老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

ホンネとタテマエ ― 英語では?

本音と建前の使い分けの世界第二位はどこか。

私はイギリスであると思っている。

彼も島国である。

本音をズバズバ言い合えば、お互いにしこりを残す。広い国なら、バイバイすればいいが、島はそうはいかない。死ぬまで、あるいは孫子の代までしこり続けることもある。

人間、何が不愉快かと言って、お隣さんとの不仲ほど不愉快なものはない。しこりは不愉快の通奏低音である。

そこで建前の出番となる。建前は、社会通念から離れていないから、建前を言っている限り、相手は傷つかない。傷つかないから、相手からも傷つくような言葉は返ってこない。

狭い島でこういう暮らしを続けていれば、それが国民性となって定着する。

それでは、日本語のホンネとタテマエに相当する英語は何か。

研究社大和英
That is the position we take on the basis.
That is our official stance about the matter.

旺文社和英中辞典
His principle is one thing and his real intention is another.
There is a disparity between his words and actual intentions.

スーパーアンカー和英
In bureaucracy principles have priority over everything else.
What people say and what they really feel is often different.

これで分かるように、ホンネとタテマエを一度解釈して、それを英語で表現している。独立した単語を出していない。

スーパーアンカーも、建て前の項目に枠を設けて、ホンネとタテマエにぴったり対応する英語はないと述べている。

同じ狭い島国である、ないはずはない。

そこで高校数学Ⅰの数式のカッコを利用する。

もともと、ホンネとタテマエは本音と建て前という単語が並列になっただけのものではなく、本音と建て前がセットになった表現である。

だから、本音と建て前をカッコでくくり、(ホンネ+タテマエ)として、それに相当する単語を解とすればいい。

その解は「ヘンリ・ライクロフトの私記」にある。



hypocrasy 
pharisaism     [終]


付:
1.多分フランスあたりからいじめられたのでしょう、Gissingは懸命に言い訳をしています。
2.他のイギリスの随筆にイギリス人のhypocrasyをテーマにしたのがありました。広く認められているようです。
3.21年の島暮らし。島は日本の縮図でした。

・・・・・

WINTER 

XX

Is it true that the English are deeply branded with the vice of
hypocrisy? The accusation, of course, dates from the time of the
Round-heads; before that, nothing in the national character could
have suggested it. The England of Chaucer, the England of
Shakespeare, assuredly was not hypocrite. The change wrought by
Puritanism introduced into the life of the people that new element
which ever since, more or less notably, has suggested to the
observer a habit of double-dealing in morality and religion. The
scorn of the Cavalier is easily understood; it created a traditional
Cromwell, who, till Carlyle arose, figured before the world as our
arch-dissembler. With the decline of genuine Puritanism came that
peculiarly English manifestation of piety and virtue which is
represented by Mr. Pecksniff--a being so utterly different from
Tartufe, and perhaps impossible to be understood save by Englishmen
themselves. But it is in our own time that the familiar reproach
has been persistently levelled at us. It often sounds upon the lips
of our emancipated youth; it is stereotyped for daily impression in
the offices of Continental newspapers. And for the reason one has
not far to look. When Napoleon called us a "nation of shop-
keepers," we were nothing of the kind; since his day we have become
so, in the strictest sense of the word; and consider the spectacle
of a flourishing tradesman, anything but scrupulous in his methods
of business, who loses no opportunity of bidding all mankind to
regard him as a religious and moral exemplar. This is the actual
show of things with us; this is the England seen by our bitterest
censors. There is an excuse for those who charge us with
"hypocrisy."

But the word is ill-chosen, and indicates a misconception. The
characteristic of your true hypocrite is the assumption of a virtue
which not only he has not, but which he is incapable of possessing,
and in which he does not believe. The hypocrite may have, most
likely has, (for he is a man of brains,) a conscious rule of life,
but it is never that of the person to whom his hypocrisy is
directed. Tartufe incarnates him once for all. Tartufe is by
conviction an atheist and a sensualist; he despises all who regard
life from the contrasted point of view. But among Englishmen such
an attitude of mind has always been extremely rare; to presume it in
our typical money-maker who has edifying sentiments on his lips is
to fall into a grotesque error of judgment. No doubt that error is
committed by the ordinary foreign journalist, a man who knows less
than little of English civilization. More enlightened critics, if
they use the word at all, do so carelessly; when speaking with more
precision, they call the English "pharisaic"--and come nearer the
truth.

Our vice is self-righteousness. We are essentially an Old Testament
people; Christianity has never entered into our soul we see
ourselves as the Chosen, and by no effort of spiritual aspiration
can attain unto humility. In this there is nothing hypocritic. The
blatant upstart who builds a church, lays out his money in that way
not merely to win social consideration; in his curious little soul
he believes (so far as he can believe anything) that what he has
done is pleasing to God and beneficial to mankind. He may have lied
and cheated for every sovereign he possesses; he may have polluted
his life with uncleanness; he may have perpetrated many kinds of
cruelty and baseness--but all these things has he done against his
conscience, and, as soon as the opportunity comes, he will make
atonement for them in the way suggested by such faith as he has, the
way approved by public opinion. His religion, strictly defined, is
AN INERADICABLE BELIEF IN HIS OWN RELIGIOUSNESS. As an Englishman,
he holds as birthright the true Piety, the true Morals. That he has
"gone wrong" is, alas, undeniable, but never--even when leering most
satirically--did he deny his creed. When, at public dinners and
elsewhere, he tuned his voice to the note of edification, this man
did not utter the lie of the hypocrite he MEANT EVERY WORD HE SAID.
Uttering high sentiments, he spoke, not as an individual, but as an
Englishman, and most thoroughly did he believe that all who heard
him owed in their hearts allegiance to the same faith. He is, if
you like, a Pharisee--but do not misunderstand; his Pharisaism has
nothing personal. That would be quite another kind of man;
existing, to be sure, in England, but not as a national type. No;
he is a Pharisee in the minor degree with regard to those of his
countrymen who differ from him in dogma; he is Pharisee absolute
with regard to the foreigner. And there he stands, representing an
Empire.

The word hypocrisy is perhaps most of all applied to our behaviour
in matters of sexual morality, and here with specially flagrant
misuse. Multitudes of Englishmen have thrown aside the national
religious dogma, but very few indeed have abandoned the conviction
that the rules of morality publicly upheld in England are the best
known in the world. Any one interested in doing so can but too
easily demonstrate that English social life is no purer than that of
most other countries. Scandals of peculiar grossness, at no long
intervals, give rich opportunity to the scoffer. The streets of our
great towns nightly present an exhibition the like of which cannot
be seen elsewhere in the world. Despite all this, your average
Englishman takes for granted his country's moral superiority, and
loses no chance of proclaiming it at the expense of other peoples.
To call him hypocrite, is simply not to know the man. He may, for
his own part, be gross-minded and lax of life; that has nothing to
do with the matter; HE BELIEVES IN VIRTUE. Tell him that English
morality is mere lip-service, and he will blaze with as honest anger
as man ever felt. He is a monument of self-righteousness, again not
personal but national.

XXI

I make use of the present tense, but am I speaking truly of present
England? Such powerful agencies of change have been at work during
the last thirty years; and it is difficult, nay impossible, to
ascertain in what degree they have affected the national character,
thus far. One notes the obvious: decline of conventional religion,
free discussion of the old moral standards; therewith, a growth of
materialism which favours every anarchic tendency. Is it to be
feared that self-righteousness may be degenerating into the darker
vice of true hypocrisy? For the English to lose belief in
themselves--not merely in their potential goodness, but in their
pre-eminence as examples and agents of good--would mean as hopeless
a national corruption as any recorded in history. To doubt their
genuine worship, in the past, of a very high (though not, of course,
the highest) ethical ideal, is impossible for any one born and bred
in England; no less impossible to deny that those who are rightly
deemed "best" among us, the men and women of gentle or humble birth
who are not infected by the evils of the new spirit, still lead, in
a very true sense, "honest, sober, and godly" lives. Such folk, one
knows, were never in a majority, but of old they had a power which
made them veritable representatives of the English ETHOS. If they
thought highly of themselves, why, the fact justified them; if they
spoke, at times, as Pharisees, it was a fault of temper which
carried with it no grave condemnation. Hypocrisy was, of all forms
of baseness, that which they most abhorred. So is it still with
their descendants. Whether these continue to speak among us with
authority, no man can certainly say. If their power is lost, and
those who talk of English hypocrisy no longer use the word amiss, we
shall soon know it.

      The Private Papers of Henry Ryecroft by G. Gissing
   

ミサイル通過緊急速報の陰に連合あり

今日、テレビが一斉にミサイル通過を速報したそうだ。

速報では、通過する県民に注意するようにとまで言っていたという。

テレビを見ていないから、伝聞調に抑えているが、さもありなん。

国民を煽るのは、ミサイル防空システムに「ご理解を願う」からである。

ハエの糞を追尾し高空で破壊するのだから、このシステムで北は北方四島、南は西表島までカバーするとなれば、何百兆円の予算が計上されることになる。

これで潤うのは、軍需産業である。軍需産業の企業に属する組合である。

その組合が連合の中枢となっている。

連合が政府と闇で結託して、予算獲得の環境作りに熱を上げるのは無理もない。

連合は悪しき民草である。

付:
1.テレビもこんな馬鹿げた政府発表を真面目に流すのだから、民草の敵です。もっとも痛烈に罵倒する局があれば、その局は真の報道機関でして、尊敬に値します。
2.戦争月間の特集は今年はこれでお仕舞い。

独裁国家に経済制裁は無意味

ミサイルが飛ぶ度に安倍首相は更なる経済制裁をと国民に呼びかける。

経済制裁が、あたかもミサイル軽減に効果があるように思わせ意図がミエミエだ。

独裁者は、痛くも痒くもない。

ミサイル開発と製造に必要な予算は、どんなに人民が苦しんでも、先ず確保する。

経済制裁で苦しむのは、朝鮮人民である。

安倍首相の言を信じる者は、朝鮮人民を苦しめることに加担している。

経済制裁が効力を発揮するのは、その政府が民の安寧を願う民主主義国家に対してだけ。

国連は速やかに一切の経済制裁を解除すべきである。

日本は、加えて、戦後賠償の交渉に入るべきである。

朝鮮民主主義人民共和国の空威張りは、将軍様体制を尊重してもらいたいためだけで、隣国を侵略したいとかイデオロギーを輸出したいとか、かつての日本やソ連のような無茶は思っていない。

朝鮮だけが独裁ではない、サウジは世襲制の独裁、中国は議会制の独裁、仲良く付き合うのに独裁も民主もない。

安倍首相とかれの側近はこんな事は百も承知である。

そうしないのは、安倍政権が軍需産業に牛耳られているからだ。

付:
中国、朝鮮は文人国家。アメリカ、日本は武人国家。国の産まれを見れば分かります。

第二次世界大戦はドイツも日本も民主主義国家だったから

今、講談社のクロニック世界全史を参考にしている。一連の流れの再確認のためである。

二つの国に共通点がある。

ドイツは第一次世界大戦の過酷な賠償、日本はABCDラインと呼ばれる経済制裁、これが国民を苦しめていた。

かりに、独裁国であったらどうだろう。

独裁者は人民の安寧などどこ吹く風である。どんなに国家財政が苦しくても、自分の分け前だけはバッチリ確保する。

民主主義国家の長は、そうでない。ヒトラーはドイツ国民が苦しんでいるのを見て見ぬふりはしなかった。昭和天皇は、臣民の苦しみを知らぬ存ぜぬで済まさなかった。

戦争は、今でこそ「戦争は御免だ」などという寝言まがいが日本では通っているが、戦争の本質は外交の最高の手段である。

ドイツは手っ取り早く戦争で自国の苦しみを解消しようとした。

昭和天皇は、経済封鎖を普通の外交で解けないことを周りから聞かされ、やむなく対米戦争に踏み切ったのだ。

付:
1.結果はご覧の通りであり、それを悪し様に言うのは、NHK的事後の孔明というものです。

2.戦争するにあたって、負けた時のマイナスを冷静に見積もることをしなかった罪は為政者として免れません。これとて、昭和天皇の罪というより、だらしない内閣を選挙で選んだ国民のだらしなさの罪です。(後になってツケが回ってきました)

3.勝ち対負けの確率も計算しませんでした。神の国だから負けるはずがないという自惚れが確率論を寄せ付けなかったのです。(このうぬぼれもツケとなりました)

4.経済恐慌がボデーブローであったことはその通りで、自国の世論をまとめて自国内で対応しようとする努力をせず、植民地の拡大で解決しようとした安直さは、2や3の千倍、万倍の非難に値します。

5.私は、日本国民の利益のために中国大陸、台湾、朝鮮半島の人民を犠牲にした戦争を絶対に正当化しません。尖閣諸島や竹島の一つや二つ、こちらから熨斗をつけて差し出してもバチはあたりません。

第二次大戦は民主主義国家間の戦争だ

戦争月間も残る所わずか二日。

ここらで、一言ならぬ一筆を走らせておく。

先の大戦は民主主義国家の連合対独裁主義国家の枢軸の間の戦争というのが常識となっている。

スターリンのソ連はどこから見ても民主主義国家ではない。ソ連は南米の小国の参戦ではない。イギリス、アメリカと並んで三大連合国の一員であった。

最も多くの死者を出した独裁国ソ連を外して、民主主義国家連合と言うのは、無茶である。

無茶は枢軸国にも無茶がある。

イタリアは第一次世界大戦の戦勝国である。戦に勝てば、戦利品の獲得は当然の事、古今東西、勝ってくたびれ儲けは鎌倉幕府の他に例をみない。イタリアは勝ってもタダ働きに終わったのを不満にした。民主主義も専制主義も関係ない、終戦後の処理に常についてくる不満に過ぎない。

問題は、ドイツとわが日本。

天から降ってきた政権でもなければ地から湧いてでた政権でもない。

ヒトラーはワイマール憲法の下で合法的に選ばれたし、昭和天皇は大正デモクラシーの中で国民に選ばれ内閣を無視したことは一度もなかった。

戦争になれば、戒厳令が敷かれ、国の長は強大な権限を与えられ、国民がそれに従う。古今東西(くどいね)、ごく自然のことである。

アメリカにはルーズベルト、イギリスにはチャーチル。かれらが、議会の賛否や世論の動向にこまごまとお伺いを立てながら戦争を遂行したとは想像できない。

ドイツのヒトラーや日本の昭和天皇を独裁者と呼ぶのであれば、ルーズベルトやチャーチルも独裁者と呼ばなければ、歴史認識の偏向というものだ。

第二次世界大戦は悪漢サターン対正義の味方黄金バットの戦争ではない。議会制民主主義国同士の戦争である。

では、なぜ枢軸国側が戦争を仕掛けたのか。

そこで武蔵は考えた。

付:
『戦争と平和』のエピローグで小説の筋から離して、トルストイの戦争観が述べられています。いくら読んでも、私にはあいまいでしかありませんでした。

x barの2乗とx2乗のbar

昨日の高校数学はYouTubeのゼミナールを聴講した。教師は塾の先生か、若くて威勢のいい青年だった。

その講義でどうしても納得のいかない等式があった。

別のゼミナールを開いても、同じような説明で、いとも簡単に通り抜けている。

考えるというより思うという方がふさわしい1時間余り。

ハッと気が付いた。

二つの形がよく似ているため、barの2乗と2乗のbarを見間違いていたのだ。

モームに見間違いを語った短編がある。初めて読んだとき、白石と黒石を見間違えることを連想した。

今、連想という想像の世界が残酷な現実の世界に変わった。

それでも、せっかく白内障から開放されたのだ、私は目標としている数学Ⅱを終えるまで高校数学を続ける。

・・・・・

STRAIGHT FLUSH by S.Maugham

~~~~~

‘I didn’t know you were a poker player,’ I interrupted. ‘Why don’t you take  a hand one evening?’
‘I don’t play any more. I’ve given it up too, but for the only reason a man should. I can’t see myself giving it up because a friend of mine was unlucky enough to get killed. Anyway a man who’s damn fool enough to get killed isn’t worth having as a friend. But in the old days! If you wanted to know what poker was you ought to have been in South Africa then. It was the biggest game I’ve ever seen. And they were fine players; there wasn’t a crooked dodge they weren’t up to. It was grand. Just to give you an example, one night I was playing with some of the biggest men in Johannesburg and I was called away. There was a couple of thousand pounds in the pot! “Deal me a hand, I won’t keep you waiting,” I said. “All right,” they said, “don’t hurry.” Well, I wasn’t gone more than a minute. When I came back I picked up my cards and saw I’d got a straight flush to the queen. I didn’t say a word, I just threw in my hand. I knew my company. And do you know, I was wrong.’
‘What do you mean? I don’t understand.’
‘It was a perfectly straight deal and the pot was won on three sevens. But how could I tell that? Naturally I thought someone else had a straight flush to the king. It looked to me just the sort of hand I might lose a hundred thousand pounds on.’
‘Too bad,’ I said.
‘I very nearly had a stroke. And it was on account of another pat straight flush that I gave up playing poker. I’ve only had about five in my life.’
‘I believe the chances are nearly sixty–six thousand to one against.’
‘In San Francisco it was, the year before last. I’d been playing in poor luck all the evening. I hadn’t lost much money because I never had a chance to play. I’d hardly had a pair and if I got a pair I couldn’t improve. Then I got a hand just as bad as the others and I didn’t come in. The man next to me wasn’t playing either and I showed him my hand. “That’s the kind of thing I’ve been getting all the evening,” I said. “How can anyone be expected to play with cards like that?”
“Well, I don’t know what more you want,” he said, as he looked at them. “Most of us would be prepared to come in on a straight flush.” “What’s that,” I cried. I was trembling like a leaf. I looked at the cards again. I thought I had two or three little hearts and two or three little diamonds. It was a straight flush in hearts all right and I hadn’t seen it. My eyes, it was. I knew what it meant. Old age. I don’t cry much. I’m not that sort of man. But I couldn’t help it then. I tried to control myself, but the tears just rolled down my cheeks. Then I got up. “I’m through, gentlemen,” I said. “When a man’s eyes are so dim that he can’t see a
straight flush when it’s dealt him he has no business to play poker. Nature’s given me a hint and I’m taking it. I’ll never play poker again as long as I live.”
I cashed in my chips, all but one, and I left the house. I’ve never played since.’

~~~~~
through : (post positive) no longer able to function successfully in some specified capacity (Collins)

付:
1.懇切丁寧な講師が「xbarの2乗とx2乗のbarを読み違えないように」とあえて言わないのは、高校生は目の老化がないからでしょう。
2.Straight Flush: この部分は主題ではありません。

北ミサイルと日本政府のおバカ加減

またまた北ミサイルで、住民への警戒を促した。

狭い日本とは言え、ミサイルは、東京ドームの中のハエの糞のようなもの。一体、どう警戒すればいいのか。

警戒警報は「だから、軍備は増やさなければ」を日本政府の誘導するミサイルである。

北の実弾ミサイルは朝鮮民主主義人民共和国の人民に回すべき国庫を減らしている。日本の虚偽ミサイルは日本国民に回すべき国庫を減らす意図を表している。

安倍政権は日本の将軍様。

両将軍様の長寿を願ってブログに記す。

付:
1..「これまでにない」。安倍総理の日本語水準は非常に低いです。なぜなら、「これまでにない」はこれからも何回でも使える便利な言葉ですから。でもね、あまり同じ言葉を繰り返すと、加齢障害か認知症かのいずれかと周りから疑われます。
2..本件の北ミサイルは国際でなく国内のカテゴリに入れるべき性格のものです。
3.「朝鮮半島情勢は緊迫の度合いを増しそうだ」 読売は安倍政権の宣伝マン(お先棒)。

・・・・・

北ミサイル、北海道の上空通過…太平洋上に落下
8/29(火) 7:09配信 読売新聞
北ミサイル、北海道の上空通過…太平洋上に落下
北朝鮮のミサイル発射を受け、記者の質問に答える安倍首相(29日、首相官邸で)
 北朝鮮は29日午前5時58分頃、同国西部から北東方向に弾道ミサイル1発を太平洋に向けて発射した。

 ミサイルは同6時6分頃、北海道の上空を通過し、同6時12分頃、襟裳岬の東約1180キロ・メートルの太平洋上に落下した。自衛隊は迎撃措置をとらず、航空機や船舶の被害はなかった。

 菅官房長官が記者会見で明らかにした。北朝鮮のミサイルが日本列島の上空を通過するのは、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルが沖縄県上空を通過した2016年2月以来で、今回が5回目。今年に入ってからの弾道ミサイル発射は8月26日以来で、13回目となった。

 韓国軍合同参謀本部によると、平壌市順安一帯から発射。飛行距離は約2700キロ・メートルで、最大高度は約550キロ・メートルに達したという。

 北朝鮮は8月8日付の朝鮮人民軍戦略軍報道官の声明で、米領グアム島周辺に中長距離弾道ミサイル「火星12」を発射する計画を検討中であることを公表。10日には国営の朝鮮中央通信を通じて、4発のミサイルを同時に発射し、島根、広島、高知各県の上空を通過させた上でグアム島周辺30~40キロ・メートルの海上に落下させると予告していた。

 日本政府は、島根、広島、高知各県に加え、近隣の愛媛を加えた計4県に航空自衛隊の地対空誘導弾(PAC3)を展開して警戒を強化していた。トランプ米大統領は「(発射すれば)世界が見たこともないような炎と怒りに直面する」などと強くけん制してきただけに、朝鮮半島情勢は緊迫の度合いを増しそうだ。

 日本政府は全国瞬時警報システム「Jアラート」を使い、該当地域の自治体を通じて、住民への警戒を促した。安倍首相は首相官邸で記者団に「我が国の上空を越えるのは、これまでにない深刻な脅威だ。北朝鮮に断固たる抗議を行った。圧力の強化を国連の場で求めていく」と述べた。

日本人に憲法はいらない

日本の世界に誇れるものは色々あるかもしれないが、世界で一番となると、普通の人は長寿くらいしか浮かばないだろう。

長生きが誇るに価するかどうかは、国や地域の人々の生死観・宗教観次第である。寿をライフに載せて寿命とする地域では誇れても、ただライフで済ます地域では、「ロング」ばかりが能ではないよと無視されるかもしれない。

もっとも、寿命の開発国でも、「馬齢」があるから、寿命もあまり確かとは言えない。

私が日本人の世界一と確信しているのは、「ホンネ」と「タテマエ」の使い分けの技術である。

技術とは、タテマエを表にして、ホンネを堂々と通す技術である。

これはどこの地域の民よりもうまい。 

何よりの証拠は国の柱である憲法である。

日本国は武器をもたない。最高裁判事でも、ひら仮名の覚え始めの幼稚園児でも、憲法では「持たない」と読む。これがタテマエ。

25万人の兵隊と5兆円の軍需予算で世界のトップ5の軍事力を「持っている」。これがホンネ。

憲法九条問題がいつまでたっても埓があかないのは、護憲主義者がタテマエに固執しているためである。

固執するものがあるから、護憲活動が無意味に続けられている。お経が唱えられている。

彼らがそうするのは彼らの自由だからよしとする。よしとしないのは、憲法があるために、最高裁があることである。守りもしないで憲法の番人であると堂々と開き直り、深夜のビルのガードマンの収入の数千、数万倍の額の税金を堂々と消化ことにある。

日本国には聖徳太子の憲法があった。

それから明治まで、その憲法の改定も廃止もなかった。鎌倉幕府を経て江戸幕府まで、千年以上も憲法の必要性を日本人は認めなかった。支配する側も支配される側もである。

日本国憲法が明治政府によって作られたのは、列強の仲間入りをしたかっただけのこと。国内の統治の必要から作られたのではない。

今、民進党代表選で二人が争っている。

憲法をどうするかの違いも争点になっているそうな。

どうするかもこうするかもない。どうなって、こうなっても、タテマエなのだからどうでもいいのだ。

去年の戦争月間(8月)ころ、私は憲法厳守主義者から憲法不要論者に「変節」した。

5兆円の予算は連合傘下の組合企業を潤している。宗主国アメリカからも軍需産業上得意様として丁寧に扱われている。25万人は失業対策の公共事業だ。

この三つのホンネにどうして六法全書の数枚の紙っペラが対抗できよう。

加齢も馬鹿にならない。いっそのこと憲法をなくしてしまえ、それがベスト・チョイスであることに私は気が付いたのである。

付:
1. 明治憲法は、作ったのではありません、他人の物を少し工夫しただけのもの。(漢字から仮名、モノマネ技術も世界で一二を争うかもしれません)
2. 外国人が現行憲法を読んだ時、どんな顔をするのか、興味津々。先ず、自分の読んだ憲法の訳文を疑います。次は、訳文に間違いがないと知って、仰天します。最後は、日本人を「世界で一番いい加減で信頼できない」民族とあざけります。
3. ホンネとタテマエの世界一は私の確信です。強度の主観です。絶対に正しいという保証はありません。
4.5兆円と25万人。防災に回せば、限りなく増え続ける天災事故が限りなくゼロに近づきます。憲法は不要ですが、防衛省が防災省に転身したときには、5兆円も25万人もがっちり温存します。

お盆が過ぎれば思い出す

誰もいない白浜海岸。

白い雲と青い空。

水はまだぬるいが空気ははや秋。

毎年無我の境に漂う。

島は私の最後の楽園だった。

付:
3.11の地盤沈下で砂浜は半減。その分、遠浅の海が広がりました。2016年の海。
16お盆過ぎ

五角形の内角 ― 微弱電流の大切さ

三角比をやっている。

正五角形の垂線を求める問題があった。

この問題は内角が分からなければ解けない。(他に解法があるかも知れないが、私は知らない)

悲しい哉、いくら考えても浮かんでこない。

物は試しと、ネットを開いてみると、あった。あることはあったが、中学数学にあった。

何のことはない、3個の三角形に分ければ、それで済むことだった。

中学生の私が、これを知らないはずがない。

それが、今ではすっかり忘れている。

なぜか。

その後の60年の生活で、一度たりとも5角形の内角を必要とすることがなかったためである。

記憶力の優れた後期高齢者はともかく、並みの頭(私をよく知っている仲間は自惚れだと言うが)を肩に乗せている私には、脳細胞への微弱電流が常に流れている必要があったのだ。

今回、さんざん考えたから、大電流が流れたのと同じである。五角形は言うに及ばず、どんな多角形でも、当分の間(多分墓場まで)、内角の総和に「はてなマーク」はない。

図形と計算も、残す所、章末問題Bの5問だけになった。

次の章はデータの分析だ。確率・統計は高卒後も微弱電流を流していたので、少しはましになるものと、期待している。

付:
1.移行でのプラス・マイナスの間違い病、一向に治りません。
2.章末という日本語、初めて出会いました。文末があって、章末があれば、段末もあるのでしょうか。

救急車の高額有料化

最近、あちこちの病院に、自分用もあれば家人用もあるが、かなりの頻度で行っている。

待合室はパンフレットとポスターのオンパレードだ。

活字化した日本語を物珍しさから見る。

その一つに事故でも急病でもないのに、タクシー代わりに救急車を呼ぶ馬鹿者が多いので、困っているというような内容のポスターがあった。

消防署に配置されている救急車はレンタカー会社のレンタカーと違って数に限りがある。国道沿いの私の近くの消防署をチラッと横目で見ても、2台しかない。奥に隠れているかもしれないが、それでも数台だろう。

タクシー代わりに救急車を呼べば、馬鹿者はタクシー代が浮くのでウハウハかもしれないが、その間に救急事態の知らせが入っても、消防署は動きがとれない。隣の消防署を頼めばいいと馬鹿者は言うかもしれないが、隣には隣の馬鹿者がいて、すでにタクシー代わりに使っている。

人のことを考えない利己主義者は馬鹿者である。

あるいは、母親は言うかもしれない。子供の大変な病気の予兆かもしれない、そうであるか否かを私は判断できない、だから呼ぶのです、と。「かもしれない」までならタクシーで十分だ。

そもそも大変な病気の予兆かどうかを判断できないような母親は母親の資格はない。

馬鹿につける薬は昔はなかった。

今は、ある。

タクシー料金の10倍を出動毎に請求することである。

馬鹿者は政党助成金に執着する国会議員と同じで、カネに細かい。

生死に関わるかもしれない兆候でない限り、タクシーを呼ぶ。

生死に関わるかもしれない事態を前にすれば、落語の吝嗇噺ならいざ知らず、待ち時間が短く、渋滞道路もスイスイ走る天下御免の救急車を「カネに糸目をつけず」頼む。

救急病院の医師が、これは救急の価値アリと認めれば、10倍の料金は返還される。認めなければ、地方自治体の金庫に入る。

ポスターでいくら市民に協力と理解を呼びかけても、一向にムダ足出動が減らないのは、協力と理解を無視しているのが馬鹿者であるからだ。

救急医師や看護師は、深夜も待機している。寝ずの番である。ただ起きているビルのガードマンとは違う。難しい手術をしなければならない事態がいつ起きるかわからない。問題用紙がいつ配られるかわからない受験生の様な緊張感の中に置かれている。

とても普通の人間にはできることではない。

今日のネットで、酒を出す出店が海水浴場にあることを知った。強い酒を禁止するのは当然のこと、弱い酒でも量が増えれば強い酒と同じことになる。

海水浴は海の水に浴するから海水浴。酒を飲んでも海に入らなければいい、だから酒を飲む、酒を売る。海に入らないのなら山に行けばいい。彼らは山と海の違いすら分からない馬鹿者である。

泥酔した海水浴客は、泥酔運転と同じだ。10倍料金と共に、高額の罰金を科すべきである。向こう5年は、海岸から100メートル以内に近づくことも免停だ。

救急車は、公費で運営されている。公費とは善良な市民の税金である。

それの無駄遣いをただ一枚のポスターで仕事をした気分になっている役所が問題の解決を拒んでいる根本である。

消防署が市営か県営か、私は知らない。どちらの管轄下であっても、救急車の発動を有料化しなければいけない。税のムダばかりではない、出動する消防隊員の本来なくても済む疲労、時に過労を軽減できるのだ。

馬鹿者を非難することがこのブログの目的ではない、馬鹿者の野放しに実質的無為無策の行政を非難するのである。

付:
1.忍耐力とは、わがままな患者に対する忍耐力と低い待遇に対する忍耐力のことです。島では気安さに甘えてわがまま患者で通しました。すいません。
2.ここに戻ってから、しばしば病院の世話になるようになりました。毎回、医師や看護師に私は絶対になれないことを確認します。あの職業に携わるような忍耐力を私が持ち合わせていません。カタログを肩に担いだドサ回りだから勤まりました。
3..親子連れに限りません。馬鹿者を除く全納税者の声であります。
4..夏場にのみ開かれるわが市民プールは酒類の持ち込みは厳禁。当然です。
5.静かになった夜中の浜辺で仲間と酒を飲んで楽しんだのは半世紀前のこと。海に入らなければ、今の若者がそうすることまで禁止しなくてもいいでしょう。ただし10倍覚悟で。

・・・・・

神戸の海水浴場 減らぬ泥酔者8/25(金) 7:57 掲載

今年も泥酔などによる救急出動が多い須磨海水浴場。酒の持ち込みも多く、対応が求められている=神戸市須磨区(神戸新聞NEXT)
 海水浴場健全化のため、神戸市が今年から海の家でアルコール度数の高い酒類の販売を禁止した須磨海水浴場(神戸市須磨区)で、7月13日の海開きから8月22日までの泥酔者に対する救急出動が18件に上ったことが23日、神戸市消防局への取材で分かった。昨夏の全期間の出動(22件)に迫る状況で、海水浴に訪れた親子連れなどからはより厳しい対応を求める声も上がっている。(杉山雅崇)(神戸新聞NEXT)

都民ファ、SNSなど発言制限(続)

発言制限の通達は、組織においてはなんら不自然な行為ではない。

読売新聞には、その政治姿勢に批判的な文芸部員がいるかもしれない、営業部員にもいるかもしれない。彼らが、自分の名刺の肩書きで「今日の社説に私は反対だ」などと自由にパブリックに発言したら、読売は黙っているだろうか。

Never!

それだからと言って、別に読売新聞社を非難すべきではない。組織として当然の行為だからだ。

都民ファーストの通達が、都民ファースト議員の肩書きで自由に発言するのはこれと同じである。

都民ファーストの議員は公民である。

発言したければ、一公民として発言すればいい。まさか公民権まで都民ファースト党は制限しまい。

実名の勇気がなければ、新聞記者へのコメントはハンドルネームでいい。新聞自体が幽霊を利用しているのだ。

もっとも、マスコミからちやほやされるのは、公民の部分でなく肩書きの部分、ハンドルネームでは誰も相手にしてくれないだろうが。

付:
少し前、日本共産党iの役職者がテレビで「自衛隊は人殺し」のような発言をして(私は観ていない)、深手を負いました。

都民ファ、SNSなど発言制限

読売は識者から批判と所属議員から不満を読売は受け売りをした。

識者からの歓迎や所属議員からの賛同がないはずはないのだが、読売は自分が気に食わないために、「受け売り」をしない。

識者も所属議員も匿名である。

匿名は、存在感がゼロである。

読売はそれをいいことに、自分の言いたいことをゼロの存在(高校数学的表現)に託している。

都民ファーストを読売が気に食わないのは、読売の自由で、まったく問題ない。

問題は、匿名にある。

存在感ゼロは幽霊である。

天に語らせる天声人語の朝日といい勝負である。

方や天、方や地。

方や傲慢、方や卑怯。

カネを出してまで読む価値はない。

付:「受け売り」と書きましたが、実際は自作自演ですよ。映画「ファントマ」の新聞記者がしたように。

・・・・・

都民ファ、SNSなど発言制限…議員から不満も
8/24(木) 7:45配信 読売新聞
 小池百合子・東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が所属議員に対し、ブログやツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信できる情報を制限したり、個々の判断で報道機関などの取材に応じることを禁じたりする内容の通達を出していたことがわかった。

 新人議員による失言などを防ぐことが狙いだが、都民の負託を受けた議員の言動を制限することには識者から批判が出ているほか、所属議員からも不満が漏れる。

 関係者によると、通達は先月下旬、55人の所属都議に示された。都議が取材依頼に対して個々の判断で応対することを禁じ、依頼内容を会に報告するよう求めているほか、同会に関して都議個人がブログなどで発信できる情報を、会として公開した情報に限定。決定前の事項や、他党への批判などは発信を禁じている。会に関する情報を事前了承なしに公開した場合などは処分の対象になり得る、との方針も示されたという。

マタイ伝 欽定版 

3月に再読したトルストイの「復活」の終わりはマタイ伝の引用となっている。

読もう読もうと思っていながら、つい延ばし延ばしにしてきた。

15日に読み終えた。

欽定版は初めて。同時代のシェイクスピアに慣れているから、当時の口語に違和感はない。

記念にイエス語録を作った。



MATTHEW KJV

4
17 From that time Jesus began to preach, and to say,Repent: for the kingdom of heaven is at hand.

5
13 Ye are the salt of the earth: but if the salt have lost his savour, wherewith shall it be salted? it is thenceforth good for nothing, but to be cast out, and to be trodden under foot of men.

38 Ye have heard that it hath been said, An eye for an eye, and a tooth for a tooth:

45 That ye may be the children of your Father which is in heaven: for he maketh his sun to rise on the evil and on the good, and sendeth rain on the just and on the unjust.


6
31 Therefore take no thought, saying, What shall we eat? or, What shall we drink? or, Wherewithal shall we be clothed?

34 Take therefore no thought for the morrow: for the morrow shall take thought for the things of itself. Sufficient unto the day is the evil thereof.


7
6 Give not that which is holy unto the dogs, neither cast ye your pearls beforeswine, lest they trample them under their feet, and turn again and rend you.

7 Ask, and it shall be givenyou; seek, and ye shall find; knock, and it shall be opened unto you:

13 Enter ye in at the strait gate: for wide is the gate, and broad is the way, that leadeth to destruction, and many there be which go in thereat:

26 And every one that heareth these sayings of mine, and doeth them not, shall be likened unto a foolish man, which built his house upon the sand:


8
22 But Jesus said unto him,Follow me; and let the dead bury their dead.


9
17 Neither do men put new wine into old bottles: else the bottles break, and the wine runneth out, and the bottles perish: but they put new wine into new bottles, and both are preserved.


10
16 Behold, I send you forth as sheep in the midst of wolves: be ye therefore wise as serpents, and harmless as doves.

34 Think not that I am come to send peace on earth: I came not to send peace, but a sword.

37 He that loveth father or mother more than me is not worthy of me: and he that loveth son or daughter more than me is not worthy of me.


13
57 And they were offended in him. But Jesus said unto them,A prophet is not without honour, save in his own country, and in his own house.


14
26 And when the disciples saw him walking on the sea, they were troubled, saying, It is a spirit; and they cried out for fear.


15
11 Not that which goeth into the mouth defileth a man; but that which cometh out of the mouth, this defileth a man.

14 Let them alone: they be blind leaders of the blind. And if the blind lead the blind, both shall fall into the ditch.


19
19 Honour thy father and thy mother: and, Thou shalt love thy neighbour as thyself.

24 And again I say unto you, It is easier for a camel to go through the eye of a needle, than for a rich man to enter into the kingdom of God.


22
37 Jesus said unto him,Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy mind.


23
12 And whosoever shall exalt himself shall be abased; and he that shall humble himself shall be exalted.


25
33 And he shall set the sheep on his right hand, but the goats on the left.


26
41 Watch and pray, that ye enter not into temptation: the spirit indeed is willing, but the flesh is weak.

52 Then said Jesus unto him,Put up again thy sword into his place: for all they that take the sword shall perish with the sword.


27
23 And the governor said, Why, what evil hath he done? But they cried out the more, saying, Let him be crucified.


*****

The King James Version Bible (KJV) was authorized by King James I and is sometimes referred to as the “Authorized Version”. It was translated by the Church of England and was first published in 1611.


高校数学Ⅰ ― 頭→目→手

今日、第2章2次関数を終えた。

使ったのは数研の教科書。

教科書傍用を含め、およそ100題を解いた。

正解は20に満たない。試験なら20点である。

大体教科書にでている問題は、復習用だから、易しいものばかりだ。

それで、20点とは!

間違った原因はその問題毎に記録してある。

考えが及ばなかったのが、1問。

残り99問は、頭の中で、パッと解法が浮かんでいる。はは~ん、ああしてこうすれば、解は得らる。簡単、簡単。それでいてなぜこうなのか。

頭の解は紙に記して、初めて解となる。

問題を紙に写す。読み違いが生じる。

辺周と面積の取り違い。最大、最小の取り違い。含む、含まない、等々。

ここで間違えると後がいくら正しくてもダメ。その数およそ20問。責任は頭2割(早トチリ)、目8割。

残りの間違いはすべて、演算中にある。

移行するときに、正負を間違える、係数を書き忘れる。自乗の小文字2を忘れる。6とbを取り違える。移行すべき数字や文字を忘れる。加減乗除が正しく行われない。

1題に計算式は3行から6行ある。数字と文字は平均50個位、少ないものでも30個は書き写さなければならない。

一つでも間違えると、正解は得られない。

目は読んでいても、手は勝手に別の数字や文字を書いている。目はそれを見ても、間違いと気づいて、その間違いを脳に伝達しない。

演算だけは、どんどん進む。

当然、5分も10分も計算して得られた解は解でも、正解ではない、誤解だ。

よく人は言う、高齢者は頭では分かっていても、体が言うことを聞かない、と。この体とは普通運動機能を指しているが、私の場合は目と手である。

第3章は三角関数。

これからも注意しても、同じ誤りを犯す。今日までだって注意はしていたのだ。

それでも、私のセンチメンタル・ジャーニーは続く。楽しいという単純な理由で。

付:
1. 数学Ⅰに集合があります。私の時代にはなかった。それで、記号の読み方がわかりません。独学の悲哀です。
2. コピー用紙を片側をボンドで綴じています。最初バラバラのままでしたが、前に書いた紙を探すのに苦労しました。

外国語 ― 技術英語は間違ってとられなければ可とする

蒸し暑くて、たまらない。
梅雨が長引いている感じだ。
秋になれば、お倉入りになるのが分かっていても、除湿機が欲しい。

大型家電店が近くに2店あっても、そこまで行くのが辛い。それでネットで注文した。

品物が届く前に、メールが届いた。

・・・・

初めまして、よろしくお願いたします。
1.弊社XXXXXX 新型静音ミニ除湿機製品ご注文いただきありがとうございます。
2.我々の製品外観、材料、機能、梱包、価格などについて、貴重なご意見を賜りますようお願い申し上げます。お客様が完璧なユーザー体験を持つためです。また、多くのお客様によくサービスするためです。お客様の要求に応じて、我々がきっと製品の改善に頑張ります。
3.製品を受け取った後、使用時下記事項をご注意ください。

(1)除湿不要時、オープンを押して電源コードを抜いてください。
(2)風の出入り口を塞がないように注意してください。製品の周りには100㎜ぐらいの隙間を用意してください。それにタンクもきちんと置いてください。
(3)水漏れを防止するため、水平な場所には除湿器をおいてください。
(4)除湿器は電源を入れると、電源ランプが点滅する時:
①タンク内の水の状況を確認してください。満水になっていると排水してください。
②タンク内の浮き球の状況を確認してください。引っかかったら元の位置に戻ってください。
(5)除湿範囲は10平メートル以内に効果が最も良いです。窓を開けない、密閉なスペースにより良い。密閉しない部屋には、空気の流れで、湿気がまた入ります。
(6)湿度80%以上に、温度が30度に除湿器がベスト効果が達します。この除湿器が、環境快适性によって設計するものです、湿度が低い時、除湿能力もだんだんに下げます。除湿器の目的は、优れた快适性環境を保持するのです。
(7)一定の数値の温度と湿度の場所に使用してください。温度は低いと湿度も低くて除湿は必要ではありません。
(8)使用後オープンを押して電源コードを抜いてから、風の入口のほこりと異物をやわらかい布で洗浄してください。
4.もし他の問題があれば、いつでもご連絡ください。
お忙しいところご迷惑をかけ、大変申し訳ございません。
今後機会があれば、よろしくお願いたします。

・ ・・・・

製品は中国製なら日本語も中国製である。

おかしな日本語にアンダーラインをつけようかと思ったが、野暮なのでやめておいた。

現役時代の私の英語もこのようなものだったろうから。


付:
1.ネイティブにチェックしてもらえば、それで済むかと言えば、否です。高校国語でいい成績を上げなかった日本人に日本語を診てもらうことはできても、質の高い日本語に書き直すことはまず無理でしょう。
2.6の「除湿器の目的は、优れた快适性環境を保持するのです」は頂けません。構文がおかしい。「保持することです」または「保持することにあります」でなければいけません。意味は分かるのでよしとしますか。問題は、漢字です。「优」と「适」の2字はほとんどの日本人にとって「未知との遭遇」でしょう。大陸中国だけでしか通用しない漢字です。それぞれ優と適です。
3.注文する前にこんな文を知ったら、私は注文しませんでした。品質管理に日本人がいないことの証拠だからです。
4.Made in Chinaの製品取り扱い説明書は、傑作が多く、読んで飽きません。楽しむのは悪趣味気味ですが。
5.この文は言い回しから判断しますと、英文から日本語に中国人が訳したものでしょう。

6x2+7xy+2y2+x-2の解に5時間

6x2+7xy+2y2+x-2

2次式の因数分解は覚えている。3次式はどうしても思い出せない。

頼る所は、頭の6と尻の-2。

頭:1と6、または2と3。
尻:1と-2、または-1と2。

これをたすき掛けにして、中が+7xy+2y2+xにする。

何も考えず、ひたすら試行錯誤の繰り返し。5時間掛かってようやく解にたどり着いた。使ったA4コピー用紙は数10枚。腕まで痛くなってしまった。

類題がでてきても、試行錯誤では、また5時間掛かる。

何か、うまい方法はないか。

しかし、とんと見当がつかない。ひらめく人はパッと分かるのだろうが、私には無理である。

教科書には、「次元の低い方の文字について式を整理せよ」とあった。

この式はx、yとも同じ次元であるが、前の問題のyが一次元だったので、yで式を整理してみた。

2y2+7xy+6x2+x-2

2y2+7xy+(6x2+x-2)

2y2+(3x+2)(2x-1)

ここまでくれば、頭は1と2、尻は(3x+2)と(2x-1)のたすき掛けで、+7xyになるように組み合わせればいいだけだ。

{y+(3x+2)}{2y+(2x-1)}

=(3x+2)・2y+y・(2x-1)

=(6+2)xy+(4+2)y

=8xy+6y (失格)

または、

{y+(2x-1)}{2y+(3x+2)}

=y・(3x+2)+(2x-1)・2y

=(3+4)xy+(2-2)y

=7xy (合格)

{y+(2x-1)}{2y+(3x+2)}を整理して、




(2x+y-1)(3x+2y+2)


