老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

やっぱり敬遠、新聞購読

お試しの最初の二日間、朝刊、夕刊、両方かなり丹念に見てみた。

1ヶ月3千円の価値が有りや無しや。

結果は、残念。

私の生活にまったく無関係の国会、欧州の選挙、ほか知ったからと言ってどうになるわけでもない事柄ばかり。

1週間のお試しをこの最初の二日間で切り上げてしまった。十分だ。

市営図書館に行けば、タダ読みのご同輩(高齢者)がうようよいる。

かれらはタダなら読む。

私はタダでも読まない。

ありがたいことに、読まなくても、購読料を払えとは言ってこない。

見ても見なくても、受信料は払え、払わなければお白洲へと恫喝するNHKとは大違いだ。

まあ、消費税追加増税の際、新聞だけは8%のまま据え置きにすると政府からお墨付きを拝受した権力べったりは今も印象に残っていて、その点では、NHKといい勝負だが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad