老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

七つのステージ 聊斎志異とAs You Like It

蒲松齢は何度か挑戦したが、ついに科挙に受からなかった。

代わりに不合格の「訃報」を受けたわけであるが、その心境を、作品の中の主人公に託し足りないのか、長々とコメントを付けている。

大学受験に大失敗した経験を持つ私には身につまされる語りである。だが、その落胆の度合いはとうてい私の場合の比ではない。

かれは、その落胆を7段階で表している。

7段階といえば、As You Like Itである。

思い立ったが吉日、比較してみた。


~~~~~

Act 2 Scene 7
 
JAQUES
All the world's a stage,
And all the men and women merely players:
They have their exits and their entrances;
And one man in his time plays many parts,
His acts being seven ages. At first the infant,
Mewling and puking in the nurse's arms.
And then the whining school-boy, with his satchel
And shining morning face, creeping like snail
Unwillingly to school. And then the lover,
Sighing like furnace, with a woeful ballad
Made to his mistress' eyebrow. Then a soldier,
Full of strange oaths and bearded like the pard,
Jealous in honour, sudden and quick in quarrel,
Seeking the bubble reputation
Even in the cannon's mouth. And then the justice,
In fair round belly with good capon lined,
With eyes severe and beard of formal cut,
Full of wise saws and modern instances;
And so he plays his part. The sixth age shifts
Into the lean and slipper'd pantaloon,
With spectacles on nose and pouch on side,
His youthful hose, well saved, a world too wide
For his shrunk shank; and his big manly voice,
Turning again toward childish treble, pipes
And whistles in his sound. Last scene of all,
That ends this strange eventful history,
Is second childishness and mere oblivion,
Sans teeth, sans eyes, sans taste, sans everything.


王子安 卷九 第卅二篇

異史氏說:“秀才考試,有七種比喻:剛入場時,光著腳提著籃子像乞丐一樣。點名時,官員呵斥衙吏責駡,好像囚犯。等到進了號房,每個洞口都伸出個腦袋,每個房間都露出一雙光腳,好像秋後蜂窩的蜜蜂。到考完試出場時,各個神情萎靡不振,天地都變了顏色,好像離開樊籠的病鳥。等到盼望捷報時,風吹草動都心驚肉跳,夢想也虛無飄渺,一會兒作中舉得意的夢想,頃刻間樓閣都落成了;一會兒作落第失意的幻象,瞬息間自己的骸骨都腐爛了。這種時候坐立不安,就像被拴住的猴子。報捷的馬飛快闖入,報條中沒有自己,這時神色,突然變得跟死人一樣,就像是吃了毒藥的蒼蠅,怎麼弄牠都沒有感覺。剛失意時心灰意冷,大罵主考官沒長眼睛,要必把桌上的文具用品都燒掉;燒了還不算,再用腳踏碎;踏碎了也不算,再把這些東西扔到臭水溝裡。從此以後看破塵世,入山面壁修行,如果再有人拿 ‘且夫’、‘嘗謂’這些文章給我看,一定拿起棍棒把他趕跑。沒過多久,考試後的挫折感淡忘了,氣也漸漸消了,手又漸漸發癢了,於是又像一隻傾巢覆卵的斑鳩,重新啣著木片營造巢穴,重新孵卵。這種情況,置身其中的人痛哭欲死,而旁觀者看來,沒有比這更可笑的了。王子安的內心,頃刻間千頭萬緒,看來鬼狐早就偷笑了,所以乘著他喝醉酒時戲弄他。他妻子卻是清醒的,面對這種情況,怎麼能不啞然失笑呢?看起來中舉後得意的滋味,不過就是這樣的短短時刻;那些舉人進士們,一生中也不過經歷了兩三次這樣的短暫時刻罷了,而子安在一天之內都嚐到了,如此看來,狐狸的恩德與錄取他的老師是一樣的了。

付:
1.柴田訳は、異史氏(蒲松齢)のコメントを教訓過ぎて興ざめだとしてほとんどを割愛しています。これを残しているのは、聊斎志異における科挙の重要性を読者に知らせたかったからでしょう。
2.‘且夫’、‘嘗謂’が答案の常用語であるようです。
3.That ends this strange eventful history,
Is second childishness and mere oblivion,
Sans teeth, sans eyes, sans taste, sans everything.
歯は数本しか残っていません。目は白内障の手術でプラスチック・レンズが入っています。この二つはその通りでわかるのですが、taste でシェイクスピアが何を言っているのか、邦訳は、「歯なく、目なく、味なく、すべてなし」と味を当てているのではないでしょうか。
私は味のような中立語ではないと思っています。もともとシェイクスピアは老人には冷ややかです。私は、「歯なく、目なく、品なく、すべてなし」が適当だと思いますが、如何。(追)2017年10月7日のブログにより「品」を「味」に戻しました。
Taste: Mental perception of quality; judgement, discriminative faculty(SOD)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad