老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

国難突破解散

この日本語、おかしくありませんか。

国難克服、国難除去ならわからないではないです。突破は難関突破、目標額突破などの用法ではないでしょうか。

それはそれとして、解散しなければならない理由として国難突破は無理があります。

安倍首相は、なぜ解散をしなければ「国難突破」ができないのか、これをきちんと国民に説明しなければなりませんでした。

現有の議席数でなぜ国難突破ができないのでしょうか。

読売の報道では、過半数を勝敗ラインとしているそうです。

国難突破と過半数確保にどんな関係があるのでしょう。

また、漠然とした不安と言いますが、本当にそうですか。何が根拠なのでしょう。百歩譲って「漠然とした不安」があるとしても、現有議席で答えられないのですか。答えられないのなら、それでどうして過半数に減って答えることができるのでしょう。

解散までまだ彼には時間があります。

私のこの疑問を解消することを切に願っています。

付:
国難などありません。あるのは安倍禍です。彼が国難を創生しているのです。しかし、私は楽観しています。選挙が彼の花道になるからです。おごれる平家久しからず、と言うではありませんか。

~~~~~

9/25(月) 18:17配信 読売新聞
安倍首相、臨時国会冒頭に「国難突破解散」
記者会見で衆院解散を表明する安倍首相(25日午後、首相官邸で)=青山謙太郎撮影
 安倍首相は25日夜、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭に衆院を解散する意向を表明した。

 衆院選は、10月10日公示・22日投開票の日程で行われる。首相は会見で、「これからも経済成長していけるのか、この漠然とした不安にしっかりと答えを出していく」として、アベノミクスの継続を訴えた。

 安倍首相は記者会見で、予定される衆院解散について、「国難突破解散」と命名した。また、衆院選での勝敗ラインについて、「与党で過半数」と述べた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad