく、行政が率先して社会を啓蒙し解消するものです。
2. ネット投稿にしっかりした考えが見えるようになりました。独裁でありながらサウジには経済制裁しない、自分はたらふく核を持っていながら、北朝鮮には持たせない、このダブル・スタンダードが世界に多大な不幸をもたらしている。日本もその不幸の一翼を担っている。こういうのもありました。この小林発言でも、「言葉狩りだ!」「ほかに思いつく言葉はない」は、まともな考えです。
3. バカに日本語を任せておくと、バカも放送禁止用語になるかもしれません。そういう未来は暗くて冷たい奈落の底。
4.頭を下げたアナウンサー、風船のように軽い頭。アナウンサーは美しい日本語の守護神。アナウンサーが堕落したら日本語はおしまいです。もっと自覚してもらいたいものです。

~~~~~

小林旭が「放送禁止用語」、フジテレビが謝罪 ネットでは「正しい表現なんだから謝る必要ない」の声
10/7(土) 17:26配信 J-CASTニュース
ラスベガスで起きたのは「米史上最悪の銃乱射事件」と呼ばれている。
 昭和の大スター、小林旭さん(78)がフジテレビ系情報番組「バイキング」にコメンテーターとして登場し、アメリカのラスベガスで起きた銃乱射事件に関し「キ×××」という言葉を発したためアナウンサーが神妙な面持ちで謝罪した。

 ネット上では小林さん批判が相次いだが、「言葉狩りだ!」「ほかに思いつく言葉はない」などと小林さんを擁護し、「放送禁止用語」に首を傾げる人が結構多い。

■「無抵抗の人間だけを狙う奴は、バカかキ×××しかいない」

 番組では現地時間1日に起きたラスベガスでの銃乱射事件を取り上げた。犯人はホテルの32階から窓ガラスを割り、2万人が集まったコンサート会場に9分から11分間ほど改造銃で乱射、58人が死亡し489人の負傷者を出した。「米史上最悪」とされるこの事件の感想を聞かれた小林さんは、

  「酷いよね、そりゃぁ赤ん坊をこう捻ってやるのと同じことで、無抵抗の人間だけを狙ってああゆうことをする奴ってのは、バカかキ×××しかいない」

とコメントした。犯人は狩りをする感覚で撃っていて、頭の中には人間としての意識が無い。人間としての意識があったら躊躇して撃てない、とし、自身が撮影の時に本物の銃を使った時のエピソードを話した。そしてCM明けに榎並大二郎アナ(32)が、神妙な面持ちで、

  「先ほどの議論の中で、ですね、精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました。お詫びして取り消させていただきます」

と深く頭を下げた。
                (以下略)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad