老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

我が埼玉の恥  ― 朝鮮学校 補助金停止

日本の国の偏狭は、島国根性に通じるものがある。

今日のネットで、地方自治体の中にも、国並みの偏狭があることを知った。

我が埼玉の停止理由は特にひどい。

曰く: 拉致問題が解決していない。

あまりのひどさに、新聞社も特筆したのだろう。

先日、埼玉県の国会議員が話題になった。

あれは、個人的な問題で、品格や育ちの問題だった。政治をしっかりやっているかどうかは別の次元であった。

補助金停止は、政治そのものである。

宮城では、教育委員会(大川小学校の津波犠牲に対する責任逃れ)に我が身の如く恥を覚えた。

埼玉に戻ってはや4か月、ようやく教育委員会の恥が薄らいだと思ったら、今度は埼玉県の知事である。

漱石は、この世は住みにくい、どこに行っても同じだ、と悟っていた。

狭量日本の恥が私をどこまでも追いかけてくる。 


付:
1.拉致問題の解決は防衛予算の削減と強くリンクしています。安倍政権が「解決に全力を注ぎます」というのは、真っ赤なウソです。
2.それにつけても、地方自治の創生などと言いながら、文科省が干渉するとは、どういう了見でしょう。それに唯々諾々と従う自治体も自治体です。
3.恥の記念に、ネット全文を残しました。朝日新聞は体質を一新したのでしょうか。しばらくは注目していきます。

・・・・

朝鮮学校補助、16都府県が停止 北朝鮮問題や国通知で
8/6(日) 2:42配信 朝日新聞デジタル

 朝鮮学校への自治体の補助金について、朝日新聞が調べたところ、学校がある28都道府県のうち、今年度は16都府県が交付を取りやめていることが分かった。10年前は28都道府県で交付していたが次第に減少。理由として、北朝鮮の動向や、「透明性のある執行」を求めた昨年3月の文部科学省通知を挙げている。

 28都道府県へのアンケートや文科省によると、2006年度や07年度は28都道府県で補助金を交付していたが、徐々に減少し、今年度の予算計上は12道府県。16都府県は計上していないと回答し、うち1県は調査を経て判断するとしている。

 昨年度の交付実績は計約1億2200万円。06年度の計約6億2400万円から大幅に減った。

 きっかけの一つは、文科省が昨年3月、都道府県の判断で交付する補助金に関して出した通知だ。「政府としては北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が朝鮮学校の教育内容や人事、財政に影響を及ぼしていると認識している」とし、「適正で透明性のある執行」を要請。事実上、交付の「再考」を求める内容とも受け止められた。

 昨年度から交付をやめた5県のうち、茨城など3県は通知を踏まえて判断したとしており、福井など2県は「休校状態となったため」などを理由とした。

 通知の前からやめている埼玉県は「拉致問題が解決されていない」、大阪府は「特定の政治団体と一線を画すという交付要件が満たされている確証が得られない」としている。

 補助金に対する司法の判断は一律ではない。大阪府と大阪市の補助金不支給決定をめぐっては、大阪地裁が今年1月、「行政の裁量の範囲内」として学校側の請求を棄却。一方、拉致被害者支援団体が兵庫県と神戸市を相手取り、補助金の取り消しなどを求めた訴訟では、交付は違法ではないと認めた判決が15年に確定している。(土居新平、岡本玄)

朝日新聞社

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad