老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

再発した目まいと吐き気

一昨日、元気回復とばかり、少し海に入った。薄曇りで日差しは強くない。

ラジオ体操の代わりのつもりだから、早々と引き上げた。

市営のシャワーがまだ出ているから、石鹸で体を洗う。自宅の風呂は灯油が空になっているからだ。組合まで買いに行くのが面倒で、空のままになっている。ヒトはアカでは死なないそうだ。背中がかゆい時は孫の手を借りる。

シャンプーは持参しない。理由は我がプロフィールで分かってもらえるだろう。

ヤレヤレと思ったら、昨日の朝、また目まいと吐き気がした。

原因は暑熱障害ではなかった。ゲームのやり過ぎだったのだ。

モモがいなくなってからというもの、ベッドに入ってから寝付くまで恐ろしく時間が掛かるようになった。

変化がない昼間の延長で、毎夜同じである。

それで、なんとか寝付きがよくならないかと模索した結果が、ゲーム機である。

ゲームをやっていく、ゲーム機が手から落ちる、それが睡眠の入り口ということで、我ながら賢い解決策と悦に入った。

深夜零時、ベッドに横たわる。30分でストンか1時間でストンか本人の私には分からない。ただいくつもゲームをやるから、30分より短いはずはないと思っている。

これが吐き気と目まいの原因である。

家電製品の取扱説明書は、ステロタイプの注意書きだから読んだためしがない。

ゲーム機もどうせ似たようなものだろうと飛ばしてきた。

今日、初めて真剣に読んだ。

曰く、
長時間遊んでいると、吐き気や目まいの症状がでることがあります。良い子のみなさん、注意しましょうとあった。

どちらかと言えば悪い老人の部類に入る私にも当てはまることを知った。

暑熱障害は私のいつもの悪い癖、早とちり。

今日から、ゲーム機は見えない場所に隠すことにした。

寝付くまでどうするか。今のところ良い知恵が浮かんでこない。

終戦月間・・・再び「ビルマの竪琴」

世の中には、ヒマな人もいればいるものだ。

この作品の舞台を確かめにビルマまで出かけた学者がいる。そして収容所のあった場所は確かめることができなかったと言っている。

ビルマの竪琴の舞台は心象ですよ。

この学者は、岩手の隅々まで行ってきましたが、イーハートーブはありませんでしたと言うだろう。

水島上等兵を想像させる日本人がいた、医者だそうだ。

ここまでくれば、バカ丸出しである。

もう一人のヒマ人がいる。

僧侶が竪琴を奏でるはずがない。破戒行為であるからだそうだ。このお方もフィクションと現実の見分けがつかないでいる。

混ぜっ返せば、日本人の僧侶だから、大目に見てやろうと例外を作ったかもしれない、彼の竪琴から出る音があまりにも良かったので、時折皆で聴いたかもしれない。

遺骨収集にしてもそうだ。ビルマの僧侶はしなくても、日本人だから許されたのかもしれない。こうなれば、ビルマ人の寛大さが行間にうかがえるというものだ。

そもそも竪琴にイギリス歌曲の和音が奏でられるわけがないと言い切る。

弦楽器の音は、弦の重さ、長さ、張り具合、温度、湿度などで決まる。温度、湿度で変わるから、弦楽器奏者は年中調弦で苦労しているのである。

弦の調整である範囲の音域なら竪琴は十分に出せる。「埴生の宿」は、ご存知のとおり、小学生の音楽である。

農家の次男、三男に、「フィガロの結婚」のアリアを歌わせない。狭い音域の「埴生の宿」は竪琴でも尺八でも演奏可能である。

このヒマ人は音楽の専門家ではない。言語文化の研究の大御所である。音楽も文化であるが、それならもう少し勉強してから物を言ってもらいたい。

この人の名は、根本敦、東京外国語大学アジア・アフリカ言語研究所勤務である。

「ビルマの竪琴」に描かれているビルマについては、お粗末であることがしばしば指摘されているそうだ。

私は、お粗末なのはお前たちだと言い返す。

私は、8月が来る限り私設映画館で「ビルマの竪琴」を何回でも鑑賞するつもりでいる。

付の1.
日本侵略の戦争責任が欠けているとも批判されています。こういう批判をするなら宮沢賢治の作品なんか味噌糞でしょう。ベートーベンをメンデルスゾーンの明るさがないと誰が批判しますか。バカバカしい。
付の2.
原作者の竹山なる小説家を、ビルマに一度も行っていないと、批判しています。だったらジュール・ベルヌはどうなの、世界一周はしていません、火星に行っていませんよ。バカバカしい。
付の3.
このヒマな学者、教室でリメイクを上映しました。リメイクは駄作です(何度もこのブログで繰り返しています)。ヒマにまかせて、是非オリジナル版を御覧ください。己の浅はかさに恥じ入りますから。

終戦月間・・・靖國神社の俗化を嘆ず

島に別荘を持っていた知人から3年前私が聞いた話です。

数十年ぶりに靖國神社に行ったそうで、そこで見たのは、屋台とけばけばしい広告だったということでした。

とても英霊は静かに眠れない、と嘆いていました。

8月に決まって話題にするマスコミや議会や近隣2カ国は、本当に靖國神社を見ているのか、疑うとも話してくれました。

あれだけ俗化していれば、語るのも馬鹿らしくなるそうです。

私は、九段下の靖國神社はここ50年行っていません。機会があれば、参拝したいと思っていましたが、知人の話しを聞いて、意欲が大分薄らぎました。

霊峰富士山が商売の対象になる昨今、靖國神社が金儲けに走るのを非難できません。

A級戦犯を分祀するのは間違いです。名も無き戦死者全員を静かな山奥に移すことです。

日本は山川草木、まだまだ豊かです。訪れる人がいなくてもいいではないですか。空々しい誓いを述べる総理大臣の声を聞かなくて却って安らかではないでしょうか。

靖國、国の安らぎは文字面。民の安らぎは、もはや靖國神社では得られません。

私の知人はウソつきではありません。主観や偏見で物を見る人でもありません。

行かない方が、精神衛生上いいとアドバイスを受けていますが、それでも。いつか自分の目で「俗化」を確認したいと思っています。

終戦月間・・・「靖國で会おう」

私は子供の頃の記憶はかなり鮮明であるつもりですが、この言葉は思い出せません。

日本兵が、戦地に向かう時、離れ離れになる戦友に掛ける挨拶だそうです。

日本人の自虐性はハラキリで世界的に有名。その延長線上の言葉です。神風特攻隊と人間魚雷が江戸時代の遺物でないことを語っています。

戦場で何が隊長を一番悩ますかといえば、部下の無事帰還をどうやって可能にするかであります。

白兵戦で勝つのも、相手側の歩兵が死に、自軍の歩兵が生き続けるから意味があります。

戦場に向かう兵隊が、最初から死を受け入れるのであれば、隊長は何も悩むことはありません。不利とみれば、兵隊に死んでもらい、私はスタコラサッサ。

「靖國で会おう」と誓った戦友にも「希望通りだ」と顔向けができます。

アメリカは、「アーリントンで会おう」なんて戦友に向かっていったら、張り倒されるのが関の山でしょう。

民族のメンタリティーは戦争でその本質が顕在化します。

国家的危機でも表面化します。

東電福島原発を御覧ください。日本人の本質が見えますから。

弱い者が弱いままでおとなしく権力に従います、自分の命や健康までも捧げて。

大昔から日本人は自虐性向があるのです。権力者は安んじて権力を行使できます。

海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね)
山行かば 草生(くさむ)す屍
大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ
かへりみはせじ
(万葉集)

終戦月間・・・靖國神社と昭和天皇

今年の終戦月間も、何事も無く無事にそして無意味に今日で終わります。

原爆、敗戦と一通りのセレモニー、それを報道するNHKや新聞社。何事も無くという言い方は決して失礼にあたりません。

来年の終戦月間のために、式典に使った道具は式の当日ほどではないにせよおごそかに倉庫に収められました。NHKは、読み上げた原稿を少し改めて元の記録媒体に戻しました。新聞社は、記事を見習い小僧にスクラップさせました。

私も、今日を戦争月間の区切りと思っています。

先ず、昭和天皇。

A級戦犯の合祀以後、靖國参拝はしていません。偶然の一致でないことが、富田メモで分かりました。

偶然の一致であると思い込みたい愛国者たちは、このメモの信憑性を疑っています。

メモがでっち上げであるとは考えにくいのですが、百歩譲ってそうであっても、一致していることは歴史的事実であります。

兼好法師が、記録なんかウソの塊だ、信じるに値しないととっくの昔私に耳打ちしてくれています。

富田メモを改めて読み直しました。

~~~~~

私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白取までもが、 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが、 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と 松平は 平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っている だから 私あれ以来参拝していない、それが私の心だ(原文のまま)(Wikipedia)

~~~~~

東條英機以下大日本帝国の指導者がA級に選ばれたのならば、昭和天皇自身は超A級ということになります。

天皇ご自身はご自身も東條英機も戦犯という認識はなかったし、戦争や軍人そのものは否定しなかったのです。

では、なぜ天皇はA級戦犯を嫌ったのか。

戦争に失敗したからでしょうか。否。
多数の軍人を失ったからでしょうか。否。

御前会議でA級戦犯たちがウソの戦況報告をしたからです。形勢が傾けば、勝った勝ったと報告すればするほど、ウソが拡大する。

東電の原発事故がこの流れを素直に引き継いでいますね。

昭和天皇は、御前会議のウソを見抜けなかったから、その罪は重いという人がいたら、間違いです。

自室に戻り、こっそりラジオを聞いたとしても、アナウンサーは敵艦10艘撃沈、自軍の損失軽微なんていけしゃあしゃあと語るのですから、役に立つどころではありません。

新聞を侍従に命じて、こっそり(今の)讀賣、毎日、朝日を持ってこさせても、我が兵士、勇敢なり、敵たまらず遁走が5段抜き。これも役に立ちません。

昭和天皇を非難する人は不遜です。菊の御紋章に対してでなく、自分がその立場に置かれたら、昭和天皇以上に戦況把握ができるか、これの自問がないからです。

昭和天皇はA級戦犯を戦争犯罪人という意味で使ったのではありません。ご自身の判断を誤らせたウソつきをA級と呼んだのです。

神風特攻隊、人間魚雷、これらの報告はなされていたかもしれません。しかし、これはやけのやんぱちからでなく、しばらくこの作戦をすれば大勝和平媾和間違いなしとウソの添え書きがあったはずです。

私は、靖國神社にどれほどの英霊が祀られているか知りません。分かっていることは、数人か数十人かのウソつき野郎(A級戦犯)が靖國に祀られているために、無心に戦いそして「死んでいった名も無き日本兵が「多大なご迷惑」を被っていることです。

隣国の韓国や中国からとやかく言われるようでは日本人の愛国心が泣きます。

言われる前に、ウソつき野郎を割り箸でつまんでどこか静かな山林に埋めることです。

日本共産党の委員長が、内閣総理大臣と揃って参拝なんて、思っただけでもほのぼのします。

戦死者に敵味方はありません。外国の要人が来日すれば決まって靖國神社で献花するでしょう。

習近平さんやパククネさんが来日したとき、真っ先に献花するようになるまでは、負の遺産は日本から消えません。

昭和天皇はこれなくしてはご成仏されません。

化学は悪い、物理は良い、ご冗談を

世の中、不思議なことで一杯だが、これほど不思議なことはない。

化学兵器は禁止する。国際条約があるそうだ。

化学の授業があれば物理の授業もある。

なんで物理兵器は良いのか。

殺される側の苦痛。

ご冗談を。戦争映画では、バババ、ドカ~ンでエキストラやCG人間がバタバタ倒れてお終いにするのが主流だが、とんでもない。現実はモルヒネの次に仲間にピストルで撃ってくれと息絶え絶えに頼むものだ。そういう映画があるので私は想像する。

苦痛の問題ではない。

これは軍需産業繁栄国家のカルテルである。

軽機関銃を作るとすれば、生産ラインが必要になる。電力も大量に必要になる。そういう物理的環境が必須である。

そんじょそこらの国がおいそれと作れるわけがない。

化学兵器は、昔の錬金術師ほどの知識とフラスコとビーカーがあれば、簡単にできる。

敵の重装備した歩兵の頭上に撒くことだって、風船一つあればOKだ。

これでは、軍需産業の飯の食い上げになってします。

それで、化学兵器は使用禁止となったのである。

アメリカの記録映画で、日本兵が潜んでいる洞窟に火炎放射器を浴びせるシーンがある。何度も見た。その度に、戦死に良い悪いはない、死に方に良い悪はないと沈んだものだ。

戦争は人間の業である。人間から戦争を奪うことは出来ない相談である。

だから、私は、戦争したい国はすればいいと思っている。日本の外で、日本人抜きで、思う存分やればいい。

ただし武器は一切使わないこと、犬馬など他の生き物を巻き添えにしないこと、戦場の樹木や土地に傷つけないこと、これが絶対条件である。

化学兵器禁止が国際条約になった。ならば、物理兵器だって禁止できないはずはない。

いつもの結論になってしまうが、赤い椿も白い椿も椿は椿だ。兵器に化学も物理もない。共に人殺しの道具である。

付の1.
武器を輸出する国が国連の常任理事国ですよ、ご冗談じゃありません。
付の2.
今夜(30日)7時のニュースを聴きました。菅さんが、化学兵器は人道上許されないだとさ。冗談じゃありません。

パン事務総長の賢いこと

韓国国内で日本政府に忠言を呈しておいて、一歩韓国の外に出れば、国連事務総長としての発言をする。

この見事は使い分けに、私は、なるほど国連のトップに選ばれるだけのことはあると感心した。

菅さんは、ハーグでのパンさんの発言で一件落着とした。菅さんもいい判断を下した。

ネチネチ続けようと思えば、一つ、立ち話でなくキチンとテーブルを挟んで向き合い、議事録を取っておきたい、二つ、日本のみについてではない、とは日本が含まれていることを意味しそれを撤回していない、この2点でやれないことはない。

やれば藪蛇になると知ったからか、あるいはアメリカからお叱りを受けたのか、私は知らない。

ネットニュースで知ったのは、パン総長の発言を「釈明」と政府がこじつけたことだけである。立ち話で済まされるような釈明になんで日本の官房長官が口を出したのか。

釈明を使えば、パンさんの失言ないし言葉不足ということで日本は無傷でいられる。

これが菅さんの魂胆である。

「日本のみならず」これがウヤムヤになってしまった。

歴史認識の再検討を、パン事務総長は一韓国人として、世界に通用する常識人として、日本政府に迫っていることは、いささかも変わっていない。

付:
安倍首相の平和政策は承知していると言ったのは、立ち話に時間を取られたくないからでした。いいよ、いいよ、バイバイ、私しゃあんたのようにヒマじゃないからね。

~~~~~~

表現したことに違和感
「日本だけのことでない」=歴史認識、国連総長が釈明
時事通信8月29日(木)1時30分配信
 外務省によると、国連の潘基文事務総長は28日、オランダのハーグで開かれた会合で松山政司外務副大臣と立ち話をし、「正しい歴史認識が必要だ」などとした自身の記者会見での発言について、「中立的なもので、日本のみについて指摘したものではない」と釈明した。松山氏が発言の真意を確かめたのに対して答えたという。
 潘氏は「日中韓3カ国の指導者は過去に起きたことをしっかり理解し、それを克服していくべきだとの趣旨だ」と強調。会見で「日本の政治指導者」と名指ししたことに関しても、「日本の憲法改正について問われたためだ」と説明した。
 その上で「歴史認識に関する安倍政権の立場や、平和国家としての日本政府の努力はよく承知している」と表明。「日本で発言の趣旨が誤解され報道されていることは残念だ」と語った。
 潘氏は26日にソウルで行った会見で、日本と中韓両国との摩擦について「(北東アジアの)指導者の正しい歴史認識が必要だ」などと発言。これに対し、菅義偉官房長官は「わが国の立場を認識した上で(発言が)行われているのか非常に疑問」と不快感を示し、発言の真意を確認したいと語っていた。

初診料 1万円也

大病院必ずしも名医存せず。

大病院は大病、中病院は中病、小病院は小病、この住み分けは正しい。

軽い病気で大病院に来られては、大病患者が順番待ちとなる。順番を待っている間に、お寺に回されるかもしれない。

良くないことだ。

軽い病気か重い病気か、当人の患者は分からない。自分では軽いと思っても即入院となることもあれば、明日にも死ぬかと病院に駆け込むと、砂糖水でも飲みなさいと追い返されることもある。

だから、まず、小病院に行く。砂糖水の処方で済めば、これに越したことはない。

そこの先生が、こりゃ手に負えんと思えば、中病院に回す。そこでもだめなら大病院となる。

大病院は大病患者だけの順番待ちとなる。お寺に向かう割合は激減する。

小病院で砂糖水を渡された患者は、自分の病気が零細規模であったことを知り、ハッピーになる。


万事カネの日本国民に良識を求めてもムダということをよく知っている厚労省は、この名案をカネでうまく機能させようとしている。

初診料1万円也。大賛成。

~~~~~~

◆大病院、紹介状ない初診「1万円」 患者分散へ(日経ニュース有料会員限定)
 厚生労働省は紹介状を持たずに大病院に来る人に、定額負担を求める方針を固めた。金額は1万円を軸に検討し、2016年度をメドに始める。軽い病気でも大病院に行く患者が多いため大病院が救急医療など本来の役割を十分に果たせない問題に対応する。まず患者が地元の「かかりつけ医」を訪ね、そこで大病院が必要か判断するよう誘導し、医療を効率的にする。過剰診療を避け、医療費の節減につなげる狙いもある。

海上保安庁の増員計画

500人の増員が尖閣諸島を守るために必要だとして、予算を請求するという。

鳥しか通わぬあんな遠い「国土」の守りに狩り出される海上保安庁の職員は哀れだ。

現代版防人だ。私に和歌の才が備わっていれば、歌の2~3首でも献上してやりたい。

小なりとはいえ、名ばかりとはいえ私は船長を去年までやっていた。海上保安庁の任務は漁船の安全、海難救助、密漁監視などであって、国土防衛は主たる任務ではない。免許更新の時に聞いた覚えがある。海賊から日本の船舶・船員を守ることはあっても、外国籍船の領海侵犯を阻止するのは業務としては、副次である。

領海侵犯への対応は自衛隊の仕事である。国土と国民を外国から守るためにこそ自衛隊があるのではないか。

海上保安庁の職員が国土を守っている間、瀬戸内海で軍艦ゴッコを遊んでいるとはどういうことだ。

500人の増員にどれほど国家予算が必要なのか。そのカネを防災に回したら、どれほど高速道路の補修ができるのか。

海上自衛隊が尖閣諸島を守らないのは、安倍首相の判断ではない。中国政府とアメリカ政府の協議によるものである。海上自衛隊を出動させてならない、このアメリカの一言で、安倍首相は身動きがとれないでいるのである。

それでは、尖閣諸島への領海侵犯は止められない、日本の国土を守るのは首相である私の国民に対する責任である。責任回避は私にはできない。

こんな気迫があれば、見直してもいい。実際は、舌三寸で、国を守る、国を守ると念仏を唱えていながら、領海侵犯に、海上保安庁のマイク放送で、「ここは日本ですよ、お引き取りください」をがなるだけ。

なにが「国を守ります」だ。

500人をそれでも必要というなら、海上自衛隊から500人、尖閣に回すことだ。どんな船で行くかは幕僚監部が決めればいい、旭日旗を堂々と掲げることだけは絶対にやめてはならない。旗は軍の象徴。これをいい加減にしては隊員の士気に影響するし、何よりも侵犯国に軽く見られる。

法整備の必要はあるまい。500人を海上保安庁に出向させる方がずっと法整備が難しいはずだ。

そろそろ、我ながらアホらしくなってきた。

一つ。将来のある若者500人を尖閣なんかで無為に消耗するな。
一つ。500人の雇用に必要な予算は、防災に振り向けよ。
一つ。海上自衛隊を遊ばせるな。任務を遂行させよ。尖閣に向かわせろ。
一つ。自衛隊に出動させなければ、かっこいいことは言うな。

これで、終わりとする。

付の1.
私は尖閣諸島は釣魚島に改名した方が「国益」になるとの考えでいます。自衛隊無用論者でもあります。今日のブログは私の反物質とご理解ください。
付の2.
昨日のラジオによりました。
付の3.
マイク放送だけなら、いっそラジコン警備艇にしたらいいかが。通信衛星でコントロールできるでしょう。

化学兵器・・・虫コロリ

ムカデの最盛期は過ぎた。安心していた矢先、昨日、首の所がムズムズしたので、とっさに払いのけたら、体長15センチのムカデ。ビックリした。敵は一目散に遠くに逃げる。私は虫コロリを取りに玄関に飛び出す。

見当たらない。整理整頓を疎かにした罰である。探して戻ったときにはもういない。敵もビックリしたのだ。

結果論的だが、お陰で殺生はしないで済んだ。

この虫コロリ、名ばかりで、白粉をパッパッと噴きつけると、ムカデはのた打ち回る。もう死んだと思って割り箸でつつくと、最後の抵抗とばかり箸に噛みつく。

以前、動かないから死んだものと思って、ティッシュで摘んだら、嫌というほど噛まれた。痛いの痛くないの。ムカデは2時間や3時間生きている。

その間、息も絶え絶えに苦しんでいたのだろう。のたうち回る力が残っていなくても、苦しいはずだ。

今は、アブの最盛期。来るものは拒まずの我が家は、雨が降らない日は、窓を開ける。網戸は付いていたが、網がボロボロになったので、スカスカのまま。アブに家の内と外の見分けがつけられないから、どんどん入ってくる。

うるさい。静かになったと思うと、私の体のどこかに止まっている。そして、刺す。これがめっぽう痛い。この痛み、数日続く。

ハエたたきで叩こうにも、前後左右加えて上下、気ままに(人にはそう見えるだけか)猛スピードで飛ぶから、無理である。座頭市なら目にも留まらぬ速さで真っ二つにするだろうが、こちら、両目は開いていても、半分は盲。

やむなく、アースジェットを使う。コーヒーカップを台所に移して、盲滅法に噴霧する。敵の飛行とこちらの照射はすぐ一致する。

アブはストンと畳に落ちる。それからが大変だ。ひっくり返って、バタバタ羽音をたてる。体はグルグル回る。音を聞いいただけでも、苦しいのが分かるのに、悶えている姿を見みれば、これでは私は地獄行きが約束されたようなものと嫌になる。

虫コロリもアースジェットも、私に危害を加える生き物の排除のためにある。自国を遠く離れて戦争するアメリカと違って、裏山のヤブにまで出かけて退治するつもりはない。しかし、19坪かそこらの我が家の中からは排除したい。私の生存権は確保したい。

私はこの虫コロリとアースジェットを手にする度に思う。

敵が悶え苦しむことのないような薬ができないものだろうか。

一番いいのは、シュッと一吹きすれば、慌てて外に飛び出し、もうコリゴリと二度と家に入ってこない薬を開発することだ。

殺生はよくない。天国に上げるか地獄に落すか、そろそろ神様と閻魔様が決める年齢に来ている。地獄落ちは覚悟しているが、できることなら情状酌量の余地を残しておきたいのである。

付:
シリアで化学兵器が使われた。使った側がどっちだ、あっちだ、あっちだと、例によってアメリカが騒いでいるのを、横目で見ながら書きました。そろそろ空爆でもやらないとミサイルが倉庫からあふれて、次の発注ができないじゃないですか。

真性熱中症な私

8月5日が初泳ぎで、中一日だけ抜けて13日までの8日間、白浜で泳いだ。

60になって、消波堤に行くのはよした。まだ大丈夫、まだ大丈夫とやっていけば、いつかやっぱりダメでしたの時が来て、島の消防団の皆さん他に「多大なご迷惑をお掛けする」ことになる(年中耳にしているので、暗記してしまった)。本人は土左衛門に改名することで終わるが、やはりいいことではない。

今は遊泳区域の標識であるロープまでと自主規制している。距離は半分位か。

例年は、お盆が過ぎて、海水浴客が来なくなってから、泳ぐ。それも日中は避けて、午後3時から4時である。人がまったく浜からいなくなるのだ。

今年は、来年の保証がなさそうなので、真夏の午後1時、それも毎日泳いでは浜に寝そべった。

我が世の夏を満喫した。ここまでは上出来。

忘れもしない14日。目まいと吐き気で起きられない。天井が右から左へ移動する。

昼間はタダ息をしている状態。夕方にまた目まいがした。

こりゃいかん、それで19日まで外出禁止令。メリーが怒りだしても聞こえない振りをして、散歩にでかけない。

周りの人は熱中症じゃと言うが、真面目に聞かなかった。

熱中症というのは、畑や道端で突然意識を失う、倒れる、さもなければ蒸し暑い部屋で呼吸困難になるものとばかり思っていた。

まさか、熱中症が体内に「蓄熱」されて、翌朝に発症するとは、夢にも思っていなかった。

今日、ネットで熱中症を検索したら、私の症状はピッタリあった。
~~~~~
II度(中等症)
 強い疲労感、めまい、頭痛、嘔気(おうき)、嘔吐(おうと)、下痢、体温の軽度上昇の組み合わせ~
~~~~~
このレベル2でも、人によっては死ぬらしい。

都会の仲間に、さぞ暑かろう、こちらは別世界だよ、くれぐれも熱中症には注意、なんてしたり顔をしていた私が恥ずかしい。

ついでだから言ってしまうと、熱中症は高齢者に多いというニュースを聞く度に、自己管理ができないようでは、老人の風上にも置けないとバカにしていた。当の私がそのバカであることも確認した。

目まい、吐き気はここ10日起きていない。昨日は久しぶりに海に入った。海水温はもうぬるくない。程度のヒヤリ感が気持よかった。

今日は、暑さが戻り室温26℃。連チャンは止めておく。寝たり座ったり、ダラダラの一日である。

来年はないかもしれないが、明日はあるさ。

Quizás,quizás, quizás!

付の1.
「お買い物中毒な私」映画の題名です。「お買い物中毒の私」ではないでしょうか。「熱中症な私」は真似です。
付の2.
熱中症はなんとなくユーモラス。暑熱障害と呼びたいですね。

(押入れの上段はリッキーのお気に入り。モモの世話優先だった半年近く、私に構ってもらえなかったためか、モモがいなくなって寂しいためか、私の視界から余り出ようとしません。ネコって屈託がなくていいです)

福島原発の後始末は外人に任せよ

「絶対にないとは言い切れない」
「可能性は否定出来ない」

こういう言葉を聞くと、私のイライラは最高潮に達する。

東電は今もこの調子だ。

前に書いたように、社長以下課長、主任までみな同質だからいつまでたっても、こんな言い方を聞かされるのだ。

東電社員は、連日連夜の事後処理で神経が参っているはずだ。学業優秀ではあるが、小さい時から危機に直面した経験はない。原発事故のような国家的規模の危機をどう乗り越えるべきかなど、求める方が、バカである。

