老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

The Book Of The Thousand Nights and One ―羽衣伝説 ― 


3月に入ってからは、還俗の準備などで落ち着いて読むことができなかった。

町中に戻った4月に入った後も、数年前、anonymous版全編を読んでいるので、第500話を通過した所で後回しにしていた。

作業場(読書環境)がほぼ整った昨日、再開した。

千夜一夜はやはり面白い。

第509話。

日本の能の羽衣に、脱いだ羽衣を「返してください、いや返さない」のやり取りがある。

この種の羽衣伝説は世界各地にあるそうだ。

千夜一夜物語のThe Story of Janshahにもまったく同じやり取りがある。

以下はBurton版である。

やさしい英語なので、寝床に入ってからでも大丈夫だ。

英文はネットで無料で手に入るし、名訳大場正史版もタダ同然で全巻揃う。

現役諸兄はこの長編は重いかもしれないが、そこそこ英語が読める高齢者にはもってこいのヒマつぶしなる。

~~~~~

When it was the Five Hundred and Ninth Night,

She said, It hath reached me, O auspicious King, that "Janshah saw many strange things and admirable in that apartment. Then he entered the pavilion and mounting the throne, fell asleep under the tent set up thereover. He slept for a time and, presently awaking, walked forth and sat down on a stool before the door. As he sat, marvelling at the goodliness of that place, there flew up from mid sky three birds, in dove-form but big as eagles, and lighted on the brink of the basin, where they sported awhile. Then they put off their feathers and became three maidens, [FN#546] as they were moons, that had not their like in the whole world. They plunged into the basin and swam about and disported themselves and laughed, while Janshah marvelled at their beauty and loveliness and the grace and symmetry of their shapes. Presently, they came up out of the water and began walking about and taking their solace in the garden; and Janshah seeing them land was like to lose his wits. He rose and followed them, and when he overtook them, he saluted them and they returned his salam; after which quoth he, 'Who are ye, O illustrious Princesses, and whence come ye?' Replied the youngest damsel, 'We are from the invisible world of Almighty Allah and we come hither to divert ourselves.' He marvelled at their beauty and said to the youngest, 'Have ruth on me and deign kindness to me and take pity on my case and on all that hath befallen me in my life.' Rejoined she, 'Leave this talk and wend thy ways'; whereat the tears streamed from his eyes, and he sighed heavily and repeated these couplets,

'She shone out in the garden in garments all of green, * With open vest and collars and flowing hair beseen:
'What is thy name?' I asked her, and she replied, 'I'm she * Who roasts the hearts of lovers on coals of love and teen.'
Of passion and its anguish to her made my moan; * 'Upon a rock,' she answered, 'thy plaints are wasted clean.'
'Even if thy heart,' I told her, 'be rock in very deed, * Yet hath God made fair water well from the rock, I ween.' [FN#547]

When the maidens heard his verses, they laughed and played and sang and made merry. Then he brought them somewhat of fruit, and they ate and drank and slept with him till the morning, when they donned their feather-suits, and resuming dove shape flew off and went their way. But as he saw them disappearing from sight, his reason well nigh fled with them, and he gave a great cry and fell down in a fainting fit and lay a-swooning all that day. While he was in this case Shaykh Nasr returned from the Parliament of the Fowls and sought for Janshah, that he might send him with them to his native land, but found him not and knew that he had entered the forbidden room. Now he had already said to the birds, 'With me is a young man, a mere youth, whom destiny brought hither from a distant land; and I desire of you that ye take him up and carry him to his own country.' And all answered, 'We hear and we obey.' So he ceased not searching for Janshah till he came to the forbidden door and seeing it open he entered and found the Prince lying a-swoon under a tree. He fetched scented waters and sprinkled them on his face, whereupon he revived and turned."--And Shahrazad perceived the dawn of day and ceased to say her permitted say.


When it was the Five Hundred and Tenth Night,

She said, It hath reached me, O auspicious King, that "when Shaykh Nasr saw Janshah lying a-swoon under the tree he fetched him somewhat of scented waters and sprinkled them on his face. Thereupon he revived and turned right and left, but seeing none by him save the Shaykh, sighed heavily and repeated these couplets,

'Like fullest moon she shines on happiest night, * Soft sided fair, with slender shape bedight.
Her eye-babes charm the world with gramarye; * Her lips remind of rose and ruby light.
Her jetty locks make night upon her hips; * Ware, lovers, ware ye of that curl's despight!
Yea, soft her sides are, but in love her heart * Outhardens flint, surpasses syenite:
And bows of eyebrows shower glancey shafts * Despite the distance never fail to smite.
Then, ah, her beauty! all the fair it passes; * Nor any rival her who see the light.'

When Shaykh Nasr heard these verses, he said, 'O my son, did I not warn thee not to open that door and enter that room? But now, O my son, tell me what thou sawest therein and acquaint me with all that betided thee.' So Janshah related to him all that had passed between him and the three maidens, and Shaykh Nasr, who sat listening in silence said, 'Know, O my son, that these three maidens are of the daughters of the Jann and come hither every year for a day, to divert themselves and make merry until mid afternoon, when they return to their own country.' Janshah asked, 'And where is their country?'; and the old man answered, 'By Allah, O my son, I wot not:' presently adding, 'but now take heart and put away this love from thee and come with me, that I may send thee to thine own land with the birds.' When Janshah heard this, he gave a great cry and fell down in a trance; and presently he came to himself, and said, 'O my father indeed I care not to return to my native land: all I want is to foregather with these maidens and know, O my father, that I will never again name my people, though I die before thee.' Then he wept and cried, 'Enough for me that I look upon the face of her I love, although it be only once in the year!' And he sighed deeply and repeated these couplets,

'Would Heaven the Phantom [FN#548] spared the friend at night * And would this love for man were ever dight!
Were not my heart afire for love of you, * Tears ne'er had stained my cheeks nor dimmed my sight.
By night and day, I bid my heart to bear * Its griefs, while fires of love my body blight.'

Then he fell at Shaykh Nasr's feet and kissed them and wept sore, crying, 'Have pity on me, so Allah take pity on thee and aid me in my strait so Allah aid thee!' Replied the old man, 'By Allah O my son, I know nothing of these maidens nor where may be their country; but, O my son, if thy heart be indeed set on one of them, tarry with me till this time next year for they will assuredly reappear; and, when the day of their coming draweth near, hide thyself under a tree in the garden. As soon as they have alighted and doffed their feather-robes and plunged into the lake and are swimming about at a distance from their clothes, seize the vest of her whom thy soul desireth. When they see thee, they will come a bank and she, whose coat thou hast taken, will accost thee and say to thee with the sweetest of speech and the most witching of smiles, 'Give me my dress, O my brother, that I may don it and veil my nakedness withal.' But if thou yield to her prayer and give her back the vest thou wilt never win thy wish: nay, she will don it and fly away to her folk and thou wilt nevermore see her again Now when thou hast gained the vest, clap it under thine armpit and hold it fast, till I return from the Parliament of the Fowls, when I will make accord between thee and her and send thee back to thy native land, and the maiden with thee. And this, O my son, is all I can do for thee, nothing more.' "--And Shahrazad perceived the dawn of day and ceased saying her permitted say.


When it was the Five Hundred and Eleventh Night,

She said, It hath reached me, O auspicious King, that "quoth Shaykh Nasr to Janshah, 'Hold fast the feather-robe of her thy soul desireth and give it not back to her till I return from the Parliament of the Fowls. And this, O my son, is all I can do for thee, nothing more.' When Janshah heard this, his heart was solaced and he abode with Shaykh Nasr yet another year, counting the days as they passed until the day of the coming of the birds. And when at last the appointed time arrived the old man said to him, 'Do as I enjoined thee and charged thee with the maidens in the matter of the feather-dress, for I go to meet the birds;' and Janshah replied, 'I hear and I obey, O my father.' Then the Shaykh departed whilst the Prince walked into the garden and hid himself under a tree, where none could see him. Here he abode a first day and a second and a third, but the maidens came not; whereat he was sore troubled and wept and sighed from a heart hard tried; and he ceased not weeping and wailing till he fainted away. When he came to himself, he fell to looking now at the basin and now at the welkin, and anon at the earth and anon at the open country, whilst his heart grieved for stress of love-longing. As he was in this case, behold, the three doves appeared in the firmament, eagle-sized as before, and flew till they reached the garden and lighted down beside the basin. They turned right and left; but saw no one, man or Jann; so they doffed their feather-suits and became three maidens. Then they plunged into the basin and swam about, laughing and frolicking; and all were mother-naked and fair as bars of virgin silver. Quoth the eldest, 'O my sister, I fear lest there be some one lying ambushed for us in the pavilion. Answered the second, 'O sister, since the days of King Solomon none hath entered the pavilion, be he man or Jann;' and the youngest added, laughing, 'By Allah, O my sisters, if there be any hidden there, he will assuredly take none but me.' Then they continued sporting and laughing and Janshah's heart kept fluttering for stress of passion: but he hid behind the tree so that he saw without being seen. Presently they swam out to the middle of the basin leaving their clothes on the bank. Hereupon he sprang to his feet, and running like the darting levee to the basin's brink, snatched up the feather-vest of the youngest damsel, her on whom his heart was set and whose name was Shamsah the Sun-maiden. At this the girls turned and seeing him, were affrighted and veiled their shame from him in the water. Then they swam near the shore and looking on his favour saw that he was bright faced as the moon on the night of fullness and asked him, 'Who art thou and how camest thou hither and why hast thou taken the clothes of the lady Shamsah?'; and he answered, 'Come hither to me and I will tell you my tale.' Quoth Shamsah, 'What deed is this, and why hast thou taken my clothes, rather than those of my sisters?' Quoth he, 'O light of mine eyes, come forth of the water, and I will recount thee my case and acquaint thee why I chose thee out.' Quoth she, 'O my lord and coolth of my eyes and fruit of my heart, give me my clothes, that I may put them on and cover my nakedness withal; then will I come forth to thee.' But he replied, 'O Princess of beautiful ones, how can I give thee back thy clothes and slay myself for love longing? Verily, I will not give them to thee, till Shaykh Nasr, the king of the birds, shall return.' Quoth she, 'If thou wilt not give me my clothes withdraw a little apart from us, that my sisters may land and dress themselves and lend me somewhat wherewithal to cover my shame.' 'I hear and obey,' answered he, and walked away from them into the pavilion, whereupon the three Princesses came out and the two elder, donning their dress, gave Shamsah somewhat thereof, not enough to fly withal, and she put it on and came forth of the water, and stood before him, as she were the rising full moon or a browsing gazelle. Then Shamsah entered the pavilion, where Janshah was still sitting on the throne; so she saluted him and taking seat near him, said, 'O fair of face, thou hast undone thyself and me; but tell us thy adventures that we may ken how it is with thee.' At these words he wept till he drenched his dress with his tears; and when she saw that he was distracted for love of her, she rose and taking him by the hand, made him sit by her side and wiped away the drops with her sleeve; and said she, 'O fair of face, leave this weeping and tell us thy tale.' So he related to her all that had befallen him and described to her all he had seen,"--And Shahrazad perceived the dawn of day and ceased to say her permitted say.

~~~~~

付の1.
[FN#xxx]はバートン氏の脚注。これ自体読み応えがあります。

付の2.
大場正史訳の詩は七五調になっていて、とても響きがいいです。

付の3.
When it was the Five Hundred and Eleventh Night,
She said, It hath reached me, O auspicious King,~
ムソルグスキーの「展覧会の絵」のプロムナードと同じ効果が出ています。

囲碁は手談

先週、何千日かぶりに昔の碁仇を誘って池袋の名の通った碁会所に行った。

都会のどこからにこんなに多くの老人が湧いてきたのか、驚きであった。

石を碁笥からつまみ出すときのチャラチャラという音以外に音らしきものは聞こえない。

ここでは、日本語のヒアリングのレベルは問われない。

言葉のやり取りがないのだ。

手談とはよく言ったもの。

付:
1.自分は埼玉から湧いてきました。
2.碁会所は昔の言い方。今は囲碁クラブ、囲碁サロン。ここも漢字すたり英語栄える。
3.1日千百円で打ち放題。パチンコ屋では1時間で数万円が消えることがままあるそうな。

(11時30分開店の数分前)
170420準備

(開店の数分後)
170420.jpg

島と都会 ― 日本語のヒアリング能力

島の暮らしでは、1週間に一度、生協の共同購入日に人と会う以外、日本語を聞くことはなかった。

プロパンの交換、電力メーターの検針、宅配と書留郵便、この人たちとの挨拶は、「どうも」の一言である。

私は、「こんな人里離れた山奥に、どうもご苦労様です(どうもの使い方が間違っているかもしれない)。今度の時までに、道を作っておきますから、すいません(自称野草園は、ここ数年は腰痛で刈払い機が使えない、それで、敷地内の道が草で覆われている。雨の日には、来訪者のズボンはびしょびしょ、それですいません)」と話す。

私が聞くのは、「いやいや、それほど気に掛けていただくと、私の方が却って恐縮いたします。では、ごめんなさい。さようなら」という日本語ではない。「どうも」である。

ヤギ、イヌ、ネコ、ニワトリ、長い付き合いをしてきたが、ついぞ日本語を聞いたことがない。

都会に戻ってあっという間に1か月。

何が困るかと言えば、日本語のヒアリングが非常に衰えたことである。

スーパーのレジ(支払いはセルフの時代)、図書館の受付、ガソリンスタンド(セルフ)、市民プールの利用法、何から何まで、2度聞きである。

2度聞きに嫌な顔をされたことがこれまでなく、物事も無事に済んできたが、今日は済まなかった。

今日、25日の火曜日。

高齢者運転手の認知症講習会がある日である。

いさんで指定の事務所に行ったら、てんで通じない。受け付けでウェルカム!を期待していた私は拍子抜け。

今日は講習会はありません。

でも3月末に25日火曜と予約を取りましたよ。

怪訝(けげん)な顔々。

日常会話がしばらくあった後、4月25日でなく、7月25日であることが予約帳で分かった。私の名前がちゃんと載っていた。

帰り、無駄足を引きずりながら、はたと気がついた。

電話予約したとき、先方は「しち月」と言ったのだ。それを私は「し月」と聞き違えたのである。

私は壁に掛けてあるカレンダーをめくりながら電話で話していた。話しながら4月のカレンダーをみたら、25日(火曜)とあった。

まさか、3か月先の7月とは!