これに費やした時間は15分。キレる人なら、3分とかからないだろう。

この手順を知ってから、類題は時間を描けないで解けるようになった。

しかし、私は満足しない。

なぜなら、どのような態度なら、この手順を思いつくのかを知りたいのに、教科書にはそれが載っていないからである。

考えるのが、数学、考えないのでは、数学の意味がない。


注:
1.X2はXの2乗、Y2はYの2乗。肩の数字の出し方が分からない。
2.アルファベットは本来すべてイタリック体。面倒なので、変換していない。

付:
1.チャート式を開いても、運用だけです。
2.頭の体操には結構いけますね。今、凝ってます。
3.数字や正負記号に間違いがあるかもしれません。

(網地浜 2016年夏)
夏の網地浜

数学 ― 新たなセンチメンタル・ジャーニー

外国語にばかり接していると、突き詰めて考える習慣は身につかない。

分からない構文、単語、誰にも聞けない、教えてもらえない。だから、分からないところは、イマジネーションで補う。イマジネーションと言えば、聞こえはいいが、「いい加減」ということである。

このままでは、いい加減が増殖する。加齢ボケに拍車がかかる。認知症だっていつくるか分からない。問題だ。

それで、始めたのが、高校数学である。

数学はいい。

3でも√3でもいいや、axでもbxでもいいや、こんな問題はない。プラスとマイナスを取り違えただけで、不正解となる。

数年前、数学Ⅰをやったことがあったが、やさしすぎて止めてしまった。

今回は、大学受験の高校生の教科書と参考書をヤフオクで手に入れた。

微積は60年振りになる。三角関数も同じだ。

スッキリ、ハッキリ、曖昧さのない数学が、私は大好きである。


高校数学

危険!近寄るな! ― 老人マーク

先日の高齢者講習会は、大変有意義であった。

普段、オレはそろそろボケが加速されているな、と認識してはいるが、他人の認知症を認識する機会はなかった。

認知機能試験では隣の席には笑顔を絶やさない人見知りのしない老人が座っている。

「4年前、酒を飲んで温泉にはいりましてね。ふらっと倒れて、救急車で運ばれたんです。脳梗塞で右半身が不随になったのですが、半年入院で済みました。
ええ、運転はいつもしています。ただ、記憶力の方は、全くダメになりました」

くどくど繰り返したことの要約である。

この人は、検査の結果が49点未満である。運転実施の前に、別室に呼ばれて、運転のチェックは受けなかったから、それと知ったのである。

どんな試験かといえば、小学2年生以上なら80点以上取れるような問題である。

年、月、日、曜日、時刻の問題。ナポレオンが皇帝に就いた時ではない、家康公の生まれた時でもない。今日の今の時である。

これに、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

次は、16個のイラスト。オーロラ、兵馬俑、人工衛星の寝室、安倍首相の横顔、こんな物はない。オルガン、ラジオ、耳、のこぎり、スカート、ベッド、ぶどう、ライオン、タケノコ、てんとう虫、バラ、バイク、フライパン、など。初めはヒントなし、次は「動物は?」、「楽器は?」とヒントが与えられる。

これに、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

終わりは、先ず、時計の文字盤を描かせる。時計とわかれば、どんなにデフォルメされていても構わない。それが済むと、「11時15分」の針を書き込む。

これが、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

こういう問題もあった。

3 6 4 9 0 2 7 3 8 2 1 1 6 
4 7 3 9 6 1 0 3 2 4 7 0 3

隣同士を足して、答えを書きなさい、ではない。4と6をマークしてください。たっぷり時間を取ったあと、次は1と0を消してください。それだけである。これは小学1年生でもできるだろう。

これに、半分しか答えられない人が運転しているのだ。

49点以上ならば、運転免許は無条件に継続される。

49点と48点は、紙一重。

講習会の認知検査は、あくまでも参考でしかない。医師から認知症の認定を受けた場合のみ、免許更新はできないという。

認知症の運転能力に対する影響力は、科学的・医学的には確証がないそうだ。

たとえ確証がなくても、私は、恐ろしくて、この運転手の近くには寄れない。

老人マークだけでは、その運転手が50点であるかどうか分からない。私のできることは、老人マーク車には無差別に近寄らないことだけだ。

必要条件と十分条件のようなもの。


付:
1.判定基準
  76点以上 記憶力、判断力に心配なし
  49点~75点 少し低い
  49点未満  低い
2.他人事ではない。私も、老人マークを貼ってある。国道407で老人マークを貼ったアルトが結構なスピードで走っているのを見たら、できるだけ敬遠してください。
3.残りのイラストが思い出せません。

毎夏繰り返す虚しい核廃絶運動

被爆者団体が核廃絶を訴える。

核兵器だけ特別扱いにする幼稚さに、私は辟易している。

核兵器なんか、何千、何万と持たせればいい。日本も、欲しければ、持てばいい。(もちろん、アメリカが絶対に許さないが)

人を大量にしかも簡単に殺しているのは、通常兵器である。

通常兵器の廃絶運動以外は、私にとってはどうでもいい趣味の世界である、ファンタジーの世界である。

安倍首相が、批准しないと語った。素直でいい。

しても、しなくても同じことなのだ。

ただ、核兵器のない世界の実現が遠のくという理由は、言わない方がよかった。

余計なことである。


付:

1.安倍首相に問う。それでは、近づける工程表を世界に示しているのか。被爆者団体風ののお題目でなく、「実現可能な」工程表をである。
2.彼もお題目を唱えているに過ぎない、本心は、できるわけがない、これ、私の心と同じである。
3.インド、パキスタン、核兵器保有は既成事実として、アメリカは容認した。将来たとえ北朝鮮は許しても、日本だけは絶対に許さない。いくら歴代総理が尾を振っても、いつコノウラミハタサデと噛み付くかもしれないからだ。軍事同盟の脆さをアメリカはよく知っているのだ。


・・・・・

安倍首相、核禁条約「我が国のアプローチと異なる」
8/9(水) 18:29配信 朝日新聞デジタル

被爆者団体からの要望書を受け取ったあと、記者会見する安倍晋三首相=9日午後0時59分、長崎市、福岡亜純撮影
 安倍晋三首相は9日、訪問先の長崎市で、国連で採択された核兵器禁止条約について「条約は、我が国のアプローチと異なるものであることから、署名、批准を行う考えはない」との方針を改めて示した。

 同市で開かれた平和祈念式典などに出席した後の記者会見で語った。首相は「真に『核兵器のない世界』を実現するためには、核兵器国の参加を得ることが不可欠だ。しかし、条約には核兵器国が1カ国として参加していない」とし、「核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、『核兵器のない世界』の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」と主張した。

朝日新聞社

高齢者講習会 ー 左ブレーキ、右アクセル

高齢者講習会で、くどい程ビデオを見せらたのが、アクセルとブレーキの踏み違いによる事故である。

高齢者は、とっさの判断ができない。

特にパニックに陥った時がそうだという。

縁石に乗り上げた、自転車を跳ねた、屋上の駐車場から飛び出した、これらは、みんなブレーキとアクセルを右足が間違えたことが原因である。

だから、高齢者は、パニックに陥ったら、右足が踏むべき位置に注意するように。

こういう講習だった。

右足の置くべき位置を脳が判断し足に伝達する、これがパニックになるとできない場合が事故なのではないか。

そもそも、間違いがなければ、この種の事故はないのだ。

高齢者は判断力と瞬発力が衰えている。その我々に、間違えるなと言っても、無意味である。もとより、間違えないつもりでいるからだ。

私は何種類か自動車を替えてきたが、オートマ車は、HONDAアコード1600ccだけだった。初代アコードは今の軽より軽かった。あっという間に140になる。

当時セリカが横に並ぶと、青になってから5秒は、私の方が先に出ていた。相手は普通にスタートするが、私の方は、右足でアクセルを吹かせ、左足をブレーキに置いて、信号が変わると、バーンととびだす。

競泳のスタートで鍛えられたから、信号の変化には敏感であったことも「貢献」している。

その後は、サンタナで5速、次がジムニーでこれも5速、サンタナでギア・シフトの快感を思い出したこと、ジムニーにオートマは真鍮の台座にダイヤモンドを嵌めるようなもの。

17年強、お世話になったが、ちょこちょこ不具合が生じるようになり、その度に往復1万8千円の船賃が出る。とても年金暮らしには耐えられないので、アルトに4年前乗り換えた。

オートマである。

ギアシフトを楽しむ歳でなし、ノンビリ運転することにしたのだ。

今回の講習会までは、右足アクセル、右足ブレーキだった。

講習会の翌日からは、右アクセル、左ブレーキに戻した。

これなら、絶対にブレーキと間違えて、アクセルを踏まない。左足をアクセルペダル届かせるのは至難の技である。

高齢者の左足は、そんな芸当ができるほど柔軟ではない。

たとえ、パニックになっても、ブレーキ即ち左の習慣がつけば、あとは慣性の法則に従うのみ、左足がとっさに働く。

老人の踏み間違いは、二本の足がありながら、一本しか使わない横着にある。

信号グランプリは、もうやらない。

踏み違い事故の防止のために、左ブレーキ、右アクセルで運転している。

ネットを見たら、左アクセルは推奨されていないという。

その理由はいちいちここで取り上げないが、いずれもどうでもいいようなくだらないものばかりだ。

ただし、マニュアルから左ブレーキに方法を変えるとき、何回かカックンを経験するだろう。シフトする時の力で踏むからだ。アコードの時のことを今も思い出す。

しかし、まったく心配ない。1日で慣れる。

私は、もうマニュアルの車を運転することはない。左足をぐいと伸ばす動作は二度とない。

踏み違い事故の起きようのない左アクセルで、今日も407を走った。これからもずっと走るだろう。

付:
1.指導官の話では、マニュアルで、踏み間違いの事故はほとんど知らないと言っていました。両足を使うから脳にいい刺激になっているからでしょう。
2.ブレーキを踏んだつもりがアクセルだったなどという加害者コメントは、これで紙面から消えます。

高齢者講習 ― 実技編

認知症試験の難関を突破すると、次が実技講習である。

教習所の指導官が同乗して、運転を見てくれる。

これは、ありがたい。

4千6百5十円の価値は十分ある。

3年前は、ゲーム・センターのシミュレーターがあった。今回はない。進化した。

代わりに、縁石乗り上げ、即ブレーキの動作が加わった。

S字、クランク、車庫入れ、車線変更、徐行、一時停止など、無難にこなしたが、この縁石乗り上げは、指導官の手を煩わしてしまった。

私には縁石にタイヤが当たった瞬間に、ブレーキを踏む習慣が身についてしまっているからだ。

縁石は前方の障害物の代表として扱われている。縁石でなくて、子供や自転車だったら、どうだろう。

乗り上げた後のブレーキは、遅すぎる。後の祭りだ。

私は、縁石にタイヤが当たった瞬間にブレーキをかけた。指導官は、乗り上げなさいと指示した。私は、躊躇した。再び、指示がきた。それでも、乗り上げる勇気がなかった。いや、本能が拒否したのだ。最後は半分叱られながら、乗り上げて、ブレーキを掛けたが、なんとしても後味が悪い。

私は間違っていない。教程が間違っている。

前輪が異物に当たった瞬間、ブレーキを掛けること。

講習内容の改善を強く望む。

付:
1.指導官に、今の運転で、新しく免許はとれるだろうか、聞いてみた。きわどい所との答え。縁石乗り上げでもたついたのが評価減になったのだ。
私は自分の運転に問題のないことを確信した。
2.指導官は、こちらから聞かない限り、コメントをださない。黙っていれば、何もアドバイスは得られない。積極的に話し掛けるべし。
3.これからは、一年に一度、誕生日前後に私的に実技の指導を受けようと思っている。少々高くても、受ける価値は十分にある。
4.3人ひと組で実技を受ける。その一人のおばあちゃんの運転はめちゃくちゃ。カックン、カックン、この車ブレーキが効きすぎる、とブツブツ言いっぱなし。クランクでは縁石に乗り上げるは、一時停止では、止まるには止まるが左右を確認を怠るは、こんな運転手と一緒に走っていることに恐怖さえ覚えた。老人マークを見たら、敬遠することだ。私も貼ってあるが。

我が埼玉の恥  ― 朝鮮学校 補助金停止

日本の国の偏狭は、島国根性に通じるものがある。

今日のネットで、地方自治体の中にも、国並みの偏狭があることを知った。

我が埼玉の停止理由は特にひどい。

曰く: 拉致問題が解決していない。

あまりのひどさに、新聞社も特筆したのだろう。

先日、埼玉県の国会議員が話題になった。

あれは、個人的な問題で、品格や育ちの問題だった。政治をしっかりやっているかどうかは別の次元であった。

補助金停止は、政治そのものである。

宮城では、教育委員会(大川小学校の津波犠牲に対する責任逃れ)に我が身の如く恥を覚えた。

埼玉に戻ってはや4か月、ようやく教育委員会の恥が薄らいだと思ったら、今度は埼玉県の知事である。

漱石は、この世は住みにくい、どこに行っても同じだ、と悟っていた。

狭量日本の恥が私をどこまでも追いかけてくる。 


付:
1.拉致問題の解決は防衛予算の削減と強くリンクしています。安倍政権が「解決に全力を注ぎます」というのは、真っ赤なウソです。
2.それにつけても、地方自治の創生などと言いながら、文科省が干渉するとは、どういう了見でしょう。それに唯々諾々と従う自治体も自治体です。
3.恥の記念に、ネット全文を残しました。朝日新聞は体質を一新したのでしょうか。しばらくは注目していきます。

・・・・

朝鮮学校補助、16都府県が停止 北朝鮮問題や国通知で
8/6(日) 2:42配信 朝日新聞デジタル

 朝鮮学校への自治体の補助金について、朝日新聞が調べたところ、学校がある28都道府県のうち、今年度は16都府県が交付を取りやめていることが分かった。10年前は28都道府県で交付していたが次第に減少。理由として、北朝鮮の動向や、「透明性のある執行」を求めた昨年3月の文部科学省通知を挙げている。

 28都道府県へのアンケートや文科省によると、2006年度や07年度は28都道府県で補助金を交付していたが、徐々に減少し、今年度の予算計上は12道府県。16都府県は計上していないと回答し、うち1県は調査を経て判断するとしている。

 昨年度の交付実績は計約1億2200万円。06年度の計約6億2400万円から大幅に減った。

 きっかけの一つは、文科省が昨年3月、都道府県の判断で交付する補助金に関して出した通知だ。「政府としては北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が朝鮮学校の教育内容や人事、財政に影響を及ぼしていると認識している」とし、「適正で透明性のある執行」を要請。事実上、交付の「再考」を求める内容とも受け止められた。

 昨年度から交付をやめた5県のうち、茨城など3県は通知を踏まえて判断したとしており、福井など2県は「休校状態となったため」などを理由とした。

 通知の前からやめている埼玉県は「拉致問題が解決されていない」、大阪府は「特定の政治団体と一線を画すという交付要件が満たされている確証が得られない」としている。

 補助金に対する司法の判断は一律ではない。大阪府と大阪市の補助金不支給決定をめぐっては、大阪地裁が今年1月、「行政の裁量の範囲内」として学校側の請求を棄却。一方、拉致被害者支援団体が兵庫県と神戸市を相手取り、補助金の取り消しなどを求めた訴訟では、交付は違法ではないと認めた判決が15年に確定している。(土居新平、岡本玄)

朝日新聞社

高齢者の運転 ― 認知機能検査

文字色先月、免許更新に必要な試験と講習を受けた。

最初は、認知機能の検査。前回は73歳だったから検査は受けていない。

高校の仲間が一足先にこの試験を受けた。

絵の記憶で一つ思い出せない、それ以外は全問正解だったが、と悔しがっていた。

私は、二つ。

それで96点。

76点以上は、記憶力・判断力に心配がないとの基準であったから、運転には問題がない。

町に戻って、二日に1度は運転してきたから、心配があるかどうかは、本人でもわかる。

それでも、お墨付きをいただいたのだから、いい気分である。

運転はそれとして、記憶力の衰えは、外国語の時間に現れている。

辞書を引くのは、楽しい。だが、4回も5回も同じ単語を続けざまに引かなければならい状況は、楽しいという気持ちは起きない。

判断力の衰えも、ここ1~2年でひどくなった。

これらは、認知症でなく、加齢現象の一つだそうだ。

諦めている。

試験問題に一言。

問題の中に場所の概念が入っていなかった。
住んでいる住所と電話番号を書かせるといい。

もう一つは、買い物の時のつり銭の計算。これも認知症の判定に有効だと思う。
ごく庶民的に、千円札で410円の買い物をした。お釣りはいくらか。

次回は3年後の80歳。

講習会の終わりに、教官が、3年後にお待ちしています、と励ましてくれたが、免許更新はしないつもりだ。

たとえ生きていても、電動アシスト自転車に鞍替えする。それも、乗るだけの筋力とバランス感覚が残っていればの話である。

付:
4月に申し込んで、3か月待たされた。図書館の閲覧室や病院の待合室も混んでいるが、高齢者に関係する場所は、どこもこんなものらしい。かく申す私も混雑を作っている一人。

一人、また一人

オフ・コースの歌詞にあったような。

政党所属の議員が、離党する。そのまま国会議員の資格を享受する。

いつも言うように、これはおかしい。

会社員が、今度独立します、ついては、給料はそのままいただきます、こんな会社がどこにある。

国会議員同業組合の内でしか通用しない。

周囲の遺留もおかしい。

去る者は追わず、即刻除名処分だ。

仮に、民主党が政権を維持し続けていたとしたら、細野は、離党するだろうか。

Never!

憲法云々は言い訳、言い逃れ、体裁でしかない。

彼は、民進党が落ち目になったのを見極めただけのことだ。

この種の男が民進党にはゴロゴロしている。

何からなにまで一致しなくてもいい。憲法、原発など根本問題さえ一致すればいい。それができていない政治集団は、政党ではない。民進党は今度の代表選で憲法と原発を争点にして争うべきである。

そして、負けた者は、そのグループを引き連れて、潔く離党しなければならない。もしも、グズグズするようなら、新執行部は、除名勧告を通知すべし。

根本に関わる問題で主義・信条が異なっていながら、ただ政党助成金惜しさに代表選が過ぎれば、同志とたたえ合うなら、(多分そういうスタイルだろう)、根本に関わる問題以前に、政治家集団の資格有りや無しやを問題にしなければならない。

国会は国会議員がダメにしている。その代表は自民党ではない、民進党である。だらしのない民進党である。

碁の世界には、負け碁の気楽さという言葉がある。どうせ負けるのだ、だったら、ひと暴れしてやれ。あるいは敵がミスするかもしれない。

万に一つもない可能性を知りながら、勝負を捨てないのがプロだ。それに比べれば、政治の世界は万どころか、百、いや十に一つの可能性がある。

我が世の春を謳歌した安倍政権がいい見本だ。

政治はアマが先生と呼ばれる社会である。ボロが出るのを待てばいい。

ただし、ボロがでても、今のようなノイズだらけの雑居ビル政党ではダメだ。

肝に銘じること。

・・・・・


民進・細野氏、離党へ=「新たな政権党つくる」
8/4(金) 15:52配信 時事通信
 民進党の細野豪志前代表代行(45)=衆院静岡5区=は4日、東京都内のホテルで自身が所属する議員グループ(約15人)の会合を開き、離党して新党結成を目指す意向を伝えた。

 周囲は慰留を続けたが、細野氏は会合後、記者団に「(決意は)揺らぐことはない」と明言した。

 細野氏は、旧民主党で代表選に立候補した経験もある中堅・若手のリーダー格。民進党にとって大きな打撃になるのは確実だ。グループ幹部によると、細野氏に同調する動きは現時点ではないという。

改造内閣発足 今までは何だったの???

改造する目的が、結果重視、仕事第一、実力本位の布陣を整えることと言う。

これまでの内閣は結果軽視だったのか。
Yes.
これは彼の本心であろう。

これまでの内閣は仕事は二の次だったのか。
Yes.
これも彼の本心であろう。

これまでの内閣は体裁本位だったのか。
Yes.
これも彼の本心であろう。

それでは、今度の大臣連中がこれまでの大臣に比べて優れた人材か。

そんなはずがない。

どんぐりの背比べだ。

大臣経験で次期選挙が有利になることだけしか頭の中にはない。

empty lodgings in their heads.

残りの脳みそは空き室である。

にわか大臣に担当省庁の仕事ができるわけがない。

高学歴のその道一筋のベテラン官僚の上に立って、陣頭指揮ができるわけがない。

今度の内閣も官僚の操り人形でしかない。

大臣職は官僚に譲り、国会議員は、日当たりの良い窓際に集めて、テレビでも眺めさせていればいい、スマホで遊ばせていればいい。

できもしない仕事を実力のない議員にあてがいそして結果を求めること、そのものが、木に登りて魚を求める類である。


冒頭、国民に謝罪したという。

一国のトップが、演説の冒頭に謝罪することがもはや滑稽の域に入っている。

終わりの頃には、国民が「よっしゃ」と元気になる話でもすればまだましだが、何のことはない、数十年耳にタコができてしまった「経済優先」しかでてこなかった。

経済とは聞こえがいいが、平たく言えば、「カネ」である。

底辺でうごめく民草がカネにこだわるのは、カネと長生きを生きがいとしている以上、許せる(だから私も少しだが自分を許している)。

しかし、1億数千万人の頂点で、日本を代表する総理大臣の言葉ではない。

だから、フランス人に馬鹿にされるのだ。

付:
1.誰が大臣になっても、議会制専制主義の下では、同じです。先ず、参議院を解体することです。落ち着いたら、衆議院も解体します。2割・3割しか支持されない政党が政権を担当すること自体が、変態なのです。
2.演説の内容はともかく、たとえいい加減でも、演説次第で人を動かすことができます。ジュリアス・シーザー劇を安倍さん読んでいないな。つまらない男だ。
3.結果重視、仕事第一、実力本位。これは本音ではありません。私はそう願っています。本音だとしたら、認知症患者ですよ。
4.謝罪はウンザリです。失政を認めた政治家には切腹を、甘くても隠居を推奨します。

・・・・・・・・・


改造内閣発足 安倍首相会見

8/3(木) 18:29配信 Fuji News Network


安倍首相は3日、内閣改造を行い、第3次安倍再々改造内閣を発足させた。午後6時から記者会見に臨み、冒頭に国民の不信を招いたことをわびたうえで、人事の狙い、そして今後の政権の方針を説明している。

先の国会では、森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題などさまざまな問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果となりました。
そのことについて、冒頭、まずあらためて深く反省し、国民の皆様におわび申し上げたいと思います。
国民の皆様の声に耳を澄まし、国民の皆様とともに、政治を前に進めていく。
5年前、わたしたちが政権を奪還した時のあの原点にもう一度立ち返り、謙虚に、丁寧に、国民の負託に応えるために全力を尽くす。
1つ1つの政策課題にしっかりと結果を出すことで、国民の皆さんの信頼回復に向けて、1歩1歩、努力を重ねていく。
その決意のもとに、本日、内閣を改造いたしました。
今回の組閣では、ベテランから若手まで、幅広い人材を登用しながら、結果重視、仕事第一、実力本位の布陣を整えることができたと考えています。
最優先すべき仕事は、経済の再生です。
安倍内閣は、これからも経済最優先であります。

Don Quixote  Part 1

6月28日から読み始めて、昨日読み上げた。

52章だから大体1日1章のペースである。

都会の暑い夏でも、エアコンが効いている。快適に読んでこれたのは、エアコンのお陰である。

やはり、少年少女向けの作品ではなかった。

終わりは、だらだらとした解説的なものがなく、epitaph(墓碑)で済ませている。

さっぱりした感じが、非常にいい。

本文中にこんな文句があった。

this gentleman has empty lodgings in his brain

面白い表現だ。

網地島でいえば、「この紳士の頭はホヤ貝」くらいだろう。

このドン・キホーテは第二部がある。

epitaphを見てしまってからは、どうも意欲が沸かない。気が乗らない。

第二部は少しお休みにきめた。


c52e_2017080316510249a.jpg


その代わり、新訳聖書のマタイ伝を読むことにした。

何十回と読んでいるが、欽定英語版は今回が初めてである。漢文も並行して読む。

Matthew 5 KJV

13 Ye are the salt of the earth: but if the salt have lost his savour, wherewith shall it be salted? it is thenceforth good for nothing, but to be cast out, and put it under foot of men.



前原とダム ― もう一つのダメ

彼は大臣になったとき、八ッ場ダムの建設を中止すると公言した。

それが、地元の利権屋や濡れ手に粟民や官僚どもの反対に遭って、腰砕けになって終わった。

周りの雑音は当然、総理大臣からの干渉があっても、断固中止すべきであった。

中止は彼の信念だからだ。だから、もしも中止ができないことになったら、捨て台詞を吐いて、大臣職をほっぽり出さなければならなかった。

それを、例のニタニタ顔で、ケロリだ。

彼には、政治家の資格はない。

まして、政治家集団の代表の資格はない。

連合は、おおっぴらに、あるいは密かに前原を応援するだろう。労働堕落貴族集団のやりそうなことだ。マスコミも前原を応援するかもしれない。

だが、そんなことでふらついてはいけない。

枝野でも、幹山でも、葉川でもいい。民進党よ、前原だけは絶対に代表にさせてはならない。命取りになるぞ。

付:
1.食言とはうまい表現です。英語にもありました。to eat one’s words。
2.前原さんだけではありません。代表経験者の全員がダメなのです。彼らは無能から失脚したのです。

民進党 ― もしも前原が代表になったら

ニセメール事件の主人公だった彼は、臆面もなく代議士を続けている。地元の有権者も、恥を知らず国会に送り込んでいる。

民進党は、失策して降板した代表経験者を温存している。

小沢のような骨のある人物を、追い出している。

代表選に出馬する前原の厚顔は、彼の個性であるからいい。

しかし、本当に代表になったとしたら、民進党は自民党分室だ。自民党支店だ。

汝は地の塩。塩、もし味失わば、用無し。

10年を待たず、旧社会党と同じ道をたどって、自然消滅してしまう。

かれは、隠れ自民党である。疫病神である。

新しい民進党が、脱原発に加えて、「日本を中立国にする、そのために、先ず日米軍事同盟を解消する」と言ってくれれば、老いの身ながら熱烈支援する。

民進党よ、間違っても前原なんぞを代表に選んではならない。


・・・・・・・・


枝野、前原氏が激突へ=野党共闘・改憲争点―民進代表選
8/2(水) 14:20配信 時事通信
 民進党は2日の両院議員総会で、代表選の日程を21日告示、9月1日投開票と正式に決め、辞任を表明した蓮舫代表の後継選びをスタートさせた。

 党員・サポーター投票も実施する。保守系の推す前原誠司元外相(55)が出馬を表明。リベラル勢力が支持する枝野幸男元官房長官(53)との一騎打ちとなる公算が大きく、共産党との野党共闘や憲法改正への対応が争点となる。

FC2Ad