神経の図太い社員なら、な~に、後ろには東大教授(一部ですが)、新聞社(一部ですが)、政府、連合、オイラの味方だい、アタシの味方よ、とうそぶく。

どっちにしても、東電社員はもうアウトである。自分から言い出せないのは、インパール作戦の作戦会議に見るように、日本人の悪い癖である。

これを責めても始まらない。

対策は一つ。

外国人を招聘することである。危機管理無しでは、国家の存続が危うい国から呼ぶことである。

私は、アメリカのFBI のエリートもしくはイスラエルの情報部門経験者が適当と思っている。

アメリカ、イスラエルでなくても、この分野のユダヤ人なら世界のどこからでもいい。

国家機密や言葉や面子の問題は、事故の収束の前には反対する理由にならない。

ニッサンはゴーンで復活した。サッカー日本の監督はイタリア人である。これを屈辱と受け取る日本人はいない。

業務をこなす才能と人間を指揮する才能は別であることを知っているからである。

優れた指揮官とその子分を一刻も早く日本に来てもらうよう政府関係者は努力すべきである。

付の1.
大臣がチェルノブイリを視察するのも結構ですが、優れた外国人のスカウトが先ですよ。
付の2.
在外外務官僚は、この手のリストをいつでも出せるようにしていなければいけません。
付の3.
不得意な分野に外国人を招聘した例は、弥生時代から明治時代まであったのではないでしょうか。当時の日本人は短所を自覚していたのですね。謙虚でした。
付の4.
「できない」と言えないのが学業優秀者の習性です。出来そうもないことが分かったら、周りが外してあげないと、本人の不幸です。

~~~~~~

海水の放射能急増、1週間で8~18倍 福島第一の湾内
朝日新聞デジタル 8月24日(土)5時47分配信

タンクを調査する原子力規制委員会のメンバーら=23日、東京電力福島第一原発、原子力規制委提供
 東京電力は23日、福島第一原発の港湾内で採取した海水の放射性トリチウム(三重水素)の濃度が1週間で8~18倍に高くなったと発表した。1~3号機周辺の地下水汚染の発覚で、監視を強めた6月以降では過去最高。港湾外への放射能汚染の拡大が進んでいるとみられる。

 東電によると、原発から約500メートル離れた港湾口で19日に採取した海水から1リットルあたり68ベクレルを検出。12日は検出限界未満だった。港湾内の4カ所でも52~67ベクレルと6月以降で最高だった。だが、いずれの値も国の基準は下回っている。

菅さん、日本人を笑い者にさせないで

パン事務総長が日本に忠言を提した。菅さんがこれを不快とした。国連総会の冒頭で、特に発言したため、場違いに不快を感じたものと最初思った。

そうではない、韓国の中で、国連に無関係の場での発言だった。パンさんのお国はご存知韓国。里帰りすれば、韓国人の一人である。そのパンさんが一韓国人として自分の考えを述べて何が不都合であろう。

国連事務総長の地位にありながら、と言うのなら、日本の政治家の靖国参拝がどうなのかと切り返される。

歴代の総理が部下の大臣の参拝を問われると何と釈明するか。一私人の行動に私はコメントする立場でない、これでなかったか。

パンさんを追求すれば、国連事務総長の立場で発言したものではない、一韓国人としてコメントしたのだ、と応じられ、菅さんはグウの音もでなくなる(常識人であるとの前提ではあるが)。

やぶ蛇である。

このパンさんの発言は一韓国人からであっても、実際は国連の大勢の考えを代弁している。少なくとも、アメリカ、中国はこの考えでいる。日本政府は、この点に目を向けなければいけない。

これ以上、パン発言を不愉快だ、不愉快だとつぶやけば、自由選挙で安倍政権を誕生させた有権者が笑い者にされる。

騒ぎの拡大は産経新聞なんかに任せておくことだ。愛国主義者が動員され,面白おかしく陰気と邪気を日本海にバラまいてくれる。

日本国民は、あれは一新聞社のご意見でございまして、とぼけることができる。名案ではないか。

付の1.
平和と繁栄のための努力とはオドロキ。アジアのどこにでも24時間以内に空爆できる米軍を駐留させておいて、何が平和ですか。憲法を無視して世界有数の軍事力を保有して何が平和ですか。どこに努力の跡がありますか。こんな発言をする議員を誰が選んだのですか、フシギ~(桃色吐息調)
付の2.
日本の国会議員が里帰りすると、ろくでもない失言が飛び出しますね。本人はホンネを語っているのにマスコミが失言失言と騒ぐ。本人には気の毒ですね。確かにホンネにしてはお粗末です。パンさんは、里でもまともな発言をしました。月とスッポンとはこういう時の言葉でしょうか。
付の3.
菅さん、菅直人さんと間違えました。ラジオの「スガ」さんと菅さんが一致したのは最近です。すいません。ハシシタと橋下以来の日本語の勉強でした。

~~~~~~

国連総長発言「非常に疑問」=菅官房長官が不快感
時事通信 8月27日(火)11時12分配信

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、国連の潘基文事務総長が安倍晋三首相を念頭に「正しい歴史認識が必要だ」と発言したことに関し、「わが国の立場を認識した上で(発言が)行われているのかどうか、非常に疑問を感じている」と不快感を示した。
 その上で菅長官は「事務総長(発言)の真意を確認し、引き続き、日本の立場を国連などで説明していきたい」と述べた。
 菅長官は、安倍政権の外交姿勢について「首相は地域の平和と安定のため、首脳同士が意見交換する必要があるとして、韓国や中国に対し、懸案がある中でも対話を行っていくべきだと(言っている)」と説明。「わが国は戦後、今日に至るまで、まさに平和と繁栄のために努力をした国家だ」とも強調した。 

潘基文国連事務総長、異例の発言…安倍政権批判
読売新聞 8月26日(月)19時30分配信

 【ソウル=中川孝之】韓国出身の潘基文(パンギムン)国連事務総長は26日、ソウルの外交省で記者会見し、日本の憲法改正論議を巡り、「正しい歴史(認識)が、良き国家関係を維持する。日本の政治指導者には深い省察と、国際的な未来を見通す展望が必要だ」と述べた。

 韓国政府の立場に同調した安倍政権批判と言え、国連事務総長の発言としては異例だ。

 発言は、「日本の平和憲法修正の動きに関する国連の立場」について答えたもの。潘事務総長はまた、日本が中韓と歴史や領土を巡り対立している現状に関し、「歴史について正しい認識を持つことが必要だ。そうしてこそ、他の国々から尊敬と信頼を受けるのではないか」と語った。韓国メディアは一連の発言を、「日本の右傾化の兆しを遠回しに批判した」(聯合ニュース)と大きく伝えている。

イワンのバカと私のボケ

私の居る島は、ご多分に漏れず、高齢者が圧倒的に多い。移り住んだ15年前、私は55歳。島の大勢は60を越していた。特に私の集落は高齢者が多く、平均年齢は70を超えていたと思う。

あれから15年、私も当時の島民並の老人となった。平均年齢が85歳にならないのは、そこそこの歳でDead or Alive島を去っていったためである。

週に一回、生協の共同購入の入荷で船着場に行く。話題は、健康と不調、出だしは色々あっても、連絡船が着く頃には、決まって健康と不調になる。

私は物忘れがひどい。還暦を過ぎたあたりから、度合いが強くなっている。

友人から情報が届く。ディスプレイは目が疲れるので、プリント・アウトしようとする。

用紙がない。

離れのプレハブに取りに行く。

玄関を出る。

クモの巣が顔にベトつく。気持ちがいいものではない。苦労して取りヤレヤレと思ったら、カラスがけたたましく鳴いているのが耳に入る。

シートは掛けてあるが、新車に糞を落とされたら嫌だなと思う。

雨上がりの地面は滑る。滑ったら、骨折するかもしれない。骨折したら、大変だ。

大地震で物置全体が傾いていて、ドアは元のママの長方形だ。ガラリともスーとも開かない。

中に入る頃には、自分が何のためにここに来たのか、ハテナ。

情けないがこれが私の日常生活である。

~~~~~~

イワンのバカ

トルストイ自身も、余りにもお人好しに描き過ぎたと、反省したとか。これはずっと後になって誰かが言っていたのを聞いたもので、私は、無欲の尊さを教える童話として読んでいた。

今は違う。

あれだけ寄り道していながら、そして一つひとつ丁寧に付き合っていながら、初めの目的を忘れず、よくお城にたどり着いたものと感心するようになった。

イワンはバカであってもボケではない。

私はイワンをこの方面で羨ましく思う。

名作は歳とともに解釈が変わることがある、この例として書いてみた。

付:
今朝、昨日の豆腐の味噌汁に火を入れました。今晩まで腐らせないためにです。ここまでは良かったのですが、しばらくするとなにか焦げ臭い。焼き豆腐になっていました。

点けても忘れるので、火を使う時は、必ずタイマーをセットすることにしています。長年の習慣です。それを今朝していない。かなりショックです。

満座興に入る事限りなし

冷凍庫に入った若者。群馬は内陸にあるため、夏はとても暑い。30年前、本庄で働いていたからよく覚えている。今は、それどころではなかろう。暑くて、暑くて、冷凍庫にでもはいらなければ生きていられない。そういう若者が10万に1人位いてもおかしくない。

タイトルをチラッと見て終わりにした。

と、今度は、鼻の穴にソースの容器を差し込んだ若者が出てきた。人の体は入れるためでない穴でも入れようと思えば入れられるようにできている。「穴があったら入りたい」は、恥を知る政治家の特許ではない。小中学校で、鉛筆を鼻に刺しおどけて、やんやの喝采を浴びる生徒のいない教室はない。

大きくなったその生徒が、ふと思い出して、手元の容器を差してもおかしくない。

空の容器であるはずがないから、よほど鼻力のある若者だったのだろう。たいしたものだ。

この2つ、フザケである。2件としないのは、私には事件を連想できないからである。

この程度で事件にするのが私にはわからないのである。

冷凍庫は零下30度の世界。若者に付着している雑菌は死滅する。土足で入っていたら、雑巾で拭きとればいい。後から来る客に分かりはしない。迷惑がこの程度なら、「近頃の若いヤツには困ったものだ」と、自分の若い時のイタズラを懐かしんで、店長がつぶやく。現場を目撃したら、箒かモップで尻を叩けばいい。これで一「件」落着。

ソースの容器は、現場を見なければ、何事も起きない。鼻水が容器の中に落ちても、それでソースが水っぽくなったとか色が違ったとか、なかろう。集合住宅の貯水タンクにネズミの死骸が入っていても、それで下痢をするようなヤワな人間はいない。現場を押さえたのなら、ラジオペンチで鼻を嫌というほどねじり上げる。これで一「件」落着。

それがどうだろう。

社会がイタズラに対してこうも不寛容であるとは、どういうことだ。これでは、みんな良い子でなければ日本で暮らせなくなる。どんなに良い子でも、たまには悪い子になってみたくなるものだ。小学校からずっと良い子で通すことが不自然であることを知りながら、世間は、タテマエで悪いと避難する。

テレビやネットの広告といえば、無菌、無臭のお買い得商品のオン・パレード。これも同質であろう。

未成年者のイタズラに成人は寛容でなければいけない。

その代わり、冷凍庫から外に出られなくなり、カチンカチンの冷凍人間になっても一切同情しない。鼻に刺さったまま見合いの席に着くようになっても一切同情しない。冷凍庫のドアが内側からも開けられるように改善せよ、ソースのキャップは鼻の穴の2倍の直径でなければいけない。そのため、関係省庁が日本人の鼻の直径を統計調査する、その予算を10億円と見積る。バカバカしいが、これが今の世間では有り得ない話ではない。

私は、この二つのイタズラを特別に非難するつもりはない。

しかし、非難はする。

一つ。
写真をネットにアップした。イタズラは、その場の雰囲気で起きる。その場という場が終われば、ケロリと忘れる。50年後、あの時はバカをやったなぁ、面白かったなぁと、仲間で懐かしむものである。これだからイタズラは許せる。それを、インターネットに載せて、自慢話にした。バカもバカ、大馬鹿者である。

もう一つ。
反省するのはいい。それを母親が一緒について来たという。これには、呆れ返った。翌日、仲間と謝りに行くまではいい。しかし、母親がなんで登板するのだ。小学生ならまだしも、中学生にもなれば、自分のやったことが悪いと思ったら、親にバレないようにこっそり謝りに行くものだ。ノコノコでてくる親の顔が見たい。子供も子供、親も親。こんな親に育てられれば、イジメが氾濫している現実社会に向かい合えないのは当たり前だ。「親ばかちゃんちゃんこりん」はここで使えない。本当の大バカ親だからである。

高校の数学の先生が、ひょうきん者がひょうきんを演じている教室に突然入ってきた。先生は、苦笑いして、「人のやらないことはするな、人のやれないことをしろ」と教壇に立って私達生徒に向かって話してくれた。今も楽しげに語ってくれた先生の表情を覚えている。

人のできないことは、出来なければ己の才能の限界と諦めればいい。私もその一人である。

だから、私はその言葉の前半だけを、今の若者に伝承する。

「人のしないことはをするな」

付の1.
ネットに流したことの代償は払わせなければいけません。甘い処分では、似たようなバカ者が続出しかねないほど日本のタガが緩んでいるからです。
付の2.
フザケが悪フザケであるか、単なるフザケか、当人が決めるものではありません。
付の3.
作業場である冷凍室は内側から開けられるようになっています。冷凍庫はヒトが入ることを想定していません。パタンと蓋が下りて、運悪く鍵が掛かっても、自己責任です。
付の4.
表題は徒然草第五十三段からとりました。座興、余興はその場限りだからこそ興でしょう。
付の5.
店の対応、それにしても大袈裟な。こうでもしなければ、客が離れるのでしょうか。日本人も軟弱になったものよ。

~~~~~~

◇冷凍庫悪ふざけのツケは…退学、損害賠償 調理師専門学生2人
スポーツ報知 8月22日(木)7時4分配信
 群馬県前橋市のスーパー「フードスクエアガーデン前橋店」で、客が売り場のアイスクリーム用冷凍庫に入り、その様子を撮影して短文投稿サイトのツイッターに投稿した問題で、投稿主は地元の調理師専門学校に通っていた男子生徒(18)であることが21日、明らかになった。同校では同日、この生徒と、撮影した男子生徒(18)の2人の退学処分を決定。店側も、警察に被害届を出し、2人に損害賠償を請求する方針で、食を学んでいたはずの若者による悪ふざけの“代償”は高くつきそうだ。(以下略)

◇ソースとマヨネーズ容器、鼻に突っ込む 悪ふざけ投稿今度はお好み焼き店
スポーツ報知 8月25日(日)7時5分配信
 若者が飲食店などで悪ふざけを撮影し、短文投稿サイト、ツイッターなどに投稿する問題行為が後を絶たない。24日未明には、お好み焼きチェーン「道とん堀」(東京都福生市)の市川鬼高店(千葉「道とん堀」市川鬼高店県市川市)に客として来た男性が、ソースとマヨネーズの容器を鼻の穴に突っ込んでいる写真がアップされたことが発覚。「道とん堀」は、ソースなどの調味料セットすべてを新品に入れ替えるまで、同店の営業停止を自主的に決定。全国285店舗で総入れ替えすることも検討している。(以下略)

一日一動

昔々、どこかの団体の親分が、一日一善をモットーにしていた。

何が善で何が悪か、どこで仕分けするのか、それを聞いた時、私は不思議に思った。

歳をとって世間を眺める時間が長くなればなるほど、善悪が分からなくなる。この問題は私には解けない。そこで、こういう場面でいつもしているように、問題それ自体を問題としないことにしてきた。今も変わらない。

一日一善はだから無し。

私は一日一動をモットーにすることにした。

この「動」は活動・行動の動である。

黙っていれば、一日中、椅子に座っている。パソコンの画面を見つめること、楽器をいじること、すべて座ってやる。

散歩は欠かさないが、モモのいた時ほど熱心でない。メリーには済まないと思っているが、ほとんどいい加減と言っていい。

これではダメだ。

そこで思いついたのが「一日一動」。

動という音の響き、元気でいい。

では、何をもって「動」とするか。

目と指以外の体を使うことである。例えば、

バイクに乗る。
クルマを走らせる。
草刈機で草を刈る。
浜から形のいい石を盗んでモモの墓に積み上げる。
ゴミを出す。
食器を洗う。
洗濯機を回す。干す。かじるメリーを「肉にするぞ」と叫んで追い払う。
生協の食品を冷蔵庫に入れる。
ざるそばを作る。
うるさいハエを追う。アブをハエたたきで落とす。
家に入ってきた小鳥や蝶を窓から逃す。
風呂に水を張る、流す。
周りの竹を切る。
泳ぐ、浮く(動に含め)。
汲み取りをする(そろそろやらないと)
映写機をセットし、スクリーンを下げる。
空のダンボールをカッターでばらす。
毛布を干す。
残飯や野菜クズを玄関から放り投げる。
ストーブに灯油を入れる。

これらは、体を動かさなければできない作業である。

例えばと言ったが、よくよく考えてみると、これが私の1日、1週間、いや1か月のすべてである。

これに、

夏冬の境にふすまを取り外す、取り付ける。
扇風機を物置から出す、仕舞う。
ストーブを出す、仕舞う。

を足したら、1年になるではないか。

野菜作りは腰痛あるのとっくに止めている。チェーンソーは物置で眠っている。雨漏りしても屋根に登らない(突然のめまいが怖い)、島の仲間に頼む。

一日一動は上の作業のいずれか一つはやることを意味している。しかし、3つ以上はやらない。それ以上やると、必ずその中の一つが失敗する。

体はまだまだ複数に対応できるが、その司令塔の方が複数になると満足に機能しない。

お陰様で、このモットーにより、何かしなければという強迫観念からのストレスがだいぶ少なくなった。

若い人なら、朝飯前とはいかないまでも、1日で全部やり遂げることだろう。

別に羨ましいとは思わない。

一つでもできる事に感謝している。

近いうちに(元総理の言と違って本気である)、一つに2日掛かるようになる。そして1週間掛かる。遂には、何年掛かってもできなくなる。

それ故、一つでもできる今に感謝しているのである。

付:
毎日実行していたラジオ体操は震災で中断して、そのままになっています。意欲が怠惰に負けています。第一、間の首のほぐし、第二とたった10分です。よ~し、明日からやるか。またまた、口先ばかり(聞こえてきます)

共産党よ、政権までの工程表を示せ

私からこうして何かを言われるうちが花。民主党なんか、冗談の種にもなりません。原発事故は収束したと宣言したあの議員、どのツラ下げて新聞を読んでいるのでしょうか。

真っ先にすべきは、党名変更です。共産党、アカ、コミュニスト、赤旗、こういう負のイメージは払拭するには、共産の名前を削除することです。スターリン、毛沢東、クメール・ルージュ、将軍さま、何かあると「共産」に結びつけられます。世界の負の遺産です。世界遺産に登録申請しましょう。

「委員長」もよくありません。これも陰湿な国家権力のトップのイメージです。ソ連、東独を国民は連想します。労働組合が連想されるかもしれません。「親方」は親しみやすいですが、貫禄がありません。党首、総裁、代表、月並みですが、どれでもいいでしょう。

向こう3年、自公政権に泳がせておきましょう。数で負けたのだからジャーナリストは別ですが、国会議員は文句を言っても始まりません。安倍政権は国家官僚機構にメスを入れないつもりですから、3年後には破綻します。国民から見捨てられます。

その時のために、是非中期計画の策定を。アカハタ新聞の増刷計画ではありません。政権担当までの工程表です。

付:
米軍基地の即時撤去は愛国者すべての願い。選挙公報にこの活字を載せたのは日本共産党だけ。エールを送ります。

志位和夫よ、大志を抱け!

私は役所からの配布物をほとんど読まない。確定申告が島でできる日が近づく頃の配布物に注意するだけである。

唯一、目を通すのが国政選挙公報である。

私がこのブログで槍玉に挙げる政党の主張をタテマエとホンネに仕分けるゲームだからだ。

ウソこきゃがれ。あれまあ、よくも恥ずかしなく。有権者をなめやがって。どうも言葉が悪い。相手が悪いからこうなる。

唯一(くどいね)真面目に読むのが日本共産党である。

今度の参院選公報もよく読んだ。

選挙後、それもだいぶ過ぎてからだが、BS番組に「共産党特集」があった。イマジカの予約をしている時に、偶然目についたもので、イマジカの予約をよして、この30分番組を予約した。

イマジカは繰り返し放映されるが、共産党の方は、二度と再放送されないだろうと思ったからである。

日頃、このブログで共産党をダメだダメだと書いている手前、少しは変わったか、と淡い期待を寄せた。

じっくり見させてもらった。見事、失望。

その一。
議席数が倍増しましたねとコメンテーターから褒められて、志位さん、得意顔になって、得々と解説をしている。解説はコメンテーターの側ですぞ。

いつも10点かそこらの成績の生徒が、20点を取って先生から褒めたようなもの。褒める先生は励ましでいいが、それに喜ぶ生徒はいかがなものか。80点、90点のレベルが隣の席、後ろの席にいるのに気が付かない。

その二。
野党協力は個々の政策に従ってやっていくという。万年ベンチだとこうもチマチマするものか。
我が党はウゾウムゾウの野党とは違う。政権を目指す政党である。燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや。くっつく離れる、滑った転んだなど笑止千万。単独で過半数、一度に無理なら、その時はその時、連携を考えてもいい。
こうでなければ、ブレない、ブレないは銚子の灯台だ。

その三。
「国民の声で動く新しい政治」これが、日本共産党の旗印であると、志位さんが、自分では汚いと言ったが、きれいな字で白板に記した。
オイオイ、自民党が圧勝したのは、誰の声によったのか。選挙の度に最多の候補者を立てながら、日本共産党が過半数に遠く及ばないのは誰の声によるのか。

その四。
大企業の内部留保の1%を吐き出させれば、貧困にあえいでいる国民はいなくなる。だが、内部留保の1%は銀行や自社の金庫で寝ていない。NHKの定時ニュースの株と為替の値動きの主役ではないのか。内部留保は、大手企業の働き頭だ。

例によって、街の声が収録され、紹介された。

「共産党は嫌いだけど、他にいないじゃない」

この映像を見た後、志位さんは、これからは好かれるような党になりますとチラリと言った。

私がイマジカを無視して、この番組を録画したのは、まさにこの一点を知りたかったのである。

チラリでは困る。

個々の政策、主義主張が国民の半数を超える支持を受けながら(世論調査が示している)、なぜ議席獲得数が底辺でウロウロしているのか。

この分析なり説明を聞きたかったのだ。

動画も結構、ネット・キャラも結構。しかし、こんなことをやって議席を倍増したって、次の選挙の低調が待っているだけだ。

志位さんはピアニストになるかもしれなかったという。ショパン大好きは情熱家である。育ちもいいのだろう。

番組が潜入したという共産党本部の食堂は、大手商社のそれとかわらない。大手商社は幹部と一般の仕分けがあるが、共産党の食堂では、私の見慣れた人物がみんなと一緒に食事を取っていた。

食堂を見れば、そこの組織がわかる。

命令系統も東電とは大違いだろう。

カネもある、組織もある。

足りないのは、志ですぞ、志位さん。

付の1.
2013.8.03.田勢康弘の週間ニュース新書。テレビ東京の再放送とのこと。

付の2.
番組のタイトルが「党本部にカメラが潜入」。田勢さんは食堂から事務所まで、白昼堂々と党本部職員に案内されていました。潜入は草木も眠る丑三つ時、ボンドが辺りを窺いながらスペクター本部に忍び込むアクションでしょうが。

付の3.
この番組、一匹のネコがスタジオの中をうろついています。テーブルの上のノッシノッシと歩く。それでいて目障りでありません。さすがネコと感心した位です。それを、志位さん、話しをしながら、手元に寄せて、ナデナデ。その動作が、極々自然でした。動物を使う演出、ニクイ、ニクイ。

ネット中毒の私とネット弊害の中高生

中高生が野や山や海で体を鍛えないで、車内でヘンテコな板を指でなぞる。自室で深夜までパソコンに向かう。

世も末だ。

私は1日8時間以上パソコンに向かっている。ヘンテコな板は、携帯電話の圏外であるため、持ちたくても持てない。あんなヘンテコなものと言うのは、負け惜しみである。

ネット店の登録に、生年月日の項目がある。ズズズとスクロールして、ようやく私の1940が現れる。クリックする度に、歳を取ったことが実感できる。否応無く実感させられる。

そして、考える。これから体を鍛えて何ができるというのだ、と。何をするのか、と。

私のパソコン時間と若者のそれとは意味が違う。私のはヒマ潰しでいいのだ。

違いはもう一つある。

私の8時間は、囲碁の3時間はネット(純)であっても、残りの5時間はグロス(風袋込み)である。

「待機中」
「応答しません」
「ページでエラーが発生しました」

この御三家に4時間30分が潰される。長くなると10分の待機中で、挙句に後の二つが表示される。接続のやり直しになる。

日暮レ道遠シ。

じっと待つのはバカらしい。それで、尺八・ギター・フルートをいじる。

パソコンの画面をウオッチしながら吹いて鳴らすのだから、ただ楽器から音を出すだけで、練習になっていない。

「虻蜂取らず」であるが、楽器でも持っていないと、イライラして精神がやられてしまう。

何をやっても、何にもやらなくても許される余生を送る私。

中高生諸君はこれからやらなければならないとことが多くある。

いずれ体力に物を言わせなければならない時が来る。その時になって、ネット時間をもう少しマシな事に回しておけばよかったと後悔しても遅い。

ネットは仮想の世界。エアコンの効いた車内や屋内で体力は向上しない。

安倍総理大臣も、額に汗する国民が報われる日本にすると宣言している。

「報われる」は大ウソである。額に汗をしても報われない日本にしようとしているのだ。

汗をしても報われない。まして汗を流せない大人になったら・・・あな、恐ろし。

付の1.
このブログも以前の蒸し返し、繰り返し。自分でも呆れます。
付の2.
ガラケーの意味を家に来たDocomo社員から直接教えてもらいました。私のネットは、ガラパソ、ガラツー。ISDNです。ブログのアップも年中フリーズ。ストレスがたまります。

松井秀喜さんの潔さ

これもまただいぶ前の繰り返しになる。

人が死ぬ時に、その人の持ち物一切合切を灰にしてしまう映画があった。旅から旅へのジプシーで、サーカスだったか楽団だったか忘れてしまった。

死者を乗せた幌馬車が燃え盛るシーンは強烈で、今も忘れない。

松井秀喜さんは、自室に野球の物は一つも置いていないそうだ。貸し倉庫に預けているのか、物置にしまってあるのか、これは末梢である。

自分の業績を自分の部屋で思い出す楽しみを自分から放棄した。並の人間なら、トロフィーやらメダルやら賞状やら自著やら勲章やら預金通帳やら、自慢の物を側に置いておく。そして、日夜、眺めて過ぎし日の栄光を想う。

松井秀喜さんなら、上に挙げた物すべてを部屋に置くことがでくるだろう。普通の人なら、その一つでさえ難しいというのに。

それを、しない。

この潔さ。

今、世界史に取り組んでいるという。何年か後には、昨今のだらしない歴史学者に代わって優れた著書を物にすること、私が保証する。

付の1.
何十年か後には、日本の総理大臣になるかもしれません。でもヤンキーのユニフォームは着ないでもらいたいものです。
付の2.
私も松井さんに劣らず潔いと自負しています。トロフィーは飾りたくても無し、メダルは下げたくても無し、賞状は掛けたくても無し(竹田の子守唄的)。自書は1冊も無い。昔、社内報に自分の名前が載ったのが最高の作品。6桁を超えたことのない通帳は、眺めれば眺めるほどミゼラブルになります。だから私の部屋も潔さに満ちています。「似て非なり」かもしれませんが・・・

ネット依存の弊害 それがどうした

中高生を対象にした調査で52万人が依存していることが分かったという。

厚労省のお金で、いや国民の税金で、某大学の研究班が実施した調査である。

この52万人という数、根拠が実にいい加減である。

質問項目が8つ、その内5つ以上で依存側に仕分けられる。なぜ8つであるのか、なぜ5つであるのか、研究班とは名ばかり、アメリカのものまねであった。

バカバカしいが、知らない人のために、ひとつ写す。

□ネットに夢中になっていると感じているか
□使い始めに考えたより長時間続けているか

これが、別個の項目になっているのだ。実質は同じ質問である。

国民の貴重な税金を使う。中高生の貴重な青春の一瞬を奪う。

出てきた結論はといえば・・・


「本人は病気の認識がないケースがほとんどなので、子どもの生活が昼夜逆転し始めたら注意が必要だ」
 
病気と誰が決めたのか。研究班が勝手に病気としたのではないか。昼夜逆転したら要注意はネットのない時代から当たり前のことだ。言われるまでもない。

「使った時間をつける」
お買い物中毒な私に家計簿をつけなさいというようなもの。言われなくても分かっている。それができないから、年中、ピーピーしているのだ。

「ネットの代わりにできる活動をみつける」
外に行けば、交通事故、変質者、夏なら熱中症が待っている。都会でウサギを追えるか。竹馬に乗れるか。縁台将棋ができるか。田舎は都会のライバルに負けるなと受験勉強一色、木登りなどやるヒマはない。

有識者でなくても学者でなくても、常識人なら誰でも出せる結論である。

付の1.
最初から結論が分かる調査は、最初からやる必要がないのです。ヒマとカネが有り余っている厚労省らしい調査でした。
付の2.
一度でいいから「アッと驚く為五郎」的結論が出るような調査をしてしてくださいよ。例えば、今回の調査がムダであるという結論が今回の調査で分かりましたとかね。
付の3.
「お買い物中毒な私」映画の題名です。

再び「はだしのゲン」

泥棒にも三分の理というじゃありませんか。

閲覧撤去問題の発起人は、普通の市民です。言い分がありましょう。

朝日新聞の取材に堂々と持論を語ったことに、敬意を表します。

私は、上っ面の撤回・反省を繰り返す政治家や企業家にヘドがでるタチです。

漫画の歴史認識に立腹してアクションを起こしたことは、すでに二流子様のコメントで知っています。

それを、教育委員会は、描写問題にすり替えた、これでは市民が腹を立てるのは当たり前です。

真正面から向きあえば、歴史認識が問題になる。自分たちの歴史認識が問われるようになる。こりゃ面倒なことになるぞ。

それで、描写を理由にすればすり替えられる、いえ、すり抜けられると知恵を働かせたのでしょう。

浅知恵はサルの専売ではありませんでした。

戦争の描写に過激はありません。どんなに過激でも過激に過ぎることはありません。

漫画を見た児童の中には、寝付きが悪くなったり、吐き気がしたりする児童がいるそうです。これがいいのです。多ければ多いほどいい。

描写にすり替えてうまくその場をしのごうなんて教育委員会は実に姑息な集団です。

歴史認識は、小説は文章で、映画は映像で、戯曲は舞台で示されます。漫画は描写で示されます。

描写こそ歴史認識だったのです。そう思いませんか。

発起人が普通の日本人なら、私も普通の日本人。ふつうのことをブログにしているだけです。

讀賣も朝日も産經も、だ~れも相手にしてくれないからね。

付の1.
教育委員会の職員の大半はまともな考えの人たちだと思います。ダメなのは決済権を持つ上層部でしょう。
付の2.
安倍晋三さんや櫻井よしこさんが、この漫画を見て、夜中にうなされるなんて、思っただけでも愉快になります。是非ご自身で買ってお読みください。わたしゃ、読みません。
付の3.
本には2種類あります。図書館で借りて読む本、自分で買って読む本。昨今は、両方共ディスプレイに負けそうな様子。古典は自分で買わなきゃダメですよ、良いこの皆さん。

~~~~~~~

「ゲン、買って読めばいい」閲覧制限陳情の男性
朝日新聞デジタル 8月22日(木)22時41分配信

 松江市議会に「はだしのゲン」の撤去を求める陳情をした自営業の男性(35)は21日、朝日新聞の取材に応じた。「市教委は、ぼくが(不採択となった陳情で)訴えた歴史認識の誤りではなく、描写を問題にしており、不満はある」「こんな漫画を義務教育の学校図書館に置くべきでなく、読みたければ自分で買って読めばいい」と持論を述べた。

 男性は、昨年10月まで松江市に住み、いまは高知市在住。昨年11月には高知市議会と高知県議会にも「ゲン」撤去を求める陳情をしたという。松江市教委を数回訪れ、「ゲン」撤去を要求して職員と押し問答する様子を撮影した映像を動画投稿サイトにも投稿。自身の活動について「国益を損なう行為が許せない。日本人としてふつうのことをしているだけ」と述べた。
.

モモ・・・我が家の朝

冬季は10時、夏季は9時が我が家の朝である。

モモとリッキーはそれまでおとなしく寝ている。寝ている振りをしている。

私が起きると、モモとリッキーは、待っていたかのように起きてくる。それから、前足を畳に着け、尻を上げて一回背伸びをする。2匹共必ずこれをする。しかも同時にする。

それが終わると、鼻と鼻をくっつける。モモはしっぽを振るが声は出さない。リッキーはしっぽは振らないが、ニャ~と声をだす。

こうして10年、同じ朝を迎えた。

どこかの民族では鼻と鼻をくっつけるのが挨拶と聞いたことがある。

お互いに信頼しあっているからできる所作である。

今朝は、私には珍しく6時に起きた。二度寝ができなかったのである。

リッキーが、押入れの上段から降りてきた。

前のようなハグはできない。

私の足にしっぽを擦ってニャ~と言った。

モモはもういないのだよ。

(2004年4月7日 隠し絵の中のモモ)

映画「スティング」と高校野球決勝戦

私はポール・ニューマンの大ファンです。「ハスラー」は何度繰り返した観たかわかりません。

先日、イマジカBSで「スティング」をやりました。見逃してはならじ。大雪にならない事を祈りました(今月8月に降らないとは思っていましたが)

時は1936年のアメリカ。

競馬の実況を、放送局が2分ほど遅れて放送します。その間に、放送局とグルの詐欺師は、当たり馬券を買います。

その詐欺師以外は、ラジオの実況放送に興奮します。

知らぬが仏、知らぬは亭主ばかりなり。

今日の決勝戦を観ました、聴きました。たまたまです。9回の裏、4対3で、長打ならサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

BS朝日のテレビです。アナウンサーが下手くそなので、NHKのラジオを聞くことにしました。腐っても鯛。

「第一球、投げました。外角わずかにはずれボール!」

ラジオは過去形なのに、テレビはまだモーションの構えでありました。

一瞬、アレレ。

「打ちました。高~いフライ。キャッチャーが追っていく、いく、いく、取りました!」
テレビはキャッチャーがバッターの後ろで構えています。

我が耳を疑うべきか、はたまた目を疑うべきか。

ついに耳と目が、てんでんばらばらになったのか、モウロクもここまできたのか、天を仰ぎました。

AMラジオは地表スレスレ(地球規模)で我が家に届きます。BSは上空の衛星で折り返さなければなりません。

この違いではないかと、少し安心しました。

午後、このことを島の仲間に確かめようとしましたら、そうではない、あんたの家が辺鄙な場所だからだ、と言われてしまいました。

あの映画は1936年のアメリカ。私の家は80年前と同じでしょうか。

ともかく、ラジオで聞いてしまうと、テレビがVTRのようで面白くない。それで、NHKには申し訳なかったのですが、ラジオを消して、テレビ1本にしまた。

もちろん無声映画。私の家は正真正銘の1936年代。

付:
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが主役となっていますが、脇役ですね。本当の主役はロバート・ショウです。うまい話を半分信じ半分疑う雰囲気を目の動きで表しています。(このブログ、走り書き)

原爆式典にウンザリ・・・忠言逆於耳

円錐は見る角度で、3角形になったり、円形になったりする。

象さんは体のどこを触ったかで、四者四様の印象を受ける。

イスラエル人が原爆式典をウンザリだと言った。

式典を厳粛に受け止める人がいるのだから、ウンザリの人がいてもおかしくない。

私は、ウンザリ側の一人である。

口先だけの核廃絶を年にただ一度演壇で誓う総理大臣を、主催者も参列者も舞台から引きずり降ろそうとしないセレモニーにウンザリしている。

私がブログでくどくど語っても、「あのバカが」で終わるが、さすが、パレスチナ人を(旧日本軍ほどでないにせよ)殺害しているイスラエルの高官のフェイスブックだ。日本政府に届いた。

あとは例によって例の如し。

戦場となった中国、併合した朝鮮・韓国・台湾、フィリピンの犠牲者を追悼すべきである。シンガポール、インド、他日本兵が出征したすべての国への謝罪の式典を同時に執り行うべきである。

日本政府の抗議やイスラエル政府の釈明は、「愛国」日本人を増長させる悪薬である。

付の1.
この歳になると、忠言されることがほとんどありません。大学時代の友一人、高校時代の仲間数人、あとはカミさんだけ。この頃カミさんの忠言がなくなりました。「言ってもムダ」が分かったようです。
付の2.
このブログへ忠言がコメントされます。ただし、名無しの権兵衛からの忠言は一切没。筆が汚れます。
付の3.
イスラエル政府にしてみれば、「余計なことを言いやがって」でしょう。

~~~~~~

広島・長崎の式典「独善的でうんざり」 イスラエル高官
朝日新聞デジタル 8月16日(金)11時5分配信

 【エルサレム=山尾有紀恵】広島と長崎で行われた平和式典について、イスラエル政府高官が自らのフェイスブックに「独善的な式典にはうんざりだ。広島と長崎(の原爆)は日本の侵略行為の報いだ」と書き込んでいた。現地の日本大使館は15日までにイスラエル外務省に抗議した。

 高官は、広報・離散民省元幹部のダニエル・シーマン氏。シーマン氏は「日本は帝国主義や大量虐殺の犠牲になった中国人や韓国人、フィリピン人などを追悼すべきだ」とも書いた。書き込みはすでに削除されている。シーマン氏は、首相府のインターネット広報戦略の責任者への起用が検討されていたが、現在停職処分になっているという。

 首相府は「書き込みは容認できず、政府の立場を表したものではない」と指摘。シーマン氏に厳重注意し、書き込みの即時停止を命じたことを明らかにした。

マー君 日本新21連勝

ダルビシュ投手が、わが輩が日本にいたら、そうはさせないぞ、と言った。

ダルビシュ投手とマー君の間によほどの信頼関係がなければ、今頃、マスコミの餌食になっている。

一人勝ちは、好敵手がいない証拠である。

あらゆる勝負事は、相手次第である。相手が自分より弱ければ、自分が弱くても勝てる。弱い相手なら何人にようが、最後まで勝ち続けられる。

バルセロナの競泳で金メダルを日本選手が取った。ニュースでは英雄扱いだが、本人は冷めている。

記録が平凡だったためである。

これを自覚しているのだから、並の選手ではない。偉い。

マー君は、ダルビシュがいないために新記録が達成できたことを自覚している。これも偉い。

いつかダルビシュ対マー君の投手戦が実現するだろう。

どこで?まさか、ヤンキー球場ではないだろうな。

それはそれ、私、宮城県人だっちゃ。私はマー君を応援している。

昔政宗、今マー君。

オリンピック・・・開催地を分散しては如何

陸上選手権でボルトが金メダル。

1枚の表彰状でも、栄誉を讃えられると思うがそれは別として、あれだけ多種多様の種目がありながら、どうして1都市ですべてを開くのか。理由が私にはわからない。

ボルトはジャマイカ国の英雄。グーグルマップで見ればわかるように、国土の大半はジャングルである。DGPで計る経済力は、平均以下であろう。

自国の英雄が勝利する瞬間を見る機会はジャマイカ大衆には与えられない。

大都市の豊かな市民や観戦ツアーの外国人だけにしか、生の興奮は味わえない。

IOCはこれを当然のことと考えているのだろうか。

私は、競技毎に開催地を振り分けるべきであると考えている。

これだけ通信手段が発達しているのだから、地球の裏側も表側もない、どんな奥地の都市であろうと、試合の模様や結果は、瞬時に世界に行き渡る。

ジャマイカで陸上が開かれることになっても、1競技であれば莫大な費用はかからない。チリやウルグアイでもプール一つ作れば、競泳は開催可能だ。

マラソンならどこでも開催できそうだ。(某国の某都市なら、現状のまま障害物競走ができるだろう)

招致活動で饗応接待にうつつを抜かす大都市の醜態も見なくてすむことになる。

私は、開催日も競技ごとに決めていいと思っている。冬季オリンピック種目がスイスで開かれているとき、ニュージーランドでヨット、アルゼンチンで競泳が開かれる。想像しただけで楽しくなる。地球は丸い。活かさない手はない。

そうすれば、富める国の大衆・子供も貧しい国の大衆・子供も共に生の戦いが観戦できる。

オリンピック精神にも合致すると思うが・・・

付:
スポーツは、自分ですることが松。
競技場で観ることが竹。
テレビを看ることは梅です。

音楽は、自分ですることが松。
会場で聴くことが竹。
DVD・CDで聴くことは梅です。

百万円の再生装置で超一流演奏家を聴くより、S席で5,000円程度の演奏家でも会場で聴く方が、ずっと心に響きます。

いじめ対策

児童の自殺を学校がウヤムヤに処理する。それで、父兄がキレる。マスコミが取り上げる。文科省が専門家に対策を作らせる。

何度繰り返されてきたことか。

効果があれば、今頃、児童はお手てつないで、登校・帰校。中学生は肩を組んで、登校・帰校。

文科省の役人がどんな解説をしようが、現実にはイジメはなくなっていない。

専門家や教育者が、イジメは無くせるものというタテマエで対策を練るからである。かれらのホンネはイジメは無くならない、無くせない、これである。偽善家である。

本気で無くせると思っている専門家がいるなら、その専門家は極楽トンボである。

ホンネを語れば失職するから、保身のためにも、タテマエで議論し、作文する。

世間はイジメられる側に味方する。対策は、イジメる側に向けられる。


イジメは人間が社会的動物である以上、絶対に無くならないと考えている。学校もその例外ではない。だから、どうすればイジメによる被害を無くせるかというレベルで物を考えなければならない。

加害者に焦点を当てるのが間違いであることに世間は気が付いていない。

被害者が出なければ、加害者も出ないという単純な理屈に頭が回らない。

イジメは無くならない。

しかし、イジメの被害は無くせる。イジメられても、それに耐えられるような児童・生徒にすることである。これは、教育で可能である。

何かというと支援を求める大人に自立・自尊教育は無理である。子供はまだ間に合う。

専門家やマスコミに180度の発想転換を求める。

このブログもまた、以前の蒸し返し、ぶり返し、繰り返し。新鮮味に欠けるので、少々嫌気がさしている。

付:
情報モラルって一体なんなんだ。急務は文科省役人の教育じゃよ。

~~~~~~~

<LINE>「突然仲間外れ」子供トラブル相談急増
毎日新聞 8月19日(月)7時23分配信
スマートフォンで文字を使った「おしゃべり」ができるLINE
 無料通話アプリ「LINE(ライン)」を使った子供同士のトラブルやいじめが深刻化している。メンバーから知らないうちに除外され、突然「仲間」とつながりが断たれたり、グループに入れてもらえなかったりする「LINE外し」などの事例が各地で頻発。悪口やいたずら写真の公開などと合わせ、トラブル相談件数が急増しているといい、情報モラルについての教育が急務になっている。【岡礼子】 

村山富市よ、いい加減にしないか

かねてから、私は護憲活動家を憲法条文温存同好会とけなしてきた。

かれらは、憲法の前文と第九条の文言が憲法から外されないことが関心事で、憲法が現実に空文化していることには無関心である。無関心が言い過ぎ問のなら、希薄と言い換える。

学者、知識人はそれでもまだいい。お茶飲み友達の集まりと思えば、周りでとやかく言うことではない。

問題は、政治家である。護憲政治家である。護憲政治家が総理大臣になりながら、憲法無視の現実に何ら手を打たなかった政治家である。

その名は、村山富市。敬称はつけない。

彼は自民と組んで総理大臣になった。国政の長である。

自衛隊が違憲であることを野党時代に語っていながら、いざそれを廃止出来る立場に置かれたら、ムニャムニャ。実にいい加減な男であった。

防衛庁の反対、軍事産業界からの圧力、自民党の愛国代議士、官僚のサボタージュ、大手労組とのしがらみ、他様々な要因があっってムニャムニャとなったのかもしれないが、総理大臣がムニャムニャであってはならなかった。

自衛隊は憲法違反である。24時間以内に武器を捨て、故郷に帰れと自衛隊員に命じろとは言わない。せめて、向こう3年以内に、防衛庁を防災庁に変更し、自衛隊員を防災特別機動隊に改編し、兵器・武器は重機や災害救助機に改装する。弾薬は鉄くずにして、再利用する。

もちろん、違憲判決を下さない最高裁判事はすべて解職。怠慢罪(あれば)と背任罪で裁判にかける。

これくらいはやらなければいけなかった。職を賭しても、行動しなければならなかった。

できちゃったものは仕方がないじゃけん。それを言うのなら、野党の時代にも言っていなければならない。

私は、村山のいうように社民党は解消すべきてあると考えている。彼との違いは、その責任が村山と土井たか子にある事を彼は言わない、私は言うことにある。

議長席に座った土井たか子のあのニヤケた顔は今も忘れない。私が国会議員であったら、卵(ケージ飼いの安い卵)を投げていたろう。二人は今日の社民党の不振を招いたウルトラA級戦犯である。

辛坊さんが、救出直後、どのツラさげてテレビに再出演できますか、と記者団に語ったという。タレント稼業だから、同じツラを下げて再出演しても、まあいい。

村山は政治家である。許せない。

どのツラ下げて記者会見したのか。Shame on you!

~~~~~~

村山元首相、「社民党にこだわらず。次期衆院選は新党」で
2013.8.18. 23:51 [社民党]
 村山富市元首相は18日夜、社民党の今後について「社民党はこのままいっても先がない。党にこだわらず勢力を結集しなければならない。新しい党をつくることがあってもいい」と述べ、憲法や原発の問題で共通する野党の再編に向けて発展的に解消すべきだとの考えを示した。都内で記者団に語った。

 野党再編に関し、「社民党の皆さんが火付けになって働くことも大事だ。党の皆さんは理解してくれると思う」とも述べた。

 BS-TBSの番組では「もう社民党なんてものにこだわらないで、憲法改悪などの共通課題で党派を超えて協力を呼びかけていく体制ができれば一番いい。次の衆院選までにはそういう体制をつくっていくことが大事ではないか」と強調した。

エジプトの政治

他国の政治を、褒めたりけなしたりしないことが私の原則。

その原則を守りながら、今度の死者800名超を考える。

その1.
有権者が議会制民主主義に過度の期待をかけた。自分たち有権者全員の価値観が同一であると錯覚していたか、それともこれまでの不平・不満がぜんぶ前独裁政治のせいだと思っていたのか、その療法かはわからない。

その2.
選挙運動の時、候補者が公約を乱発した。本人が意識的に当選する手段として乱発したか、結果論的に乱発となったのかは、わからない。日本の民主党のイメージが浮かぶ。

その3.
官僚がサボタージュした。あるいは、官僚に行政能力が欠如していた。前独裁政治の行政執行高級官僚がそのまま残っていたらサボタージュだろう。

その4.
アメリカCIAが暗躍した。これは絶対に間違いない。

以上、思いついたままに並べてみた。

エジプトが反米民主政治であるより親米軍事政権がアメリカにとって好ましい。オバマさんの知らない所でドル札に物を言わせて民衆を煽った。

エジプト民衆は、民主化されれば一夜にしてバラ色の社会になるものと期待したが、そうではなかった。CIAの策謀に引っかかる土壌ができていた。

失業や物価高騰が選挙で選ばれた政府の責任であるか。ムバラク政権のツケが回ってきたのかも知れない。

国連事務総長がデモを止めるように動き始めたそうだ。

軍事独裁政権の後ろにアメリカが控えていることを知っているから、どうにもならない、せめて命だけは永らえるようにと、エジプト国民に訴えたのではなかろうか。

だらしないと言われればその通りだが、アメリカの力を知り抜いているパンさんとしてはベストではなかろうか。

民主化により反イスラム・親米政権が樹立された。イスラム勢力が軍事クーデターを起こし、大統領を追放した。

仮にこうであるとすれば、アメリカは、今と同じ態度でエジプトに接するか。

軍事独裁対民主化政府を正義対テロにすり替える準備は完了した。後は、テロ組織を適当に挑発すればいい。

付:
軍事政権は選挙による政権より劣っている。民主主義にエジプト民度が追いついていない。こう言った視点は私にはありません。

FC2Ad