高齢者講習会が3か月先まで待たなければならないと知って、年寄りは島に限らないことを実感した。

同時に、私の日本語ヒアリング力の回復は大変であることも覚悟した。

付:
1.難聴の兆候はありません。純粋に日本語の問題です。
2.確認のために、私が「し月25日火曜ですね」と言ったと思いますが(確認は宮仕え当時の癖)、「しち月」と発音したのでしょう。「いいえ、4月ではありません、7月の25日です」とは返って来なかったことで分かります。してみると、スピーキングにも問題有りということになります。やれやれ。

都会の水と島の水

都会の水は市営プール。島の水は海水浴場。

20年ぶりだろうか、淡水で泳いだ。

驚いたのは、背泳ぎの時、躰が沈んでしまったことだ。

海水の濃度はたしか1.03。浮くのは当然。

海で浮かんだ感覚をそのまま持ち込んだことが原因だった。

都会に戻って週に2回のペースで通って、今は沈まない。

ただ、背泳ぎで見えるのは、天井のみ。

青い空に白い雲は、島に置いてきた。






024.jpg

戦争の雰囲気

サラエボの一発の銃声から第一次世界対戦が勃発したという。

歴史の偶然と必然を話題にする時に必ずでる話しである。

戦争の始まりはこの一発からだが、戦争になった原因ではない。

既に、過飽和の状態の欧州であったから、ちょっと異物を落とすだけで、沸騰するのである。

たまたま、一発であっただけのことだ。

今、朝鮮半島がきな臭いと政府は躍起になって宣伝している。

北朝鮮は朝鮮民族の国家の一つである。文人国家である。武人国家である日本がかれらの立場にあったら、とっくに戦争をしている。

吠える犬は噛まない。

戦争になれば、朝鮮民主主義人民共和国は瞬時に崩壊する。将軍様には亡命先もない。死刑かよくて終身刑である。

その覚悟があるのが武人国家の長で、その覚悟がないのが文人国家の長である。

彼は噛む勇気がないから吠えているのである。

韓国から仕掛けるのはゼロである。ソウルがメチャメチャになるのが目に見えているからだ。戦利品はといえば、何もない。

それでも、軍艦や戦闘機の兵士が現場の雰囲気に負けて偶発的に交戦することはありえる。

だが、サラエボの一発にはならない。

直ちに、国連が動いて、収拾に向かう。

アメリカ、中国、動かない。

戦争なんかありえない。

日本政府は(安倍総理のことだが)戦争を望んでいる。日本にミサイルを発射する余裕がないから、自国は安泰。南北朝鮮を対岸の火であり、千載一遇の奇貨である。

(韓国もこの点をよく理解している。戦争を起こして日本に漁夫の利を得させるほどお人よしではない)

日本政府も先刻承知の助。

それでは、なぜ、扇動をくりかえすのか。

国内の軍需産業の拡大し、アメリカからの兵器輸入を拡大する、政府の狙いはこれである。

毎度のワンパターン。アホくさ。

ミサイル落下時の行動に関するQ&A

今、ネットで、見た。

また、どこぞの週刊誌が部数拡大の意図で、大衆を扇動しているのかと、それをまた、よくも、ネットのニュースの取り上げたものよと感心していたら、これが政府の音頭となっていた。

ついに安倍政権は週刊現代(ほか週刊誌)と発行部数(政権にとっては支持率)を争うことになった。

地震・津波発生時とミサイル落下をうまくごちゃまぜにしたものだ。

朝鮮がミサイルを50発一度に日本に落下させても、都道府県には1発だ。

「こちら日本政府です。只今朝鮮がミサイルを50発発射しました。全部、日本に向かっています。着弾地点は東京は豊島区、埼玉は川越市、宮城は石巻市。以下同文。地域の皆さん、直ちに「ミサイル落下時の行動に関するQ&A」に従って避難してください。繰り返します~」

どこに行けばいいの?

馬鹿げた話しである。

中央官庁の役人はヒマだからこんなことでもして時間を潰すのだが、忙しい地方公務員にとっては迷惑千万である。

たぶん、夕方のテレビでも報道することだろう。
テレビもヒマさえあれば、熱心に扇動することを旨としているものだから。

避難訓練に駆り出されないことを祈って、これを書いた。

付:
弾道ミ北朝鮮ミサイルへの対応、政府が都道府県向けに説明会
朝日新聞デジタル 4/21(金) 14:56配信

ネットの「漢典」はありがたい ― 「柈」 

日本語で目に馴染んでいる漢字なら、中国語での意味はひどい間違いもせず推測できる。

初めての漢字や忘れた漢字はそうはいかない。

先ず文脈からこんなものだろうと見当をつけて、それから辞書の世話になる。

今朝の「柈」がその例である。


聊斎志異 巻之六 河間生

  河間某生,場中積麥穰如丘,家人日取為薪,洞之。有狐居其中,常與主人相見,老翁也。一日,屈主人飲,拱生入洞。生難之,強而後入。入則廊舍華好。即坐,茶酒香烈。但日色蒼黃,不辨中夕。筵罷既出,景物俱杳。翁每夜往夙歸,人莫能跡,問之,則言友朋招飲。生請與俱,翁不可。固請之,翁始諾。挽生臂,疾如乘風,可炊黍時,至一城市。入酒肆,見坐客良多,聚飲頗嘩。乃引生登樓上。下視飲者,几案柈飱,可以指數。翁自下樓,任意取案上酒果,抔來供生,筵中人曾莫之禁。移時,生視一朱衣人前列金橘,命翁取之。翁曰:「此正人,不可近。」生默念:狐與我游,必我邪也。自今以往,我必正!方一注想,覺身不自主,眩墮樓下。飲者大駭,相譁以妖。生仰視,竟非樓上,乃梁間耳。以實告眾。眾審其情確,贈而遣之。問其處,乃魚臺,去河間千里云。


シャープの電子辞書で発音を知ろうとしたが、出ていない。

部首から探す。発音はbanの4声である。

手元の現代漢語と中日大辞典はたきぎとなっている。香坂を見てもやはりたきぎである。

どう考えても「几案たきぎ飱」では不自然である。

そこでいつものように廣漢和を開いた。驚いたことに、載っていない。

最後の頼みは、最近知った「漢典」。

きちんと出ていた。

発音は、banの他にpanの2声があり、panは盤と同じ意味であるとなっている。

panから再び廣漢和を引く。

pan2声の所に載っていた。意味は「はち」・「たらい」

これでようやく納得。

現代漢語は名の示すように今の中国語の辞書である。だからpanがなくても文句はつかない。

廣漢和は日本語としての漢字であるから、今の中国語のbanがなくても、これも文句はつかない。

しかし、中日大辞典は大(大げさの大)を付けている以上、書語・古語もカバーしていなければいけない。

嫌々ながら(私は以前この辞書を欠陥辞書と貶めた)引いて無駄足をしたのは自業自得と諦めた。

以上の“おびたすき”にくらべると「漢典」は神様仏様である。

コピペが自ずから示してくれる。

基本字义
● 柈
pán  
ㄆㄢ
 ◎ 古同“盘”,盘子。

其它字义
● 柈
bàn  
ㄅㄢ
 ◎ 〔~子〕方言,大块的木柴。



付の1:白話

河间生

河间县有个书生,在自家的场上积攒了一个像山丘那样大小的麦穰垛。家人天天从垛上撕麦穰烧,日子一长,把垛上撕了个洞。有一只狐就住在这个洞中,经常变化成一个老翁,去拜见书生。

一天,狐又变化成老翁,请书生去喝酒。到了麦穰垛前,狐翁拱手请书生入洞。书生很为难,狐翁再三邀请,书生才钻了进去。进洞一看,只见房屋走廊,华丽宽敞。坐下后,摆上来的茶、酒都芳香无比。只是日色昏黄,也分不清是白天还是晚上。喝完酒,出来再同头一看,又什么都没有了。

狐翁经常在晚上外出,直到第二天一早才回来,谁也不知他去了哪里。问他,便说是有朋友请他去喝酒。一次,书生请他带自己一同前去,狐翁不答应。书生再三恳求,狐翁才同意,挽住书生的胳膊,快如疾风地往前行去。走了有做顿饭的功夫,来到一个城市。二人走进一家酒店中,只见客人很多,一桌一桌地聚在一起喝酒,一片喧闹声。狐翁领着书生来到楼上,往下看下边喝酒的人,桌几上摆着的菜肴都历历在目。狐翁自己下楼,任意取拿桌上的酒果,捧上来让书生吃,喝酒的人竟一点也不察觉。过了一会儿,书生见楼下一个穿红衣服的人桌上摆着金桔,便请狐翁去拿。狐翁说:“那人是个正派人,我不能接近他!”书生听了这话,心里默想:狐跟我交游,一定是因为我有邪心的缘故;从今往后,我必定要做个正派人!刚想到这里,忽然身子不由自主,头一晕,从楼上掉了下去。楼下喝酒的人大吃一惊,都吵嚷起来,以为是妖怪。书生仰头往上一看,哪里有楼,原来刚才是在房梁上!书生将实情告诉了众人,众人审知他说的是实话,便给他路费,让他走了。书生问众人这是什么地方,得知是山东鱼台县,离河间县已一千多里路了。

付の2:
柴田訳は脚注にこの柈があります。さすがです。

付の3:
注音字母を改めて見直すと、外語中文系入学時を思い出します。次年度からローマ字のピンインに替わりました。

聊斎志異 「厍」と「库」

市街地暮らしに戻って早やひと月。大分落ち着いてきた。

聊斎志異も復活して、原文、白話、柴田訳を併読している。

今日は珍しい物に出合った。

人名が二つの中国語文と柴田訳が違っているのである。

その違いが、例えば「張」と「李」であれば、ただの違いで済ませるが、漢字の姿がよく似ているのが気になった。

前者では「厍」(ピンインではShe、日本語読みではシャ)、後者では「库」(Ku、コ)。

柴田天馬が原文の漢字を見間違えることは考えられない。と言って、ネットの原文と白話が揃って間違えることも考えられない。

恐らく、柴田の採用した写本が「庫」であって、ネットの写本が「厍」であったのだろう。

名前が内容にとって特別な意味はないようである。だからどちらでもかまわない。だから気分転換にはもってこいの材料である。


卷之六 厙將軍

  厙大有,字君實,漢中洋縣人。以武舉隸祖述舜麾下。祖厚遇之,屢蒙拔擢,遷偽周總戎。後覺大勢既去,潛以兵乘祖。祖格拒傷手,因就縛之,納款於總督蔡。至都,夢至冥司,冥王怒其不義,命鬼以沸油澆其足。既醒,足痛不可忍。後腫潰,指盡墮。又益之瘧。輒呼曰:「我誠負義!」遂死。

  異史氏曰:「事偽朝固不足言忠;然國士庸人,因知為報,賢豪之自命宜爾也。是誠可以惕天下之人臣而懷二心者矣。」


卷之六 厍将军

有个叫厍大有的人,字君实,是陕西省汉中洋县人氏。他是个武举人,隶属祖述舜部下。祖述舜给他的待遇很优厚,多次提拔他,并晋升他为后周的总戎。后来,厍大有感到后周政权大势已去,就秘密偷袭祖述舜。祖述舜在格斗中奋力抗拒,结果伤了手,被捆绑起来。

厍大有归顺了总督蔡毓荣。来到都城,梦中到了冥王府。冥王因为厍大有不讲道义,非常生气。命令小鬼用滚沸的油浇在他的脚上。厍大有醒来后,感到双脚疼得难以忍受。后来他的脚肿烂了,脚指全都脱落,又增添了疟疾,总是连声呼叫着说:“我实在是负义之人!”终于死去了。

付:
ネットの無料作品は英語も中国語も希ではありますが、OCRのチェック漏れがあります。私はそれを赤ペンでマークします。罪のない愉快なアラ探しです。

都会の桜、島の桜

何年かぶりに都会の桜を愛でた。

島では3.11の年以外、毎年花見を楽しんだ。そして毎年同じシーンをデジカメにおさめてきた。

同じ桜の花なのに美しさが違う。

それが空の透明度の差からきたものと分かった。

きれいな空気ときれいな水を吸って咲く島の桜。

よどんだ空に頑張っている都会の桜。

(あの年は桜がいつ咲いていつ散ったのか、全然気がつかなかった。そんなゆとりはなかった)


島の桜
島の桜

都会の桜
都会の桜


聚必有散

今浦島の生活もそろそろ落ち着いて、明日、明後日の予定が立つようになり心に少しゆとりができた。

すると、いつのまにか後ろを振り返っている。

モモとリッキーは死別。2百を越える鶏もそうだ。

メリーと愛とチビ助とFanfanは離別。

聊斎志異の《荷花三娘子》に、

聚必有散, 固是常也

とあった。

聚必有散をネットで検索したらこんなものがあった。

  愛別離苦,我們一個人有種種執著,有種種情愛,父母有父母之情,兒女有兒女之情,同學有同學之情,朋友有朋友之情,人不能始終在一起,古人說:「月有陰晴圓缺,人有生離死別」,「天下無不散的宴席」,有生必有死,有聚必有散。 (導師法語)

「天下無不散的宴席」は聊斎志異の《蛇人》に出ている。

この原稿を閉じると、島で一緒に過ごしたファミリーが画面に出てくる。

ただただ、なつかしい。

付:
逢うは別れの始め
頭では理解していても、心は承知していない。
私は未熟者である。

やっぱり敬遠、新聞購読

お試しの最初の二日間、朝刊、夕刊、両方かなり丹念に見てみた。

1ヶ月3千円の価値が有りや無しや。

結果は、残念。

私の生活にまったく無関係の国会、欧州の選挙、ほか知ったからと言ってどうになるわけでもない事柄ばかり。

1週間のお試しをこの最初の二日間で切り上げてしまった。十分だ。

市営図書館に行けば、タダ読みのご同輩(高齢者)がうようよいる。

かれらはタダなら読む。

私はタダでも読まない。

ありがたいことに、読まなくても、購読料を払えとは言ってこない。

見ても見なくても、受信料は払え、払わなければお白洲へと恫喝するNHKとは大違いだ。

まあ、消費税追加増税の際、新聞だけは8%のまま据え置きにすると政府からお墨付きを拝受した権力べったりは今も印象に残っていて、その点では、NHKといい勝負だが。

NHKの新年度予算

国会が全会一致で丸呑みした。反対票ゼロである。

反対票ゼロはいかがわしいから廃案にすることになっているという国があったと昔、聞いたことがある。

そういえば、ヒトラー国会も昭和翼賛国会も全会一致だった。

ディレクターの一人や二人が千万円不正したかどうかを騒ぐのは週刊誌やテレビに任せればいい。こんな出費はへの河童である。

国会が細かい出費に目を通すのは不可能であるし、その必要もない。

あるのは、その収入の方である。

お上のお墨付きをいいことに観ても見なくてもぼったくる徴収制度をどの政党からも異論がでないのは異常というより変態である。

ヤクザのメカジメでさえ、店を構えていない通行人には要求しない。ヤクザ以下、しかも政府のお墨付きとなれば、昔だったら座頭市の世界である。

政府という権力構造がメディアを支配するのは、中国、朝鮮があるが、自由に選ばれた国会議員までが賛成するとは、世界のどこをさがしても見ることができない。

日曜政治討論会という甘いエサに麻痺してしまった野党なんか税金のムダである。

NHK、国会議員、

いらない、いらない、いらない。

日本語のローマ字表記(8) 米語は英語の一方言である

英語と米語の違いは、一つの辞書では対応できない位にまで広がっている。だから、米語と称するのだが、実際は、アメリカ合衆国で使われている方言である。

南米、中米、カリブ、北米、欧州、アジアとドサ回りをした私は、教養あるアメリカ人が話すような純正米語を聞いた経験は米国国内以外では皆無に等しい。

アメリカ駐在の外務省職員でも、アメリカ人以外との交渉では純粋米語を聞く機会は少ないのではないか。

オーストラリア人はオーストラリア英語を話す。
インド人はインド英語を話す。
中国人は中国英語を話す。
ドイツ人はドイツ英語を話す。
カナダ人はカナダ英語を話す。
以下同文。

日本人だけが米語を崇める必要はない。たとえ、政治属国であっても、言語まで属国に甘んじることはない。

日本人はニッポン英語を堂々と、他国に負けずに話せばいい。

私の英語はLとRに気をつけた以外、発音に気を配ったことはなかった。それだからといって、商売や接待に支障をきたしたわけではない。

相手は、jとgの混同をきちんと聞き分けてくれた。aの発音が間違っていても、それで意思疎通に齟齬をきたした記憶はない。

LとRの混同は日本人ばかりではない。東南アジアにもある。これはモームも短編小説で書いていることだ。

私は、この人はLとRを混同しているなと分かるのは、耳でなく話の流れからである。

例えば、

a light choiceがa right choiceであることは、lightの前後のa とchoice、そして話しの流れから判断できる。もっとも、「軽々しい選択」の意味で相手が使ったとしても、やはり流れで分かる。(a light choiceが「軽々しい選択」の英語として正しいか否かがわからなくても)

話す方でも聞く方でも、それぞれの地域の方言でやり合えば、意思疎通にまったく支障がないことを私は言いたいのである。

日本人はニッポン英語でいい。

これは、すなわち英語の授業は国語の時間に国語の教師が教えることが可能であることを意味する。

4年後から、英語が小学校の正式教科になる。

独立させる必要は全然ない。国語の授業で英語を教えればいい。小学校の教師は、中・高・大と10年も英語に接している。シェイクスピアのソネットを教えるなら、発音にも注意を払う必要があるが、ライフ、ジャッジ、ヘルシー、フレンド、デスク、等々小学校で覚える英語なんかすでに日常化しているものばかりだろう、教師はLもRも気にしなくていい。

Global Engishは存在しない、あるのは 多数のEthnic Englishである。

苦労してまで一方言である米語の発音に日本人がこだわることはない。

Viva! Japanese English!

付:

Ong Chi Seng turned away, walked to the door, and put his long slim fingers on the handle. Then, as though on an afterthought, he turned back.
‘Is there anything you wish me to say to my friend, sir?’
Although Ong Chi Seng spoke English so admirably he had still a difficulty with the letter R, and he pronounced it ‘fliend’.
(The Letter)

4月1日 ― 新年度のスタート

元旦もさることながら、気分の一新はやはり4月1日だ。

21年ぶりに戻ってきたここ埼玉坂戸市の印象はモームのMirageとは程遠い。

都会暮らしの快適さが満喫できる。

スーパー
ホームセンター
病院、医院
図書館
市営屋内プール
光通信
 
他、なんでもござれだ。

ブルーライト対策のメガネを早速新調した。これで眼の疲労が軽減されるという。

助走は終わった。今日から巡航走行に入る。


He took rooms in Jermyn Street, he had always wanted to live there, and he went straight to a tailor’s and ordered himself an outfit. Slap up. Then he had a look round the town. It was different from how he remembered it, there was much more traffic and he felt confused and a little at sea. He went to the Criterion and found there was no longer a bar where he had been used to lounge and drink. There was a restaurant in Leicester Square where he had been in the habit of dining when he was in funds, but he could not find it; he supposed it had been torn down. He went to the Pavilion, but there were no women there; he was rather disgusted and went on to the Empire, he found they had done away with the Promenade. It was rather a blow. He could not quite make it out. Well, anyhow, he must be prepared for changes in twenty years, and if he couldn’t do anything else he could get drunk. He had had feverseveral times in China and the change of climate had brought it on again, he wasn’t feeling any too well, and after four or five drinks he was glad to go to bed.
That first day was only a sample of many that followed it. Everything went wrong. Grosely’s voice grew peevish and bitter as he told me how one thing and another had failed him. The old places were gone, the people were different, he found it hard to make friends, he was strangely lonely; he had never expected that in a great city like London. That’s what was wrong with it, London had become too big, it wasn’t the jolly, intimate place it had been in the early nineties. It had gone to pieces. He picked up a few girls, but they weren’t as nice as the girls he had known before, they weren’t the fun they used to be, and he grew dimly conscious that they thought him a rum sort of cove. He was only just over forty and they looked upon him as an old man. When he tried to cotton on to a lot of young fellows standing round a bar they gave him the cold shoulder. Anyway, these young fellows didn’t know how to drink. He’d show them. He got soused every night, it was the only thing to do in that damned place, but, by Jove, it made him feel rotten next day.
                     (MIRAGE)


付:
島暮らし、とりわけ生き物との暮らし、ディスプレイのスライドショーにして毎日語りかけています。

完璧な電子辞書、新発売 ― 中国語編

今朝の新聞を見たら、こんな予告が載っていた。

日本の上級中国語辞書のお粗末さにあきれた漢文学者がついに中国語の電子辞書を刊行した。

漢文学者の他にもちろん新進気鋭の中国語学者が名を揃えている。

中日大辞典をありがたがっている連中は一人も参画していない。

タブレットはA4サイズである。

柱は諸橋漢和である。

それに1980年代までの現代中国語を加えている。全ての用例に出自がついている。それは日常会話など一切ないことを意味している。

繁体字と簡体字は、ワンクリックで交換できる。

当然ながら、手書き入力可である。

大修館の中日大辞典を弾劾しているのはよほどの自信があってのことだろう。

出版元と見れば、傓綸出版社。初めて見る名前である。たぶん大修館のゴーストだろう。自社で中日大辞典を出している手前、そうせざるを得なかったのではなかろうか。

発売日は5月1日。定価20万円也。ネット予約は4月末までで、18万円。

私は、英語に続いてこれも直ちに予約した。支払いは現物到着後でよく、返品自由とのことである。

5月1日が待ち遠しい。

完璧な電子辞書 ― 英語編

今朝の朝刊に載っていた広告である。

ついに刊行、夢の電子辞書  5月1日 日本全国一斉発売

幼稚なコピーだが中身が問題だ。

タブレットはA4サイズ。

コンテンツは以下の通り。

OED
Webster’s Third
Collins
研究社 英和大辞典
小学館 ランダムハウス
Genius 英和大辞典
研究社 和英大辞典
研究社 リーダーズ

もちろん横通しは可能となっている。

定価、20万円也。4月30日までのネット予約で19万円。

私は待ってましたとばかり、予約を入れた。

白内障手術の成功で、両眼、パッチリ。80まであと4年世話になるとしたら1年で5万円の出費である。新聞購読の4万円を思えば、安いものだ。たとえ、2年で私が朽ちたとしても、年10万。2年落ちなら、オークションに出品すれば、4万にはなる。ひょっとすると引く手あまたで10万になるかもしれない。やはり安いものだ。

今の私の部屋は辞書が辞書だらけ。総重量は20キロになんなんとする。これがこの電子辞書1台ですべて不要になる。

その上、一々同じ単語を辞書毎に引く手間が省ける。残年わずかな私には時は価千金である。

早く来い来い5月のメーデー。

付:版元はNekata com。怪しいが現物を確かめてから支払えばいい。

4月1日 ― 新年度のスタート

元旦もさることながら、気分の一新はやはり4月1日だ。

21年ぶりに戻ってきたここ埼玉坂戸市の印象はモームのMirageとは程遠い。

都会暮らしの快適さが満喫できる。

スーパー
ホームセンター
病院、医院
図書館
市営屋内プール
光通信
 
他、なんでもござれだ。

ブルーライト対策のメガネを早速新調した。これで眼の疲労が軽減されるという。

助走は終わった。今日から定速走行に入る。


He took rooms in Jermyn Street, he had always wanted to live there, and he went straight to a tailor’s and ordered himself an outfit. Slap up. Then he had a look round the town. It was different from how he remembered it, there was much more traffic and he felt confused and a little at sea. He went to the Criterion and found there was no longer a bar where he had been used to lounge and drink. There was a restaurant in Leicester Square where he had been in the habit of dining when he was in funds, but he could not find it; he supposed it had been torn down. He went to the Pavilion, but there were no women there; he was rather disgusted and went on to the Empire, he found they had done away with the Promenade. It was rather a blow. He could not quite make it out. Well, anyhow, he must be prepared for changes in twenty years, and if he couldn’t do anything else he could get drunk. He had had fever several times in China and the change of climate had brought it on again, he wasn’t feeling any too well, and after four or five drinks he was glad to go to bed.
That first day was only a sample of many that followed it. Everything went wrong. Grosely’s voice grew peevish and bitter as he told me how one thing and another had failed him. The old places were gone, the people were different, he found it hard to make friends, he was strangely lonely; he had never expected that in a great city like London. That’s what was wrong with it, London had become too big, it wasn’t the jolly, intimate place it had been in the early nineties. It had gone to pieces. He picked up a few girls, but they weren’t as nice as the girls he had known before, they weren’t the fun they used to be, and he grew dimly conscious that they thought him a rum sort of cove. He was only just over forty and they looked upon him as an old man. When he tried to cotton on to a lot of young fellows standing round a bar they gave him the cold shoulder. Anyway, these young fellows didn’t know how to drink. He’d show them. He got soused every night, it was the only thing to do in that damned place, but, by Jove, it made him feel rotten next day.
      (MIRAGE)


付:
島暮らし、とりわけ生き物との暮らし、ディスプレイのスライドショーにして毎日声を掛けています。

FC2Ad