老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

安倍首相殿 ― 国民に赤っ恥をかかせないで

老人がボケてくると、2種類に分かれていく。一方は鈍感になりもう一方は頑迷になる。

どちらにしても、平民である限り結構だが、一国の長となれば、鈍でも頑でもいけない。

「北朝鮮は今や世界全体にとって重大かつ差し迫った脅威となっている」

これを世界に向かって警告したというのだから、鈍かつ頑で、救いようのない老人である。

世界の流れは、北朝鮮がなぜ核開発にこだわっているのか、ようやく理解してきたところだ。

アメリカも経済制裁を無意味であると認識している。

日本の首相が、「世界全体」、「重大」、「差し迫った脅威」などどトンチンカンな発言を国連ですれば、失笑を買うだけだ。

拍手が起きるとすれば、カネでてなずけた小国からのパラパラが関の山。

中華人民共和国とニクソン大統領。
朝鮮民主主義人民共和国とトランプ大統領。
世界の笑い種と安倍総理大臣。

付:
1.高校数学A (鈍または頑) (鈍かつ頑) 集合の復習
2.空襲警報といい解散示唆といい、完全に狂っています。狂人の言うことを私はまともに受けません。

~~~~~~

「対話呼び掛けは無駄骨」=安倍首相、北朝鮮制裁で団結訴え
9/18(月) 11:30配信 時事通信
 【ニューヨーク時事】安倍晋三首相は国連総会出席に先立ち米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について「国際社会は団結し、制裁を完全に履行しなければならない」と訴えた。

 また、「対話を呼び掛けても無駄骨に終わるに違いない。北朝鮮の目には諸外国が屈したとさえ映りかねない」とも指摘した。同紙電子版が17日夜(日本時間18日午前)、公表した。

 首相は「北朝鮮からの脅威に連帯を」と題した寄稿で、「北朝鮮は今や世界全体にとって重大かつ差し迫った脅威となっている」と警告。「今は圧力を最大限強めるべき時だ。一刻の猶予も許されない」として、国連安全保障理事会で採択された制裁決議の厳格な履行を求めた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad