老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

聊斎志異 ― 蠟燭一百八,銀朱一千八。

中国語の数え方は日本語と違います。

一百八は180、一千八は1800です。108は一百零八、1008は一千零八となります。

初級中国語の時間に習いました。

それなのに、なぜか柴田訳は百八、一千八のままになっています。

口語訳が原文のままであるのは、中国人が対象ですから当然です。

でも、日本人向けの訳では、百八十、千八百であるべきではないでしょうか。

これからしばらく悩みの種となります。

付:
百八と一を除いているのは、日本語として扱っている証拠です。

~~~~~

鳥語 巻之九

原文
答曰:「今日所言,不與前同,乃為明公會計耳。」問:「何計?」曰:「彼云:『蠟燭一百八,銀朱一千八。』」令慚,疑其相譏。

白話簡体字
道士说:“今天它们说的同以前不同,它们在为您算帐呢!”县令问:“算的什么帐?”道士说:“它说‘蜡烛一百八,银珠一千八。’”县令很羞惭,怀疑道士在故意讥讽他。

白話繁体字
道士說:“鴨子今天所說的,與以前不一樣,是在替大人算帳呢。”縣令問:“算什麼帳?”道士說:“它們在說:‘蠟燭一百八,銀珠一千八’。”縣令感到很慚愧,懷疑道士是在譏笑自己。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad