老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

一人、また一人

オフ・コースの歌詞にあったような。

政党所属の議員が、離党する。そのまま国会議員の資格を享受する。

いつも言うように、これはおかしい。

会社員が、今度独立します、ついては、給料はそのままいただきます、こんな会社がどこにある。

国会議員同業組合の内でしか通用しない。

周囲の遺留もおかしい。

去る者は追わず、即刻除名処分だ。

仮に、民主党が政権を維持し続けていたとしたら、細野は、離党するだろうか。

Never!

憲法云々は言い訳、言い逃れ、体裁でしかない。

彼は、民進党が落ち目になったのを見極めただけのことだ。

この種の男が民進党にはゴロゴロしている。

何からなにまで一致しなくてもいい。憲法、原発など根本問題さえ一致すればいい。それができていない政治集団は、政党ではない。民進党は今度の代表選で憲法と原発を争点にして争うべきである。

そして、負けた者は、そのグループを引き連れて、潔く離党しなければならない。もしも、グズグズするようなら、新執行部は、除名勧告を通知すべし。

根本に関わる問題で主義・信条が異なっていながら、ただ政党助成金惜しさに代表選が過ぎれば、同志とたたえ合うなら、(多分そういうスタイルだろう)、根本に関わる問題以前に、政治家集団の資格有りや無しやを問題にしなければならない。

国会は国会議員がダメにしている。その代表は自民党ではない、民進党である。だらしのない民進党である。

碁の世界には、負け碁の気楽さという言葉がある。どうせ負けるのだ、だったら、ひと暴れしてやれ。あるいは敵がミスするかもしれない。

万に一つもない可能性を知りながら、勝負を捨てないのがプロだ。それに比べれば、政治の世界は万どころか、百、いや十に一つの可能性がある。

我が世の春を謳歌した安倍政権がいい見本だ。

政治はアマが先生と呼ばれる社会である。ボロが出るのを待てばいい。

ただし、ボロがでても、今のようなノイズだらけの雑居ビル政党ではダメだ。

肝に銘じること。

・・・・・


民進・細野氏、離党へ=「新たな政権党つくる」
8/4(金) 15:52配信 時事通信
 民進党の細野豪志前代表代行(45)=衆院静岡5区=は4日、東京都内のホテルで自身が所属する議員グループ(約15人)の会合を開き、離党して新党結成を目指す意向を伝えた。

 周囲は慰留を続けたが、細野氏は会合後、記者団に「(決意は)揺らぐことはない」と明言した。

 細野氏は、旧民主党で代表選に立候補した経験もある中堅・若手のリーダー格。民進党にとって大きな打撃になるのは確実だ。グループ幹部によると、細野氏に同調する動きは現時点ではないという。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad