老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

NHK受信料と最高裁



最高裁が判決を近く下すという。

ヤラセである。

判決は開く前に決まっている。前決である。

そもそも、受信料という日本語がおかしい。

受信してもしなくても、日本の国に居る者はすべて払えということなのであれば、受信でなく人頭税である。世帯単位であれば、家庭税である。

料でない、税である。

ホリエモン先生が、「クソだな」と評したとか。

その通りだから、下品な言葉がふさわしい。

有識者と言われている茶坊主は、それではなんというのだろう。

クソにたかるクソバエだな。

NHKが公共媒体など、クソバエの他誰が認めるか。

噂によれば、総務省が強制徴収の参考にドイツを研究しているそうだ。

わざわざ、ドイツくんだりまでいかなくても、我が国の宗主国アメリカで事足りる。

国営メディアは一つもない。

それでいて、ハリケーンの進路、国内外の動向など、中国や朝鮮の国営放送に劣っていない。

国の権力サイドは、自分の都合のいいように他国を参考にする。

裁判員制度がいい例だ。これはアメリカが参考になっている。むろん、都合の悪い部分は民を排除している。アメリカの陪審員制度の骨抜き版である。

受信機をもっているだけで、「受信料」はない、「受信機保有税」である。

夜店に屋台を開けば、ショバ代をゆするヤクザはまだお上と結託しないだけ、NHKよりまともである。

Shame on you!


付の1:
最高裁の判決は、少数反対、多数賛成でNHKの勝訴。自民の中の良識ある議員でNHKに歯向かう者はいないのか。座席確保に汲々としている野党に正義を期待できない今、残るは我ら民草の反骨のみ。
付の2:
私はNHKの存在を否定しているのではない。受信料でやっていくこと自体に反対しているのでもない。公明正大な任意契約が必要であると言っているのである。

・・・・・

NHK「テレビなし世帯」からのネット受信料徴収案にネット民ざわつく ネットのみは1260円?
7/13(木) 16:30配信 産経新聞

 NHKが、「テレビなし世帯」からも受信料を徴収しようとしている。テレビ放送とインターネットの「常時同時配信」(2019年の実施見込み)の受信料を検討していた同局の有識者会議が、「ネット経由の視聴者」を対象とする課金システムを、「テレビ契約」とは別に設ける方針を、答申案の中で示したのだ。同時配信のニーズすら十分につかみ切れていないなかで、視聴者の理解が得られるのか、早くも疑問の声が上がっている。

■ホリエモンの批判に拍手喝采
 「クソだな」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad