老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

メリー、そして最後の写真

島を去る前日の3月16日、めっきり老けたメリー。もうこれで二度と会うことはないという現実を受け入れたのは私ばかりではない、メリーも同じだ。13年一緒に暮らした私は、メリーの気持ちが顔の表情から分かった。

あの世があるとすれば、モモもリッキーも鶏もメリーもそこで私を待っている。

私は十分長く生きた。

今は早く再会したい気持ちで一杯だ。

会えたら、みんなの頭や背中をなでながら、話し掛けよう、

「モモ、リッキー、メリー、会いたかったよ」と。

付:
メリー (2004年4月7日ー2017年5月9日)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad