老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

完璧な電子辞書、新発売 ― 中国語編

今朝の新聞を見たら、こんな予告が載っていた。

日本の上級中国語辞書のお粗末さにあきれた漢文学者がついに中国語の電子辞書を刊行した。

漢文学者の他にもちろん新進気鋭の中国語学者が名を揃えている。

中日大辞典をありがたがっている連中は一人も参画していない。

タブレットはA4サイズである。

柱は諸橋漢和である。

それに1980年代までの現代中国語を加えている。全ての用例に出自がついている。それは日常会話など一切ないことを意味している。

繁体字と簡体字は、ワンクリックで交換できる。

当然ながら、手書き入力可である。

大修館の中日大辞典を弾劾しているのはよほどの自信があってのことだろう。

出版元と見れば、傓綸出版社。初めて見る名前である。たぶん大修館のゴーストだろう。自社で中日大辞典を出している手前、そうせざるを得なかったのではなかろうか。

発売日は5月1日。定価20万円也。ネット予約は4月末までで、18万円。

私は、英語に続いてこれも直ちに予約した。支払いは現物到着後でよく、返品自由とのことである。

5月1日が待ち遠しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad