老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

聊斎志異と鞍替え代議士

都議会議員選では、民進党所属議員の中から小池知事の政党に鞍替えした者がいた。

その者が議員になったのは、己の人望によるものと思っていたのだろうか。そうでないことは、民進党の公認を受けたことで分かる。

風向きがおかしくなって、理屈をこねて、鞍替えしたのである。

失職を恐れたのである。

今日の聊斎志異に似たような話が出てきた。(私はなんども読んでいるから初めてではない)

三朝元老

3つの朝廷に次ぎ次と鞍替えして仕えた宰相のことである。

人々は、当然軽蔑して、対聯を彼の家に架けた。

一二三四五六七
孝悌忠信礼義廉

アンポンタン(王八蛋)を知らない今の若い人はさっぱり意味が取れないだろう。

上のは八がない。八を欠いている。だから亡八。

この八は、広漢和を開いたら、

仁、義、礼、智、孝、悌、忠、信

とあった。これをなおざりにした者という句である。広漢和では、亡八はばかものと訳されている。

それでは、孝悌忠信礼義廉は何を言っているのか。

上の句が8文字であるから、何か1個の漢字が欠けていることは分かる。それが何という漢字か、私は知らない。

手がかりは8にある。八を広漢和で調べることにした。載っていない。

そこで、柴田訳を見ることにした。

欠けていたのは、「恥」の字であった。
すなわち、不忠の元老を「無恥」と彼を周りが嘲ったのである。

民進党を離党して小池ファーストとやらに鞍替えした当選議員は、中国語の「無恥」、日本語の「恥知らず」を進呈する。

もう一つ。

鞍替えする議員はもとより恥知らずだが、それを受け入れる側も同程度の恥知らずである。

裏切った者は、いずれ自分を裏切る。それを承知で座席(議席)のために受け入れるのだから、「信」もない。

離党した時点で、代議士職は剥奪。その後、4年は立候補できない。

この位厳しくしなければ、鉄面皮代議士(国も地方も)はなくならない。

問題はだれもそれを決められないことにある。泥棒に泥棒用に縄を綯えというようなものだから。



付の1.
せっかく八を引いたのだから、手ぶらで引き下がらない。転んでも只では起きないというではないか。

八戒:
己を屈する
運にまかせる
行いを見る
一を守る
言を忘れる
己を省みる
神を存する
味を量る
(意味はよくわからない。十戒と比べるのも面白い)

八苦:
生苦
老苦
病苦
死苦
愛別離苦
怨憎会苦
求不得苦
五陰盛苦

(世界の文学はこれに反抗して生まれたのだ)
生きる喜び
老いて己の限界を知る
病に付して覚る五体のありがたさ
死の安らぎ(ご破算で願いましては)


八難:








(防衛省は火と刀と兵と三つも八難を保有している)

付の2.
鞍替え
芸者・娼妓などが勤め場所をかえること
(スーパー大辞林)
改版の時には、代議士も並べるべきです。プライド高い芸者・娼妓の了承が得られれば)

付の3.
落ち目の政党に我れこそは再興をと胸を張った代議士はこれまで一人としていない。


・・・・

巻之八 三朝元老

  某中堂,故明相也。曾降流寇,世論非之。老歸林下,享堂落成,數人直宿其中。天明,見堂上一匾云:「三朝元老。」一聯云:「一二三四五六七,孝弟忠信禮義廉。」不知何時所懸。怪之,不解其義。或測之云:「首句隱亡八,次句隱無恥也。」
洪經略南征,凱旋。至金陵,醮薦陣亡將士。有舊門人謁見,拜已,即呈文藝。洪久厭文事,辭以昏眊,其人云:但煩坐聽,容某頌達上聞。」遂探袖出文,抗聲朗讀,乃故明思宗御製祭洪遼陽死難文也。讀畢,大哭而去。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad