老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

ふきのとう

我が家の野草園に咲いた今年一番のふきのとうである。

今年ほど、春が待ちどおしかった冬はなかった。

春になって、暖かになれば、モモが元気になると思い続けてきたためである。

本当は、別れの日が近づいているのだろうが、(一日一日とイヌも老いればヒトも老いる)、私はそう考えないことにしている。

ふきのとうの次は、桜だ。

震災の年は、島の桜をじっくり眺めるゆとりがなかった。島の仲間に聞いても、いつ咲いていつ散ったのか定かでないとのこと。みんな、花より団子、桜より配給だった。

桜が終われば、真竹のたけのこだ。

メリーと私は奪い合いになる。散歩の時にはいつも道草を食って遙か後ろでもたもたしているメリーだが、たけの子の時期になると、俄然張り切って、私の先を行く。

山羊と人との食の競合である。

たけのこのあとは、夏だ。

食い物より体を動かす方が先だ。

地面より海だ。

夏が来ることをふきのとうが約束してくれたような気分になった冬の最終日だった。

(昼の味噌スープに浮かせました)
02.28.ふきのとう

農林水産業に屯田兵の派遣を

TPPが大問題になっているのは、元はと言えば、日本の農産物の値段が高いからですよね。だったら、安くししたらいいでしょ。

食の安全に人一倍気にしている日本人が食べている日本製の食品の品質は折り紙つき。値段が外国製と同じなら、関税ゼロでも、日本は負けません。

それには、日本の農産物のコストダウンには人件費をゼロにすればいいと思います。ゼロにはならなくても、ゼロに近くする方法があります。

何年も前のブログでしたか、私は、自衛隊員を援農に活用するよう提案をしています。

国土保全、環境保護、美しい日本に、農林水産業の興隆は必須。高齢者は更に高齢者になり、最後はトラクターも運転できなくなります。そこで真打登場となります、自衛隊です。

東日本大震災時の働きを目の当たりにした私は、ただ戦争ゴッコに毎日を過ごさせることが彼等に対する国家の犯罪であると確信しています。

五体満足、精神正常、堅忍不抜、その上、人生で一番充実している青年期から壮年期までを、無為に送らせることが犯罪でなくてなんでしょう。

半農半軍でいいではないですか。

田植えや収穫期には田んぼ。秋から初冬までは山林。冬には豪雪地帯で雪かき、雪下ろし。

機械に強い自衛隊員には農耕器具のメンテなんか朝飯前。爺ちゃん、婆ちゃんに大モテ間違いなし。うちの孫娘を嫁に、女性自衛隊員にはドラ息子を婿になんて話になります。

人から感謝されるほど嬉しいことはありません。(経験のない私には想像ですが)

半年を軍事教練のために基地で生活。残りの半年は、都道府県にくまなく設置された、キャンプで農業支援。キャンプはバラックでなく、本格的家屋にして、天災時の住民収容に充てます。

安倍さんや石破さんがいくら戦争をしたくても、できない昨今の環境。もはや帝国主義は死語でなっています(佐藤優さん、帝国主義は死語ですよ。使えば使うほどご自身のアナクロニズムを曝すことになります)

TPPは脇に置くとしても、農業の復興は国家自立のために不可欠。いくら補助金や助成金を渡しても、担い手が老人・老女ではダメです。

15万人と4兆円の予算。自衛隊は宝の山です。

今は宝の持ち腐れ、持ち腐れったら持ち腐れ。

付の1.
自衛隊員はどこにいても、体を動かして、食って寝て、国から俸給をもらっているのですから、農家はタダで働いてもらえます。

付の2.
戦場のつもりで、防衛大学校卒のエリートさんにも一緒に動いてもらいましょう。

TPP 満額回答という不可解な表現

23日のネットに載った産經ニュースを読んだら、満額回答とあった。

満額とは、労組が要求する賃上げやボーナスを経営者側がそっくり受け入れる時の用語である。

比喩的に使うのなら、「日本の例外項目をすべて認める」場合に限るのであって、オバマ大統領は一言も言っていない。

TPPの参加に、全物品の関税撤廃は条件となっていない。参加するかしないかに敷居はない。

オバマ大統領が安倍首相に確約した中身は、この域から一歩も出ていないのである。

それを満額回答というのだから、産經新聞の国語は中学以下である。一人前に比喩を記事に使うにはさらに3年の高校授業を受けてからでなければならない。

満額回答のまの字もない。それを鬼の首でも取ったようにはしゃいで記者会見に望んだ安倍首相を、オバマ大統領はなんとまあ単純なオツムなことよと笑いころげたに違いない。

運良く安倍首相の記者会見の模様を伝えた讀賣新聞(印刷)が手に入った。

「TPPに関する共同声明の全文」が掲載されている。

何度繰り返し読んでも、例外品目を認めるとの言葉は探せない。それどころか、すべての品目が交渉の対象になると念を押されているのである。

すぐ下に米倉経団連会長の談話がでている。曰く、「聖域なき関税撤廃に例外があり得ることをうたっている。日本における懸案材料を払拭した」

米倉会長は自己矛盾を平気で言う人だ。関税撤廃に聖域はないのだから例外は存在しない、もしも例外があるなら、それが聖域である。

そもそも、たかが関税問題に聖域という言葉を使う日本人をアメリカ人は快く思わないものだ。キリスト教でもユダヤ教でも聖域は神の領域、人間が足を踏み入れてはならない場所を指す。

安倍首相は会談の時に、何度も口に出しただろう。それを通訳が辞書の通り「sanctuary」と伝えたとしたら、なるほど金銭崇拝教の日本の代表かと思われたはずだ。

他に、「文書にこだわった日本政府」の記事がある。

「日本に帰って『言った』『言わない』の話しになり、前進しないのは困る」と安倍首相の周辺が思案したという。

それで、経済産業、外務両省などの官僚を中心に周到な働きかけが進んだ、そうだ。

農水省の官僚に骨があれば、「なんでオレたちを蚊帳の外に置くのか、最も大きな懸案事項は農業分野ではなかったのか」と不平を漏らすところだが、「なに、補助金を上乗せすれば百姓はウハウハよ」の役所だから、なんとも感じない。

この記事には、次の事が書かれている。

「『聖域なき関税撤廃が前提ではないという確信に至った』と対外的に説明しますよ」
会談で首相は、文書を確認しながら大統領に迫った。大統領は何も答えなかった。首相はそれを「了解」と受けとめた。

確信するのは、お前さんの勝手だよ。そこまで付き合えるか。笑顔のオバマさんの内心である。

この部分が、安倍訪米の成果の満額「解答」である。

付の1.
満額回答ではありません。私が言ってきた玉虫色官僚作文そのものです。謹慎蟄居の必要性はなくなりました。

付の2.
自民党のTPP反対派に同情する気はありません。かれらは、自分たちの議員就活の道具としてしか農政を考えていないからです。
付の3.
讀賣新聞 2013年2月24日

~~~~~~~

TPP交渉参加へ米から「満額回答」 反対派説得、下地整う
産経新聞 2月23日(土)14時48分配信

 【ワシントン=柿内公輔】日米首脳会談の焦点だった環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への日本の交渉参加問題は、最大のポイントだった関税撤廃の例外品目が認められる可能性を共同声明で確認し、安倍晋三首相が大きな得点を稼いだ格好となった。

 包括的な関税撤廃を目指すTPP交渉に、果たして「聖域」としての例外品目が認められるのか。日本側の関心事について、交渉を主導する米側の態度はこれまで不透明だった。それに伴い日本の世論も紛糾。行き詰まりの打開へ、安倍首相は「直接オバマ大統領から感触を得たい」とまなじりを決して会談に臨んだ。

 引き出した答えは、「満額回答」に近いといっていい。声明は具体的に農産品を例に挙げ、日本が関税撤廃の例外を望む「センシティビティ(敏感な問題)」が存在すると明記。最終的な取り扱いは「交渉の中で決まる」と確認した。

 安倍首相は記者会見で、声明骨子を念を押すように読み上げ、「聖域なき関税撤廃は前提ではないとの認識に立つ」と強調した。

 大統領から、「感触」どころか、関税撤廃の聖域を事実上容認する言質を文書の形で引き出し、安倍政権が反対世論を説得する下地も整った。意気軒高な首相はさっそく帰国後に会談の成果を各党に説明して回るとし、交渉参加の判断について前のめりになっている。

 一方、米側も完全に押し切られたわけではない。「すべての物品が交渉対象」との従来の主張を声明で確認。米国内で日本の市場開放が不十分との声が強い自動車や保険を「懸案事項」に列挙した。

 日本政府同行筋は「目標は高く掲げるが、実際は交渉次第ということ」と深刻に介さないが、交渉参加に向けて火種が消えたわけではない。

アルジェリア人質事件

まだ26日と思っていましたら、今月は28日までの2月。

日本政府は、2月内に検証を済ませると言ってました。

残りはあと2日。

どんな検証が出てくるか、ケチをつけたくてうずうずして待っています。

「日本人はどこだ」があったかどうか。

あったとすれば、なぜなのか。

ここはどうしても知りたい所です。

付:
Yahooニュースは毎日見ていますが、まだのようです。しかし、新聞などですでに検証の発表がなされているのかもしれません。その時はその時ということで・・・

日本的政治 インチ・サイズとミリ・サイズ

都会の利便性はホーム・センターに有り。

そこで六角レンチを買う。ボルトやナットを買う。

家に戻って使ってみると、うまく合わない。レンチはスカスカ。ナットは途中で、止まってしまう。

ホーム・センターにはインチ・サイズとミリ・サイズが同じ棚に並んいて、インチかミリかを確かめないで買ってくると、こういう不具合が生じる。

ふと、日本の政治の見方もこれと同じ事が言えるのではないかと思った。

自民、民主、自民と政権は移っても、国民に向かって語っているのは共通している。

・北方四島の返還に全力をあげます。
・拉致問題を解決します。
・沖縄県民を忘れてはいません。
・額に汗する人を大切にします。
・弱者に厚い政治をします。
・美しい自然を守ります。
・韓国とは仲良くします。
・中国とは仲良くします。
・核の非拡散・廃絶を願っています。
・イジメは無くします。
・税金のムダ遣いは止めます。

小泉さん、福田さん、鳩山さん、まだ他にいたっけ、あまり代打が多いので私は思い出せない。ただ、みんな似たような事を言ってきた。

それを真に受けて、そのためなら、「なぜそうしないのか」、「このやり方は間違いだ」と、世の評論家や識者が政治家を批判している。私は評論家でも識者でもないが、あれこれ批判する側の一員である。

このブログを始めてから数年、日本の政治を客観的に眺めてきたが、何一つ変わっていない事が分かった。

ストレスは溜まるばかりである。

政治家を、彼等が唱えている言葉に合っているか否かで判断するから、ストレスになるのであって、言っている事の反対が本音であると思うと、とたんにストレスが解消される。

本音は以下の通りである。

・北方四島の返還なんかどうでもいいんです。
・拉致問題を解決するつもりはありません。
・沖縄県民は眼中にありません。
・額に汗する人より株で儲ける人を大切にします。
・弱者斬り捨てご免の政治をします。
・環境よりGDPの数値です。
・韓国とは仲良くしません。
・中国とは仲良くしません。
・核の非拡散・廃絶を願っていません。
・イジメは無くしません。
・税金のムダ遣いは止めません。

政治家がミリ・サイズであるのに、私の方でインチ・サイズを使ってきたから、スッキリしなかった。私がミリサイズを使えば良かったのだ。

その代わり、今度は、あれは悪い、これは間違いだと言う事の虚しさが私を襲ってきた。

付の1.
地元後援会から国政政治家を引き離さない限り、全日本国を考える政治家の天下は来ないでしょう。

付の2.
今の日本政治に必要なのは、選挙制度の大改造です。既得権に執着する既存政党に期待できません。一院制・大選挙区(日本区、せめて道州制の区)を公約にする政党の出現を期待します。

(おじゃま虫が机に登ったら、ブログはお手上げ)
02.25.おじゃま

何もない日曜日

流れる雲は日永見ていても飽きないとどこかの作家か詩人かが語っている。冷たい風さえなければ、私もいつまでも空を見あげる。

日本海側で大雪を振らせて、疲労困憊の雲。

私は好きだ。

春の気配によるものか、メリーは朝からうたた寝だ。モモが元気な頃は、真冬でも毎日1時間以上、道草を食っていた。

体が大きいだけに、寝顔を見ていると一層かわいそうな気がする。食べ物はいくらでもあるのに、自分一人では敷地から10メートルと離れない。山には狼やライオンがいるとDNAにインプリントされているかのようだ。

午後10時。ストーブを全開にしても、室温は16℃を超えない。寒いので、週の初めの今日は、これでお終いにする。

付:
草食動物は優しい目をしています。鶏は体は小さいのですが、肉食動物の目です。

02.24.空

02.22.メリー

安倍首相 共同声明抜きの一人芝居

TPPの共同声明は分かった。聖域は有っていいとは言っていない。有ってはならないとも言っていない。

たったこれだけの声明を作ることで、往復何時間もかけてアメリカのオバマさんに謁見したのか。

何時間の会談か、今の私は知らないが、仮に2時間だったら、通訳に半分取られても1時間は残る。

この1時間を、TPPの聖域がどうのこうのだけに費やしたとは考えられない。

もっと、つっこんだ意見交換があったはずである。

それを共同声明にしなかったのは、日本政府に都合の悪いやりとりを「なかったこと」にするためである。

安倍首相の記者会見。

緊密な日米同盟の完全復活と言われても、その根拠はどこにも見当たらない。

笑顔で握手している写真が緊密の証明であれば、私なんか何千人もの人と「緊密な関係」を持ったことになる。アホか。

対中関係では、安倍首相の戦略的互恵関係は聞き飽きている。二人がどういう話をしたのか、その中身を知りたいのだ。「中国には~」は二人の見解なのか安倍首相の一方的見解なのか、故意にあやふやにしている。汚い。

普天間問題でも、オバマさんから鋭い質問が出たはずである。それが、「率直に議論」という外交業界用語になって表されている。

会談の中身を知らされないまま、安倍首相の勝手読みを押し付けられるのだから、日本国民はコケにされたわけだ。

安倍首相のパフォーマンスで終わらせてはならない。

会談の一部始終の公開をアメリカ側のマスコミに期待する。日本のマスコミに期待できないのだから、悔しいが仕方がない。

付:

私は日米関係が冷(ひ)えていたとは思っていません。日本がそう思っているだけです。アメリカは最初から冷(さ)めています。救いの神様のような自惚れ、困った人です。

~~~~~~~

緊密な日米同盟が完全に復活…首相会見要旨
読売新聞 2月23日(土)12時40分配信

 【ワシントン=小川聡】安倍首相が22日午後、ワシントン市内で行った内外記者会見の要旨は次の通り。

 【日米同盟】オバマ大統領と同盟強化の方向性について率直に議論し、意見の一致をみた。この3年間で著しく損なわれた日米の絆と信頼を取り戻し、緊密な日米同盟が完全に復活をしたと宣言したい。

 【米軍再編】米軍普天間飛行場の移設と嘉手納基地以南の土地の返還計画を早期に進めていくことで一致した。

 【TPP】「聖域なき関税撤廃」が前提ではないことが明確になった。首脳会談の結果を25日の自民党役員会で説明し、公明党にも説明する。その上で、交渉参加するかどうか、政府の専権事項として一任をお願いしたい。なるべく早い段階で決断したい。

 【対中関係】中国には(日中の)戦略的互恵関係の原則に立ち戻ってもらいたい。習近平総書記が、13億の民を統治するのは大変なことだということは十分認識している。同世代の指導者として色んなことを話す機会があればいい。

 【ハーグ条約】この国会で条約の承認が得られるよう努力していく考えを大統領に申し上げた。

(昨夜は雪。5メートルの積雪は想像出来ません。メリーはミカンの皮が欲しくて待っていました)
02.23雪の朝


モモと私と尺八

朝から昼前まで風がなかった。

春の光に誘われて、外に出る。

久しぶりに「手向け」を吹いた。

モモの散歩が無くなって以来である。

自分の意思で逃げることができなかった子供や犬や猫への手向けである。

吹き始めてすぐに、モモが出てきた。

冷たい空気が身体に障るとみえて、すぐに中に入っていった。

昼から風も吹き、空もぐずついてきたが、いい一日であった。

02.22尺八とモモ

オバマさんが首をかしげる


アベ首相が弁じる。

1.中国とは戦略的互恵関係を大事にする。尖閣諸島は日本の領土である。釣魚は論外である。

2.韓国とは日米韓の仲間として友好関係を維持・発展させる。竹島は日本の領土である。平和的に返還させる。

日本人である私が、アベさん、一体どうするつもりなのかと聞きたいのだから、単純なアメリカ人に分かるはずがない。外務省の通訳がヘタクソに違いないと錯覚するのが関の山である。

わからなくても追求せず薄笑いで済ます日本人と違って、アメリカ人は分からないままで終わらせない。ドイツ人と違って理屈は必要としないが、その分ピンとくるものがなければならない。

仲良くしようといいながら、相手の感情を逆撫でしている。オバマさんにしてみれば、この機会に日本の「真意」を直接聞いておきたいと思うだろう。

TPPの真意を聞かれるのだから、こちらから一つくらい聞いていもかまうまい。オバマさんの気持ちである。

普天間。

移設先が北海道になっても、オバマさんにとってはどうでもいいこと。

ロス・アンゼルスの近くからサン・フランシスコの近くに移るほどにも感じない。カリフォルニア州は日本とほぼ同じ面積である。

アメリカは広い。1州の中でどうのこうのと騒いでいる日本を理解するのは大変だ。

アベさんが来るというので、沖縄の位置を側近に教えてもらったろうが、沖縄県と石川県の違いなど全然意識していない。

沖縄県民が嫌がっているのだから、アベさんの地元に移設したらいいではないか、こう言いたいだろう。人民の意見を無視した民主主義はオバマさんのスタイルではない。

アベさんが、地元石川県に移転したいと申し入れをすれば、オバマさんは、why not!の一言。

片想いが昂じるとストーカーになる。日米同盟の深化は米国への片想いで狂わんばかりの日本のストーカー行為である。

武器のお得意さんだからそう邪険にはあつかわないだろうが、内心は迷惑な訪米と思っている。

ともあれ、どこまで日本の外務省が玉虫色に仕上げられるか、共同声明が見ものである。

弾きたいけれど弾けない困ったギター

アグアドのアルペジオの練習曲がどうしても弾けない。8小節目で小指が届かないためである。

先生はちょっとむつかしいかなと言いながら、難なく流す。

この原因が小指の短さによることが分かってから久しい。

YAMAHA C-300を改造して2フレット短くしたら、いくら調整しても音程がすぐに狂って使い物にならなくなった。

ならばジュニアで、オークションで手に入れ、鳴らしてみたら、3弦の2フレットの音がボッと切れる。それを我慢しても、すべての音に伸びがない。指にはいいが、音楽にならない。指の運動じゃあるまいし。

今は、Grand Shinano GLS200をもっぱら弾いている。弦長が63センチ。音はC-300のボリュームにはかなわないが、どうせ弾けないC-300。比べても無意味である。

それでも、例のアルペジオは指が届かない。

ネットを調べると、指間の広さは関係ありません、練習ですなどと勇気づけてくれる記事が多いが、私に限っては失意しかもたらさない。私の左手を1週間貸してやるから、それで弾いてみな、と言ってやりたいくらいである。

カポを使ってみたり、テンションの違う弦に変えてみたり、Aを334Hzにしてみたり、コマを削ってみたりと、色々試してみたが、やはり届かないものは届かない。

写真は昨年5月のもの。今測った4ミリほど広くなっていた。20センチでも小さい方と言われるその20センチまで広がるには、あと10年かかる。それまでに死んじゃうよ。

うまく弾けなくてもいい、せめて音楽の流れには乗りたい。これができないのだから救いようがない。

と嘆いていたら、尺八の長管が腕が短くて吹けないという悩みがネットにでていた。

私は諸葛孔明かと紛うほどではないが腕は長い。2尺7寸管でゆとりがある。

ギターの恨みを尺八で晴らすことができたようで、嬉しくなった。

アベさんもモリさんも日本にいない。晴れ晴れした気分に乗って、ここは褒めた性格でないことを承知で、告白することにした。

付の1.
小指に負担をかけない練習曲ってないんですね、そうでなくては練習曲にならないから当然でしょうか。

付の2.
TPPですが、アメリカも自国生産物に例外を設けるとか。関税ゼロにして、その分、国内産業保護にカネをばらまくものと思っていました。自国産業を保護するなら、オバマさんはアベさんの例外依頼にノーとは言えないでしょう。なんだか、こんがらがってきました。

5.03左手

MOMO 食べる力あり

すっかり食欲が無くなったと思っていたら、今日はまた少しだが食べるようになった。

肉類は数本のビーフ・ジャーキーだけ。豚肉や牛肉は食べなくなった。

魚を好んで食べる。ご飯より麺類。

昼はスパゲッティ、夜はそばに缶詰のさんまの蒲焼を混ぜてやると、結構食べてくれた。

一病息災でも十病息災でもいい、食べる力はなんとか維持し続けて欲しいと願っている。

(下の皿はスパゲッティ。食べているのは純国産ソバ)
02.20食べるモモ

アイスホッケー女子を台無しにした飯塚監督

ソチ出場が決まって、アマチュア精神がまだ日本のスポーツ界の片隅にでも残っていたとほっとしたのはつい先日。

今日になって、それがあっけなく消えてしまった。

選手たちはアイスホッケーが好きで好きでたまらない、そういう仲間である。世界の桧舞台は夢には見たかもしれないが、実現するとは思っていなかった。

それが実現して、幸福感を味わっていた。

額に汗をして資金を工面しながら勝ち取っただけに、感無量であったろう。

笑顔で成田を出発して、勝っても負けても笑顔で成田に戻ってくる。

それからは、また選手それぞれの人生を歩むことになる。

こういう爽やかで純真なチームであるはずだった。

それが、他の五輪種目と同じように、メダル欲しさから勝つためのチームに堕落させてしまった。

監督が、言論の自由を封じたのである。

フェイスブックなるもの、私は聞きかじりの程度でしか知らないが、選手の何人かが使っているのを、禁止するという。

アイスホッケーで生活をたてているのであれば、強くなるために必要かもしれないが、楽しみのスポーツ選手が、気晴らしに好きなことを発信してどこがいけないのか。

表現の自由は憲法で保証されているはずだ。

JOCがこれにどんな判定を下すか、待つまでもない。こんな監督の元ではやっていけませんとサッサと退部したらいい。

カネまみれの種目ならともかく、アマ精神がまだ残っているアイスホッケー女子なら臆することなく決断できるはずだ。

付の1.
通達を聞いたとたんに、選手から笑顔が消えました。哀れでなりません。監督の辞任を私は断固要求します。

付の2.
マスコミがどう出るか、ウオッチしましょう。

~~~~~~

アイホケ娘に異例のFB禁止令!11年なでしこ教訓に
スポニチアネックス 2月20日(水)7時1分配信

 異例のフェイスブック禁止令が出された。アイスホッケー女子日本代表の飯塚祐司監督(38)は19日、大沢ちほ主将(21=三星ダイトーペリグリン)ら8選手と苫小牧市役所で岩倉博文市長を表敬訪問。その場でソーシャルネットワーキングサービス「フェイスブック」の使用禁止を通告した。ソチ五輪の出場権を獲得して注目が高まる中、プライベートの管理を徹底し、アイスホッケーに集中させる。


 突然のお達しに、笑顔がトレードマークのアイスホッケー女子日本代表の表情が凍りついた。関係者から「監督からお知らせです。フェイスブックは禁止です」と伝えられると選手らの笑い声が消えた。この日集まった8人のうち3人はフェイスブックを利用。苫小牧市のゆるキャラ「とまチョップ」と記念撮影する選手もいたが、その写真もフェイスブックにアップできないことになる。ソチ五輪出場を決めた“氷上のなでしこ”にも有名税がかかった。

 飯塚監督はフェイスブックの使用禁止に至った経緯について「いろいろ大変なので。既にメッセージや申請が大量に来ていると聞いている」と説明した。他競技では、11年にサッカー女子のなでしこジャパンの選手が飲み会の様子をツイッターで中継され、騒動に発展している。選手らはシーズンの真っ最中で、3月の全日本選手権(帯広)、4月の世界選手権(ノルウェー)に向けても大事な時期。飯塚監督は「飲み会の写真とかが出て騒ぎになっても困る」と同じてつを踏まないように早速、動いた形だ。

 ソチ五輪での目標はメダル獲得。祝福の嵐にも、気の緩みは厳禁だ。「注目されるので、代表だけでなくチームでも良いホッケーをしないといけない」と坂上。浮かれモードもフェイスブックも封印して、アイスホッケーに集中する。

入試センター試験 英語 教師に同情

数年前、さんざんこき下ろした。

駅前英会話教室の英語は今も変わっていない。軽佻浮薄で、およそ青年男女の感性とはかけ離れた問題ばかりである。


英語教師は、ほとんどが大学の英米文学部で、文学作品に接しているはずである。

後期2年の専門過程は、ハ~ィ、Tomi、ハ~ィ、Jackのリピートで埋まっていたのではない。

生徒にこれを紹介しようという作品の5つや6つに出会っている。

教師になって、その中の一つを教材にしようとすると、生徒から、「そんな英語、入試センターに出ないぞなもし」と言われる。

やむを得ず、「ハ~ィ、Tomi、昨日の映画、面白かった?」、「ウン、さすがトム・ハンクスだね」なんていう駅前英会話を教材にする。

私は、英語教師に深く同情する。

私が受けた英語の授業はどんなものだったか。

例えば、S.モームの短編「The Lotus Eater」

英語を区切りの良いところまで、一気に読む。時には3頁にわたることもある。

その後、和訳する。文法や英作の時間で当たり前になっていた「彼、彼女、~ところの」など日本語でない言葉は一切使わない。イディオム、構文の解説もない。ただ、英語を読む、日本語を話す。

毎回これで授業が進むから、作品の流れにとどこおりがない。

作品の良さと日本語の美しさを英語の授業で私は堪能したものである。

もう一人の教師もすばらしかった。

教科書である三省堂の読本には詩がかなり載っていた。それの和訳が見事な日本語の詩になってしまうのだ。

今年のセンター試験にあるアメリカの時差やWHOの統計など一度も教材にならなかった。

昔は良かった式になってしまって申し訳ないが、国語試験をやり玉に挙げた手前、片手落ちにならいよう、再度英語を取り上げた。

付の1.
このモームの作品について、以前ブログにしました。

付の2.
イギリスの随筆の魅力にしびれたのも、こういう授業のお陰でした。先生も授業を楽しんでいました。

NHKさん、物議をかもしてください

NHKにバイパスがあることを初めて知りました。

論説委員や記者が個人的に思っていることを、世間に伝える場であれば、おおいに結構なことです。

私は、アナウンサーはじめNHKの職員は、そこらの有識者や大学教授よりずっと高度の見識を持っていると思っています。

組織の制約からその見識がボツにされてきたので、これからはTwitterとやらでどしどし、本音を語ってもらいたいと願っています。

NHKともあろうものが、でなく、NHKであるからこそ物議をかもさなければいけません。

元NHKではだめ、現役がNHKを堂々と名乗って、頑張ってください。

~~~~~

「ネット弁慶は東北へ行ってボランティアしてきな」……NHK広報Twitterのツイートが物議
RBB TODAY2月19日(火)11時42分配信

 ユルいツイートで人気を博しているNHK広報局の公式Twitterアカウント。しかし、18日深夜にこのアカウントから発信された、一部ネットユーザーを批判したツイートがネット上で物議をかもしている。

 「ヘイトスピーチをまき散らすだけで、まるで何か世の中の役に立つことをやっている気になっているようなネット弁慶さんたちには、1度でいいから東北へ行ってボランティアでもしてきなよ、と言いたい。かなり本気で言いたい」

 問題となっているツイートは上記のもの。かねてよりNHKらしからぬ(!?)ユルいツイートでファンも多く、54万人を超すフォロワーを獲得している人気アカウントだが、今回のツイートは特に反響が大きく、賛否両論を呼んでいる。

 同アカウントの“中の人”によれば、ヘイトスピーチとは「人が”自分では変えることの出来ない特徴や環境”などをとりあげて、その人を貶めたり攻撃したりするような発言」のことだそうで、先のツイートを発した理由は「東北についてひどいことを言っている人に、現地を見て欲しいと思ってツイートしたものです」とのことだ。

 同ツイートをめぐっては賛同意見も多いが、その一方で、「そういう人に来られても迷惑じゃないですかね?」「東北人として一言。NHKが本気でこれを言ってるのなら甚だ心外、東北を何だと思っておいでなのか」「正論ですけど、そう言いたいのならツイートではなく、本来のお仕事の範囲でやった方がよろしいのでは。効率の面でも、責任の面でも、ネット弁慶でないと証明するためにも」「満ち足りている幸せな人はヘイトスピーチなんかしませんよ。NHK職員の恐らく1/10にも満たない収入しか無い境遇の人に上から目線で言うより、自分がボランティアに行ってを範を示したらどうですか?他人を客観的に見る目に欠けるからマスメディアが信頼を失うのですよ」などといった様々な意見が寄せられている。

酒は涙か溜息か 人は泣く

近頃、日常生活で普通に見かける事象まで研究の対象になっている。

泣くとストレスが解消されるということまで研究されるのだから、大学も天下泰平の世を貪っていられるいい時代になったものだ。

泣くことが特にストレス解消に役立つのではない。喜怒哀楽の4字、すべてストレス解消に役立つと私は考えている。

喜。
ムシャクシャしている時に、新聞を見たら1億円の宝くじが当たっていた。大金持ちの孫(ソン)さんはどうかわからないが、普通の人ならムシャクシャは即刻退場となる。

採用通知を受け取る、入試合格を知る、息子がノーベル賞を受賞する。

それほど大げさでないが、じゃがいもの芽が出た時の喜び、腰を曲げても痛くない時の喜び、少々のストレスは解消される。

楽。
王貞治選手が連続ホームラン、アイルトン・セナが1着でゴール。日本庭園でお茶を飲む、碁敵に10連勝する。預金残高を眺める。楽しみは人それぞれだが、その人の楽しみはその人のストレス解消に役立つ。

怒。
この我慢が一番悪い。私は、讀賣と産経の記者にはストレスがないと思っている。中国、韓国、朝鮮に怒りをぶつけて、それが記事になるからである。

東京もストレスがないだろう。怒りを記事にして、それで購読を止めるならそれもよし、の精神であるからだ。全国制覇の夢を最初から諦めている気軽さもあるだろう。

朝日と毎日は怒りを表に出せない。あくまでも良い子でなければいけない。ストレスが溜まる。

新聞記者の怒りは商店襲撃の反日デモ隊のそれと形は同じではない。しかし、怒りは怒りである。

NHKの記者や論説委員も怒りを表に出せないから、やはりストレスの塊である。

まあ、これは勝手に想像しただけで、怒りの発散もストレス解消になる、反対に怒りを内に抑えているとストレスは増大すると私が思っているだけである。

最後に哀。
すでに学者先生が研究成果を発表しているので、屋上屋を架すことはない。

これからが私のストレス解消。

泣けるツボの映画を挙げる。

「ひまわり」 
有田教授がこの作品を挙げている。私も同感。出だしのいい加減な二人を終わりの頃にはすっかり忘れて、泣きだしてしまう。

「ビルマの竪琴」 
ひまわりに匹敵する作品である。ひまわりは音楽の相乗効果があるが、これは映像と言葉だけ。それでいてひまわりに負けていない。モノクロの作品を指す。リメイクは駄作である。

「ヘッド・ライト」
 ジャン・ギャバンがどれほど悲劇の主人公でも、あの不景気な顔では涙は流せない。これは音楽で泣く。SP盤のような音質が,かえって涙を誘う。

「アンドリューNDR114」
原作が優れていることは確かだ。土から土へ、灰から灰へ。前の3作が社会による悲しみ、家庭に依る悲しみで泣くのに対し、生命の持つ悲しみで泣く。

イタリア映画が1本、フランス映画が1本、アメリカ映画が1本、邦画が1本の計4本が私に涙のツボに当たる。


付の1.
原作を読めば、映画の2倍から5倍は泣けます。どんな名画でも文字で表された原作にはかないません。

付の2.
国会議員さんは、泣くのでしょうか。四方八方にケンカを売っているような姿を見ていると、ストレス解消なのでしょうか。隣国が迷惑です。

予算委員会の前に、みんなで「ひまわり」を鑑賞したらどうでしょう。4時間の討議が30分で終わりますね。鑑賞時間の元は十分取れます。

付の3.
表題の「酒は涙か~」は、こんな歌詞があったような気がしたので、使ってみました。内容とは無関係です。

付の4.
離婚式プランナーなる職業があるとは知りませんでした。

~~~~~~

心に効く! 働き女子を救う「涙活」って?
日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)2月18日(月)11時25分配信

 辛いことに直面し、悲しみにくれる夜。喜びに満ち溢れ、思わず涙腺が緩んだ日。魂が揺さぶられ、感情が溢れ出したとき、私たちの頬を伝うひと筋の“涙”――。

 涙の理由は様々でも、ひとしきり泣き終えたあとは、なぜか心が静まり、穏やかになる気がする。張り詰めていた思いがフッと解放されて、心地よい脱力感に包まれるようなあの感覚。きっと誰もが一度は経験しているのではないだろうか。

 そんな“涙“の力に着目し、能動的に泣くことで心のデトックスを図る“涙活(るいかつ)”を発案し、提唱しているのが、離婚式プランナーの寺井広樹さんだ。見知らぬ人たちが集まり、泣ける映画や朗読を聞いて意識的に涙を流す“涙活”イベントを先月からスタートさせている。

 そもそも寺井さんが、涙の持つ力に気づいたのは、自身が手掛ける離婚式がきっかけだった。

 「離婚式では、女性はもちろん、男性側が大粒の涙を流して泣いていらっしゃる姿もよく目にします。ですが、指輪を叩き壊すセレモニーを終え、涙が出尽くす頃には、皆さん決まって清々しいようなスッキリした顔になっている。“泣くことって、こんなに人の感情を浄化させるのだな”と実感したんです」

涙は神様が与えてくれた宝物

 実はこの“意識的に泣くこと”は、医学的にみても理にかなったストレス解消法だという。『脳からストレスを消す技術』(サンマーク出版)などの著者を持つ、東邦大学医学部生理学教授の有田秀穂さんはこう話す。

 「涙を流すことによって、緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わります。たくさん涙を流すほど、ストレスが解消し、心の混乱や怒り、敵意も改善することが研究結果で分かっているんです」

 つまり、友人や部下が泣いているのを見たときは、“泣かないで“ではなく、“思いきり泣いていいよ”が正解。睡眠や笑いよりも強いストレス緩和力を持つというから、“涙”の力おそるべし、だ。

 ただし、涙なら何でもいいというわけではない。

 「ドライアイを防ぐ基礎分泌の涙やタマネギを切った時に出る角膜保護の涙は、いくら流しても意味がありません。ストレス解消に効果があるのは、悲しいときや感動したときに流す“情動の涙”。これは人間だけが流すことのできる涙であり、神様が与えてくれた宝物のようなものです」

 “情動の涙“とは、心が動く涙。そのベースとなるのは、他人に対する“共感”だ。自分の過去の体験などから、相手の思いや境遇に共鳴すると、心の琴線に触れて目頭が熱くなる。

 「共感が高まっていくと、脳の前頭前野、ちょうど第三の目と呼ばれるチャクラに近い位置にある“共感脳”の血流が増え、その結果、涙が出るのです」

 “歳を経るごとに涙もろくなる“というのは、人生経験が増えることで、他人に対する“共感”も増えるから。つまり、様々な体験をしている人ほど、泣きやすい人ということになるのだろう。

“週末号泣”で1週間のストレスを洗い流そう

 また、涙のストレス緩和力は、意外に持続性が高いそう。有田さんも、以前より、“週末号泣”を薦めている。

 「人物に共感し、涙が出るまでには最低15分はかかります。それだけの感情を蓄積させて泣くのだから、その効果は絶大です。週末に号泣すれば、1週間くらいはストレス緩和が持続しますから、脳科学的にみても“涙活“は、大いにやるべき。人によって“泣けるツボ”は違いますから、自分好みの泣けるモノを持っておくといいでしょう。ちなみに私は、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ主演の『ひまわり』という洋画がツボ。映画のテーマ曲を聴いただけで泣いてしまいますね」

 「涙は女の武器」「鬼の目にも涙」などと言われるように、涙には、人の心を強く揺さぶる威力がある。それだけに使い方には注意すべきと、有田さんは忠告する。

 「周りを動かそうとしたり、相手にストレスを与えるような涙はNG。あくまでも自分のために流す涙であるべきです」

 他人へのアピールではなく、自分のメンタルをコントロールするために活用するのが、大人の女性の“涙の作法”だ。

 ストレスに真っ向勝負を挑むのではなく、上手く逃がす術を身につけることで、自分をラクにして生きやすくする。そんな“涙活”習慣をアナタもつけてみてはいかがだろうか?

取材・文/西尾英子

北方四島 疑似餌でわざと釣られる日本政府

人が住んでしまったら、もう返還なんかできない。

戦時中の日本がそうだった。戦争で負けたから大陸や半島から戻ってきたのである。今のイスラエルがそうであるし、国際世論がなんと言おうと馬耳東風、占領地を手放すことは絶対にない。

ロシア通として有名な佐藤優さんの予想では、去年の12月には何らかの進展が見られたはずである。

はや2月。一向にその気配はない。

共産主義ソ連から資本主義ロシアの代になっても、同じ。ロシア人が住み着いた4島をロシアの指導者が返すと言うわけがない。

ロシアが、返還をちらつかせるのは、疑似餌である。

それを承知で釣られるのは(釣られる振りをするのは)ロシアの市場と資源が魅力だからだ。

嘘だと思ったら、外務省の幹部に聞いてみるといい。北方領土の返還は国民の願い、根気よく対話を続ける決意ですと文学的回答が返ってくるから。

ロシア政府に返す気がないことと等量分、日本政府は返されるとは思っていない。

近頃、親書が乱発されている。国民には中身がわからない。

森さんの持参する親書、いっそ、マル秘のスタンプを押して、密書と言ったらどうか。

首相の訪米、元首相の訪露、最初から日本国民にやってみせるためのものでしかない。

付の1.
真意を語ってもらえると本気で期待するのならお人好し。

付の2.
もしも、いずれかの交渉で具体的進展が認められましたら、私はふたたび謹慎蟄居の刑を受けます。日本の新聞やテレビだけではだめ、アメリカやロシアのマスコミが認めることが条件です。

~~~~~~~

森元首相のロシア派遣発表=安倍首相特使で20日から
時事通信2月18日(月)16時28分配信

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、安倍晋三首相の特使として森喜朗元首相を20~22日にロシアへ派遣すると発表した。プーチン大統領宛ての首相の親書を託す。

~~~~~~~

北方領土「引き分け」とは? 森氏、プーチン氏と会談へ
朝日新聞デジタル2月19日(火)1時11分配信

 森喜朗元首相が20日からロシアを訪れ、プーチン大統領と21日に会談する。プーチン氏は昨年、北方領土問題解決について「我々は妥協に至らなければならない」として、「引き分け」という言葉を使った。森氏はその真意を探りつつ、安倍晋三首相の年内訪ロへ環境整備を目指す考えだ。

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で森氏の訪ロについて「安倍首相のプーチン大統領への親書を持ち、特使として訪ロをいただく」と発表した。森氏は10年ぶりとなる首相の公式訪問に備え、北方領土問題で本音を聞き出したい考えだ。

 プーチン氏は大統領に復帰前の昨年3月、朝日新聞などとの会見で「引き分け」との日本語を使い、「最終決着させたい」と述べた。森氏は「大統領の言う引き分けとは何か。(四島のうち2島の)歯舞、色丹の返還で手を打てと言うのか、そうではないのかを知りたい」と語る。

安倍首相訪米 手土産一杯、プレゼントはゼロ。

信頼関係がわずか1回の面談でできるはずがないので、これを真面目に取り上げるつもりはない。

こちらから持っていくおみやげとそのお返しに私は興味がある。

普天間はオバマさんにしてみれば、わざわざ太平洋を横断して来てもらって話しあう程のことではない。役人をあてがえばそれで済む。勿論、これは既成ルートの再確認であるからで、日本国民の一員である沖縄県民の反対を汲んで安倍首相自ら「どうしても国外へ」と「直訴」するためとなれば、オバマさんも「じゃあきちんと聞いてみるか」となる。

兵器購入など、色々あるに違いないが、訪米の最大の目的はTPPに例外を設けてもらうことである。

地方で圧倒的に支持を受けている石破さんの手前、TPPから農業を除外しないわけにはいかない。

オバマさんからこの言質を取り付けることのためには、どんな土産を要求されても持参するつもりでいる。外交官は頼りにならない、電話会談では誠意が通じない、やはり自分から謁見の場に行くことだ。

こういう涙ぐましい努力は、残念ながらオバマさんには通じない。

そもそもTPPは例外をなくすために考えられたものである。例外を設けたら、何のためかわからなくなる。自国の不利な分野は相手の有利な分野である。有利・不利がゼロサムだから当然のこと。

テレビ、自動車はドンドン輸出しますから無税で行きましょう、農作物は関税を掛けて保護させてください、こんな自分勝手が許されるはずがない。

アメリカが、「アメリカの自動車産業を保護するために関税を掛けるとしよう、農作物は無税で行きましょう」と切り返されたら、どんな面をするというのだ。

例外は設けない。それで日本が不参加するなら、アメリカは日本を見放すぞ、こんな脅しが待ち受けている。

オバマさんが、安倍さんに会って、「ああ、ミスター・アベはなるほど聞きしに勝る超大物だ。例外の要請、アイ アクセプト(I accept with pleasure!)」・・・ハハハ、あり得ない。

外務省は、総出で夜昼なく、玉虫色の共同声明作りに腐心していることだろう。

安倍首相が政府専用機に搭乗するまでに、仕上げなければ、安倍首相から大目玉を食らう。必死である。

別に同情はしないが、心情察するに余りある。

付:
日米同盟の再確認、朝鮮制裁の再確認、アジア外交の再確認、再確認のオン・パレードになります。キャンセルした方がいいんじゃないの。オバマさんも喜ぶことだし。

~~~~~~

<安倍首相>21~24日に訪米 オバマ大統領と会談
毎日新聞 2月15日(金)18時47分配信

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、安倍晋三首相が21~24日の日程で訪米し、現地時間22日にオバマ大統領と会談すると発表した。岸田文雄外相も同行し、ケリー国務長官と会談する方向。菅氏は会見で、「北朝鮮問題をはじめとするアジア太平洋地域の情勢を含め、幅広い課題について忌憚(きたん)のない意見交換をし、日米関係の強化を明確に内外に示したい」と会談の狙いを説明した。

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題、ハーグ条約への加盟問題もテーマになる見通し。【鈴木美穂】

シンガポールのデモ、分子と分母

シンガポールで数千人のデモがあった。

デモの要求は他国のことだからタッチしない。

数である。

シンガポールの人口は530万人。甘い主催者側発表の4千人を採れば、総人口の0.1%の参加である。

この0.1%は、日本に当てはめると13万人のデモとなる。

お隣の人口大国中国に当てはめると130万人のデモとなる。

反日デモの規模の小さかったことがよく分かる。

付:
0.07%にしなかったのは、参加者数が曖昧であることと、0.1%と0.07%の違いに意義を認めないからです。

~~~~~~

シンガポールで異例の政府批判集会、移民拡大政策に抗議
CNN.co.jp 2月17日(日)14時31分配信

(CNN) シンガポールで16日、政府が打ち出した移民の受け入れ拡大に抗議する数千人規模の集会が都心部の公園で行われた。

単独与党の長期統治が続き、政府批判には規制も多い同国で、政策への抗議集会が公然と開かれたのは極めて異例。

集会の会場は、デモなどの開催が唯一認められている場所近くの公園で、主催者発表では3000~4000人が参加。1965年の独立達成後、政府批判派が開いた集会では最大規模と主張している。シンガポールの警察は、集会への参加者数を明らかにしていない。

シンガポール政府は先に、経済成長を維持し適切なビジネス環境を保つため総人口を現在の530万人から2030年までに690万人に増やす政策を発表。急速に進む高齢化社会への対策として外国人の役割も必要とした。

16日の集会では、参加者が、外国人を恐れはしないが、雇用機会が奪われ、賃金減少や住宅や交通機関の混雑につながるとの懸念を表明。政府の政策は中国系住民らが自国で少数派になりかねないとの不安も示された。

他の先進国同様、シンガポールでも過去数十年間、出生率の減少に悩み、世代交代の推進に支障が出ている。この中で、企業幹部や、建設業や清掃などの低賃金職場では外国人頼みが目立っている。貧富の差が拡大する問題にも直面している。

集会参加者は、国民は将来の経済展望に確信が持てたらより多くの子どもを育てると主張。政府は安価な外国人労働力に依存するより、国民の賃金改善に努力すべきだと強調した。

尖閣・釣魚は地球の物、人の物ではない

私は、経済評論家を馬券売り場の予想屋以下と見ている。

予想屋は、予想が外れ続けば、客は逃げていく。

経済評論家は、テレビで名が売れるだけで、大学から声がかかって経済学の教授となる。

新年の為替予想や景気予想で当たるのはまぐれである。それで近頃は、この手の予想は元旦の新聞には載らなくなったと聞いたことがある。

根っから信用していない経済評論家は相手にしない主義の私でも、今回ばかりは無視できなかった。

尖閣・釣魚に隕石が落ちれば良かったとテレビで公言した経済評論家のことである。

日本と中国が尖閣だ釣魚だとわめいているのは、今日の日本人と今日の中国人である。しかも、ごく少数の贋愛国者がわめいているだけのことである。

100年先、いや30年先にも、日本と中国の交流の休憩地点になるかもわからないのだ。太平洋のハワイを見れば、いかに貴重な地球の突起物であるかがわかる。

それを、宇宙から来た物体が日本、中国のどちらにも味方しないということで、隕石で尖閣・釣魚を地上から抹殺したらよかったと言う。

尖閣であれ釣魚であれ、アトランティスにしたら、もう海図の深度でしか記されなくなる。

私は、宋某がどれほど人気のある経済評論家か知らない。

経済評論家なんかこんなもの。私は再確認した。

付の1.
あとからジョークと言い訳けしたのも見苦しい限り。病気で寝ている人に向かって、死んでしまえばいいと言って、あとからジョークと言えますか。

付の2.
テレビ局が謝りました。物議をかもしかねない事が理由であれば、何をかいわんやです。絶海の孤島のありがたさが失われる事を理由にしているのでしたら、日本テレビを見直します。

~~~~~~

「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言
産経新聞2月17日(日)20時26分配信

 日本テレビの報道番組「真相報道 バンキシャ!」で17日、ロシアの隕石落下を伝えるニュースの中で、コメンテーターとして出演していた中国出身の経営コンサルタント、宋文洲氏(49)が「(隕石は)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」などと発言し、アナウンサーが謝罪する一幕があった。

 同番組内で、宋氏は、隕石落下の影響を伝える現地リポートに続いて意見を求められると、「地球って言うのは脆弱ですよね。巨大な地震もあれば、なんと予測もできない巨大な隕石も来て、人類は細かいことでもめている場合ではないんですね」と切り出し、「今日思ったのはですね、尖閣諸島に落ちてくれないかと思ったんですね。なくなればトラブルもなくなるから」などと笑いながら語った。宋氏の発言に、メーンキャスターの福沢朗氏は「ずいぶんと思い切ったご意見をいただきましたね」などと取りなしたが、約20分後に鈴江奈々アナウンサーが「スタジオで一部不適切な発言がありました。失礼いたしました」と謝罪した。

 宋氏は中国出身で、経営コンサルなどを行う「ソフトブレーン」創業者。経済評論家としてテレビ番組などでも活躍している。日本テレビによると、「真相報道 バンキシャ!」には平成18年4月から出演。最近は年3回程度のペースで、ゲストコメンテーターを務めていた。

MOMO 生命力に望み

昨日、白濁の粘液を多量に吐きました。

おととい、牛乳、ビーフ・ジャーキー、スパゲッティ、餡、ピーナッツなど、最近のモモにしては珍しいほどなどよく食べて(と言ってもほんの一口)、ほっとしたのですが。

養分は全部体内に吸収して、残りカスを吐いたものと私は解釈することにしました。

人の72歳と犬の13歳は、同じ老いとのこと。その根拠を正すつもりはありませんが、これからモモは私の4倍の速さで歳を取っていきます。

人の命の長さを古人が語っているのを思い出しました。

付の1.
モモは母犬から直接家に連れて来た犬。子供の頃から見ていますから、命の短さが実感できるのです。

付の2.
そりゃないよ獣医さんからのと同じアドバイスを見つけました。海外出張を命じられることのない今の身、四六時中、付き添っています。

付の3.
40どころかはるかに長生きした兼好を先生が「弁護」した時、私たち生徒はどっと笑いました。高校古文の思い出です。

~~~~~~~

「余命少ないペットの治療を打ち切ることも重要」と獣医指摘
2012.04.05. 16:01

 動物には自然に定められた寿命があるもの。とはいえ昨今の動物医療の進歩やペットフードの普及などでペットも長生きできる環境が整ってきた。それに伴い、飼い主が向き合わなければならなくなったのが、ペットの老いと“看取り”。ペットが末期の重い病気にかかったり、介護が必要になった際、つらい決断を迫られる飼い主が増えている。

 兵藤動物病院(神奈川県横浜市)獣医師の兵藤哲夫さんは次のようにいう。
「まず、動物と人間は違うという認識を持ってほしい。人間には想像力がありますが、動物にはありません。動物が考えるのは、いま現在のことだけ。なぜケージの中に入れられて点滴をしなければならないのか、理解はできないのです。だから末期で余命いくばくもないのであれば、治療を打ち切り、自分の家で最期を迎えさせてあげたいと、ぼく個人は考えています」

 一方、飼い主の心をサポートするグリーフ(悲嘆)ケアも重要と認識されはじめてきた。
「ペットがもうすぐいなくなってしまうかもという不安を抱えたまま治療に向き合っている飼い主に、症状を一方的に伝えると恐怖や孤独感が大きくなってしまいます。飼い主が迷いや苦悩を安心していえる環境を獣医師がつくっていくことが、いま必要とされていると考えています」

 そう話すのは、動物医療グリーフケアアドバイザーでもある獣医師の阿部美奈子さん。
「治療を受けさせても、受けさせなくても、飼い主には“これでよかったのだろうか”という葛藤がつきまといます。だから、飼い主の選択が、ペットにとって最良だったと肯定してあげる人の存在が必要なのです。その役割をホームドクターや病院のスタッフに担ってほしい」(阿部さん)
※女性セブン2012年4月19日号

~~~~~~

徒然草 第七段

 あだし野の露消ゆる時なく、鳥部山の煙立ち去らでのみ住み果つる習ひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそいみじけれ。

 命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮すほどだにも、こよなうのどけしや。飽かず、惜しと思はば、千年を過すとも、一夜の夢の心地こそせめ。住み果てぬ世にみにくき姿を持ち得て、何かはせん。命長ければ辱多し。長くとも、四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。

 そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出で交らはん事を思ひ、夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世を貪る心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。

(2月17日朝のモモ)02.17.モモ

儲けようとする人、悲鳴をあげる人

安倍首相は、演説ですべての国民を幸福にすると豪語した。

四季報がよく売れている。灯油の高騰に悲鳴を上げている人が、買っていくと、私は思っていない。

四季報を買って儲けようとする人、灯油高騰に悲鳴をあげる人、人種が違うと思っている。

カネが交換手段に必要以上に出回れば、行先は株か金(ラス・ベガスやマカオもあるか)しかない。アベノミソッカスを実行すれば、いや、口に出すだけでも、株は上がる。

株で一儲けしようとする人間に向かって、額に汗する人でありなさい、と安倍首相が説教しなければいけない。彼は、所信表明でそう言っているのだ。

安倍も安倍だが、灯油の高騰に(円安のためだ)悲鳴を上げている同胞のいるのを承知で、円安、それ輸出関連企業の買いだと、色めき立つ。

そんなにカネが欲しいのか、美しい日本の民よ。

~~~~~

「四季報」が在庫切れ、投資熱上がる個人-証券にも電話殺到
Bloomberg2月14日(木)0時1分配信

  2月14日(ブルームバーグ):1936年の創刊以来、日本株投資家のバイブルとされてきた「会社四季報」の新春号(2012年12月発売)が、在庫切れの状況にあることがブルームバーグ・ニュースの調べで分かった。昨年11月以降の相場上昇を背景に、個人投資家が市場に回帰、株式投資熱が盛り上がっていることを示す象徴例だ。

「四季報」発行元の東洋経済新報社によれば、新春号の部数は非開示ながら、前回の秋号(12年9月発売)と比較し50%増えた。また、掲載銘柄数を絞り、四季報の入門版である「会社四季報プロ500」の新春号は、03年の販売開始以降で初めて完売。日本経済新聞社広報グループによると、「日経会社情報」新春号の売れ行きも好調という。

前首相による衆院解散宣言があった昨年11月14日以降、安倍自民党政権の誕生や日本銀行の積極的な金融緩和策実施への期待が高まり、TOPIXは2月12日までに34%上昇。東京証券取引所が公表する投資部門別売買動向によると、外国人の買いと並び個人の売買も活発化し、日本株の売買代金に占める個人のシェアは昨年11月の22%からことし1月には31%に上がった。ネット証券最大手のSBI証券の公表データでは、1月の同証経由の月間売買代金は7兆6142億円と、昨年12月の1.9倍に膨らんでいる。

東洋経済営業推進部の加藤正俊副部長は、「アベノミクスで株価が上昇していくとは思っていたが、ここまで活況になるとは予想できなかった。個人投資家や企業担当者、全国の書店からの問い合わせが非常に多い」と述べた。同社では、新春号は増刷しないが、3月に発売する春号については例年より多めの部数とする方針だ。

株本売れ行き、ライブドア・ショック前に

日本橋・兜町で金融関連の書籍を専門に扱う雄峰堂書店では、四季報新春号を400部入荷したが、店頭に並べてある30部を除き完売した。9月の秋号は、100部以上が売れ残った。外商チーフの森山篤氏は、チャート分析の週刊誌や株の専門書も良く売れており、「これだけ売れているのはライブドア・ショック前の05年の相場以来」と言う。

スー・チーさん、安倍さんに爪の垢を

お坊ちゃん、お嬢ちゃんとしてチヤホヤされて政治家に成り上がった日本の国会議員との格の違いをここでもみせつけられた。

日本の歴史認識が話題になった時、南京虐殺があったかどうか、慰安婦が強制されたものであったか、この次元をスー・チーさんは語っていない。

「誰でも過ちを犯すことはあるが、過ちを認めることをためらうことこそ本当の過ち」

こう語ったのである。

名指しこそしなかったが日本の安倍首相やマスコミを意識しているのは間違いない、というのは間違いである。

韓国メディアは韓国に有利な解釈をするかもしれないし、日本メディアは無視するかもしれない。こんな韓国だ日本だという国益レベルとは次元が違う。

スー・チーさんは国際社会における普遍的真理を語っているのである。

二言目には国際社会を口にだして、まるで自分が国際社会の模範生のように振る舞う安倍首相に爪の垢でも送ってもらいたいものだ。

希釈すれば、一部マスコミの論説委員にもお裾分けができるだろう。

~~~~~~~

来韓中のスー・チー氏 日本の歴史認識に苦言
聯合ニュース2月1日(金)14時36分配信

 【ソウル聯合ニュース】ミャンマーの民主化運動指導者で最大野党を率いるアウン・サン・スー・チーさんが、日本の歴史認識に関連して「誰でも過ちを犯すことはあるが、過ちを認めることをためらうことこそ本当の過ち」と述べた。

 1日、ソウル市内の金大中図書館で仁川市の宋永吉(ソン・ヨンギル)市長と会談した席で発言した。宋市長が「ドイツとは違い、日本は慰安婦問題などを認めていない。関心を持ってほしい」と述べたのに対し、「過ちを正そうとする姿勢が重要」などと強調した。

 またスー・チーさんは「日本の帝国主義に立ち向かった父は『日本人個人を恨んではいけない。誰にでも長所・短所があるため短所ばかりをみて恨んではいけない』と言っていた」と話した。

 朝鮮半島が分断されている現実に言及した宋市長の言葉に、「違いを認めながら同時に(統合は)可能だという自信を持つべき。相互理解と尊重の中に違いを認め、他人の観点から問題を見つめると多様な人と集団を統合できる」と説明した。

 自身の人生については「自分が選んだ道であって犠牲だとは思わない」と述べた。

 スー・チーさんは宋市長と20分間にわたり会談した後、韓国に住むミャンマー人との懇談会に臨んだ。故金大中(キム・デジュン)元大統領の李姫鎬(イ・ヒホ)夫人とも会談する予定。

日本の面目が立った河野訪韓

しばらく前、スー・チーさんが韓国を訪問し、その時、日本の朝鮮半島占領について、過ちを過ちと認めないことが過ちであると語った。

日本国の政治家やマスコミが侵略戦争の過ちを認めていれば、こんな風に他国の政治家からお説教をいただかなくても済んでいた。

いつかこのことをブログにしようと思っていたのでスー・チーさんの記事は残しておいた。

ただ、日本の恥は自分の恥でもあることから、気が重く、気にはなっていたが、延ばし延ばしにしてきた。

今回、河野洋平さんが、韓国で日本民族が朝鮮半島民族に与えた苦痛に言及したことで、私の気は大いに軽くなった。

独善・偏狭な日本人ばかりが日本人ではない、善隣・公平な日本人だっているということが韓国人に知ってもらえたのだ。

今日になってようやくブログにすることができたのも、河野洋平さんの訪韓から「勇気と感動」をもらったからである。

~~~~~~

歴史問題で朴槿恵氏に対応促された河野洋平氏

 【ソウル=門間順平】河野洋平・元衆院議長は14日、日韓関係に関するフォーラム出席のため訪韓し、朴槿恵(パククネ)次期大統領とソウルで会談した。

 朴氏の報道官によると、朴氏は「日本は被害者の苦痛を心から理解するという立場で考えてほしい」と述べ、いわゆる従軍慰安婦問題などの歴史問題での日本側の対応を促した。

 一方で朴氏は、追加の核実験を示唆している北朝鮮を念頭に「韓日の協調がこれまで以上に重要な時期」と指摘。「歴史問題が国民感情を刺激し、未来志向的な関係発展の障害になってはならない」と語った。
(2013年2月15日07時47分 読売新聞)

~~~~~~

NYタイムズ、安倍首相を酷評 河野談話見直し「重大な過ち」
産経新聞 1月4日(金)10時11分配信

 【ワシントン=佐々木類】米紙ニューヨーク・タイムズは3日付朝刊の社説で、「歴史を否定する新たな試み」と題し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」に関して、有識者による再検討の必要性に言及した安倍晋三首相を「重大な過ち」と強く批判した。

 社説は、12月31日付産経新聞1面などに掲載された安倍首相へのインタビュー記事を引用し、安倍首相について、「右翼の民族主義者」と決めつけ、「朝鮮などの女性を強姦、性奴隷にし、第2次世界大戦で侵略したことへの謝罪の見直しを示唆した」と非難した。

 また、「戦争犯罪を否定し、謝罪のトーンを弱めるどのような試みも、韓国や中国、フィリピンなど、戦時中の日本の野蛮な行為で苦痛を受けた国々を激怒させるだろう」とした。

 最後に、「安倍首相の恥ずべき衝動は北朝鮮の核開発など地域の重要な協力態勢を脅かす恐れがある。こうした修正主義は、日本にとって恥ずべき愚かなことだ」としている。

 ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)でアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏は、ニューヨーク・タイムズなど一部米メディアによる「安倍たたき」について、「安倍氏を危険な右翼だと憎む朝日新聞や一部毎日新聞の見立てを輸入したものだ」との見解を示している。

 安倍首相は産経新聞とのインタビューで、河野談話について、菅義偉官房長官の下で有識者へのヒアリングなどを通じて検討する考えを示している。

 河野談話は平成5年、宮沢政権総辞職前日に閣議決定しないまま公表された経緯があり、第1次安倍政権は慰安婦問題について「政府が発見した資料の中には軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見あたらなかった」との答弁書を閣議決定した。

 インタビューにおける安倍首相の見解はこうした経緯を踏まえたものだが、ニューヨーク・タイムズ社説は物証を挙げないまま、強制性を前提に見直しの動きを批判している。

 一方、戦後50年の節目に当たる平成7年8月、村山富市首相が、「植民地支配と侵略」への「心からのお詫びの気持ち」を表明した村山談話。安倍首相はこれに代わり、歴史問題への立場を示す未来志向の「安倍談話」を新たに出す考えを示している。これについても社説は、村山談話を不明確な未来志向の談話に置き換えたがっている、などと否定的に伝えている。

米朝関係、さっぱり分かりません

事前予告をどう解釈したものか、悩んでいる最中に、またこんなニュースに出会った。

朝鮮が日本を無視していること、米国もまた日本を無視していること、これ位しか今の私にはわからない。

このニュース、米・中・韓・朝・日の5カ国関係のヒントになりそうなので、残すことにした。

~~~~~~

米高官、極秘訪朝3回 11年末以降 日本は疎外
朝日新聞デジタル2月15日(金)8時11分配信

 【牧野愛博】米政府高官が2011年11月から昨年8月にかけて少なくとも3回、平壌で北朝鮮の政府高官と極秘に接触していたことがわかった。米政府から日本政府に対して公式な説明はなかった。北朝鮮の3回目の核実験を受け、日米間の緊密な連携が求められているが、同盟国・日本でさえ共有できない「情報の壁」が浮き彫りになった。

 日米韓の政府関係者らが明らかにした。11年11月、米領グアムの空軍基地を出発した米軍機が横田基地でブルドーザーなどの重機を積み込み、平壌に向かった。米太平洋軍関係者らが搭乗していたとみられ、北朝鮮側と朝鮮戦争当時に行方不明になった米兵の遺骨捜索と収集方法について協議したという。

 12年4月7日と8月18~20日には、それぞれ米軍機がグアム基地と平壌間を往復した。搭乗者は米国家安全保障会議(NSC)のセイラー朝鮮部長と、国家情報長官室のデトラニ北朝鮮担当主任(昨年5月に離任)とみられる。北朝鮮の張成沢(チャンソンテク)国防副委員長らと面会し、金正日(キムジョンイル)総書記死去後の政策などを探ったとされる。

MOMO 犬の幸せ

今日は、幾日かぶりに、鼻から血を飛ばした。ウミも混じっている。

悪いものが体内から出て来たものと私は解釈した。

この分でいけば、桜の咲く頃には、再びプライベート・ビーチを一緒に駆けることができると思っている。

犬のしあわせとは何か。

「しあわせ」の定義ほど難しい言葉はない。幸福という漢語は福がついているため、イメージが限定されてくるが、これはこれで、誤解を生む。

幸と福は必ずしも一致していない。

貧であっても幸である人生は、小説や映画の世界の題材になるように、我々のごく身近で見るものである。

やはり、「しあわせ」でなければいけない。

では、この「しあわせ」とは何か。

私はお手上げである。ある人のしあわせと別の人のしあわせは同じであることもあれば同じでないこともある。そして別な人をある人にすれば、そのまた別の人にこのある人とは別のしあわせがあることもあることになる。

頭の中が混乱してくる。

私は人である。人のしあわせをこのように定義付けできない私が、どうして犬のしあわせを定義付けられよう。

ドーベルマンとハスキーとチワワと土佐犬が、同じしあわせ観を持っているかも怪しい。

私は考えた。

「しあわせ」をテーマにするから迷路に入っていく。そこで習性を犬のしあわせの代替とすることにした。

柴犬は、マタギと一緒に山奥で暮らす。一度山に入れば、何日も自分の主人であるマタギだけとの生活になる。冬の仮小屋では、布団の中に潜り込んで寝たことだろう。

見知らぬ人に出逢うことがないから、マタギは言葉を発しない。寡黙でなく沈黙である。BS朝日の三反園さんが1時間番組で発する日本語の量は、千年かかっても万年かかってもマタギは追いつかない。

今、私とモモは人里離れた山中でひっそりと暮らしている。交わす言葉といえば、「行くぞ」、「帰るか」、「取って来い」位である。

起きている間は、私の近くで寝る。昼間狩りにでるマタギと違うのはこの程度である。吹雪や嵐の日は、日永、焚き火の側で一緒に居眠りしただろう。

こういう人と柴犬との基本的関係は太古からそれほど変わっていないと私は思っている。

繰り返しになるが、今の暮らしがモモにとってしあわせかどうかは私には分からない。

しかし、首輪なし、リードなし、ケージなしで過ごしてきた13年が、少なくともモモに流れている血に逆らうものではないことだけは確かである。

付の1.
柴犬はキジ、山鳥、ウサギのような小動物の狩猟のお供のために作出されたそうです。モモは雑種の柴犬です。

付の2.
私のこの楽園がモモにとっても楽園かと聞かれれば、私は答えられません。生まれかわるのなら、地震のない土地がいいとモモは内心願っているかもしれないのです。

付の3.
BS朝日は無料なので気が向いた時、と言っても月に1回か2回ですが、観ます。三反園さんの弁舌に私は舌を巻いています。あれで疲れないのでしょうか。さすがプロです。私は聞くだけで疲れてしまいます。

日本政府の逆拉致は日本の恥である

朝鮮総連の幹部が日本を出たら、日本に入れないと安倍内閣が決めた。

幹部も人の子、日本に家族・親族もいれば友もいる。日本に戻れなくなれば、一家団欒はできなくなる。親しい友と朝鮮政府の陰口を一杯飲みながら叩き合うこともできなくなる。

朝鮮の拉致は非合法である。
日本の逆拉致は非道徳である。

非道徳を非難する朝鮮総連の抗議は正当である。

付の1.
国家の意志により国民が虐げられる構図は、朝鮮も日本もかわりません。目くそ鼻くそ。

付の2.
論語にも、自分がされたくない事は人にすべきではないと書かれています。安倍首相はもう一度高校倫理の補習を受けてください。(己の欲せざる所は人に施す勿れ 子貢)

付の3.
なぜ朝鮮人が日本に多いのか、歴史認識などという難しい言葉以前に、中学歴史を復習してもらいたいものです。

~~~~~~~

朝鮮総連、日本の追加制裁撤回を求める声明

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は14日、3回目の核実験をした北朝鮮への追加制裁の撤回を日本政府に求める中央常任委員会声明を出した。総連副議長5人の渡航を新たに制限することについて、「非道極まりない人権侵害だ」としている。

朝日新聞デジタル2013年2月14日18時27分

レスリング 除外の理由

競技種目の評価ポイントが、「観客数」「競技人口」「放映権料」であることを知って、別段驚きはない。

想像していた通りのことで、裏付けされただけのことである。

ただ、この3本の柱は実際は2本である。試合会場に足を運ぶか、テレビで観るかどうかの違いだけで、「観客数」と「放映権料」は同じ質のものである。

売れない本が書店の棚から外され、もっと売れる本が置かれるのは、儲かるか儲からないかの尺度で本を計るからである。

店主の身になって考えれば、当たり前の行動である。その本の内容の良し悪しは店主にとってどうでもいいのだ。

本が文化なら、スポーツも文化。

同列に語ることは許される。

オリンピック種目は今や書店の本である。オリンピックという組織の本屋の本である。

私がレスリングに反対するのは、女子レスリングである。これほどスポーツ美からかけ離れた種目は他にない。次席が女子柔道であることは言うまでもない。

表立って言わないが、メダルが西欧諸国からの選手に渡らないことも彼等の今回の動きの要因となっている。仮に、レスリングがアメリカ、フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、スペインなどの中で、金メダルがたらい回しされている種目であったなら、除外の動きなど絶対に出て来なかった。

見せるための五輪ならプロレスでいい。至言である。

他の種目にも当てはまる。

見せるための五輪なら、プロ・サッカーでいい。
見せるための五輪なら、プロ・バスケットでいい。

この事件、最後には放映権料が決め手になる。したがって、日本の打つ手は自ずと決まってくる。

アベノミソッカスで増刷される1万円札をC-130でスイスに空輸することだ。

さもなければ、NHKがオリンピック期間限定で視聴料を値上げして、放映権料の10倍提示をすることだ。

さもなければ、金メダルマニアから義援金を募るといい。あの尖閣でさえ16億のカネが集まった。100億円位たやすいだろう。不足分は、スポーツ新聞やめスポーツ欄を設けている大小新聞社に埋めさせる。

バカバカしい提案かもしれないが、今のオリンピックがバカバカしいのだから、仕方がない。

以上はIOCの建前。これからが本音。

オリンピック組織の主要なメンバーは、元貴族である。イギリス・ヨーロッパの貴族の血が流れている。

彼等は、女子レスリングの取っ組み合いに眉をひそめる。これを理由にしたら大問題になる。それで、当たり障りの無い、一見公平な動員数や放映権料を理由にしているのである。

だから、根っこのところは、私と完全に一致している。

男子レスリングは存続する。女子レスリングは脱落する。

私はかく予言する。

~~~~~~

【レスリング】米満、IOC批判「見せる為の五輪ならプロレスでいい」
スポーツ報知 2月14日(木)7時6分配信

 レスリングのロンドン五輪メダリストも13日、20年夏季五輪からの除外問題に強く反発した。都内の会見には、フリースタイル66キロ級金の米満達弘(26)、55キロ級銅の湯元進一(28)=ともに自衛隊体育学校=が同席。米満は国際オリンピック委員会(IOC)が観客数や放映権料の少なさを指摘したことについて「見せるためのオリンピックならプロレスでいい。オリンピックは商業的なものになった」と不快感を示した。

 金メダリストが、近代オリンピックのあり方に疑問を投げかけた。会見に同席した米満は「オリンピックはアマチュア選手が輝ける場所。何のためにやるのか。オリンピックは変わってしまった気がする」と失望感をあらわにした。

 会見の前には練習をこなしてきたが「全然モチベーションがなくて、集中できなかった」という。湯元は「アマチュア選手にとって、オリンピックは最高峰の舞台。小さい頃からオリンピックを夢見て練習してきた。いま一番ショックを受けているのは子供たちでしょう」とレスリングの将来も心配した。

 米満が困惑しているのは、IOCが競技の評価ポイントに「観客数」「競技人口」「放映権料」を挙げているとされている点だ。組んで倒し合うなど、レスリングは派手な動きが少なく、世界的には人気面で劣るという指摘がある。それでも「見せるためのオリンピックならプロレスでいい。真剣勝負は見栄えは良くない。オリンピックは商業的なものになってしまった」と競技性を否定され、強く反発した。

 19日には全日本の合宿でイランに遠征する予定。世界各国の選手が集まる舞台で、除外問題が話題になるのは間違いない。「イランはものすごいレスリングが盛んな場所。そうとうショックを受けていると思う。選手同士で何らかのうねりができるかもしれない」。日本の“お家芸”の五輪復帰へ、できる限りの道を探すと誓った。

朝鮮の核実験 ただ今考慮中

朝鮮政府が中国に事前通知するのは、自然である。

なんといっても、朝鮮戦争で共に戦った仲間である。大学の部活や五輪合宿で意気投合した仲間同士とは次元が違う。

祖父母の時代になった今でも、中国、朝鮮の学童は朝鮮戦争を教師から教えられているだろう。

中朝不仲説があるようだが、意見の違いはどこの集団にもあること、役所でも会社でも教員室でもあるはずだ。それを以って不仲とは言えまい。

私が、あれっと思ったのは、アメリカにも同時に伝えていたことである。

インターネットを検索していけば、簡単に分かることだろうが、それでは面白くない。

少し時間を掛けて、なぜそうしたのか自分の頭で考えていく。

今のところ、朝鮮の新権力者は、中国の助言を素直に受ける相当賢くかつ冷静な指導者ではないかという見方でいる。

~~~~~~

北朝鮮 きのう米中に核実験を通告=韓国政府当局者
聯合ニュース 2月12日(火)13時34分配信

 【ソウル聯合ニュース】韓国政府高官は12日、北朝鮮の核実験場がある咸鏡北道吉州郡豊渓里でマグニチュード(M)5.0の人工地震が感知されたことと関連し、北朝鮮が前日の11日に米国と中国に対し、核実験を実施すると通告していたことを明らかにした。

 同高官は聯合ニュースの取材に対し、11日から北朝鮮で核実験を強行する兆候が見られたとした上で、「北朝鮮は過去の核実験の際も米中に事前通告している」と述べた。

 また、韓国政府は核実験の兆候を感知した後、次期政権の発足を準備する大統領職引き継ぎ委員会にも情報を提供したと明らかにした。

MOMO 優しい目をしている

ギターを弾いていても、モモは無関心。

尺八の標準管を吹いても、無関心。

2尺5寸、2尺7寸を吹くと、寄って来て、前足で尺八を落とそうとする。

尺八の低音に祖先の狼時代から流れている血が騒ぐのだろう。

今日は、吹いても気が沈まないようだったので、久しぶりに吹いた。

すると、ベッドで寝ていたモモが、ゆっくり起き上がり、のそのそといつものように寄って来た。背伸びして尺八を落とす力はないようで、前足を何度か持ち上げただけだった。

私は、吹くのをやめて、モモの目の高さに私の目を持っていった。

見えなくなった左目も右目と同じようにやさしい目をしている。

少ししたら、疲れたのだろう、ベッドに戻らず、そのまま寝入ってしまった。

付:
「優しい目」と一口にいいますが、人間で優しい目は万人に一人もいないと思っています。優しいというのは顔付きです。信じなければ、男優、女優の目だけをトリミングして見てください。凶暴に近い目が多いのに驚くことでしょう。ユーミンの「卒業写真」の優しい目は、本当に優しい目です。ユーミンが優しい目と優しい顔を混同するはずがありません。私は「卒業写真」が大好きです。

02.13.モモ

こんなに扱いやすい国民はいない

2週間ほど間、灯油4缶80リットルを買った。8800円だったから、リットル110円也である。寒いと言っても、2月も半ば、もうすぐ春がくる(実際は6月まで待つ)、それに老い先短い我が身のこと、来年の冬の寒さまで心配することもない。

寒さにブルブル震えることはない。ケチケチするな。じゃんじゃん燃やせ。

あっという間に、80リットルが消えた、いや燃えた。

それで、今日、追加したら、値上がりしましたと言う。

9600円、リットル120円也である。

インフレ・ターゲットは確か2%ではなかったか。灯油は8%である。

この調子でいけば、電気が上がる、パンが上がる、豆腐・納豆が上がる、スパゲッティが上がる、ガソリンが上がる、都市ガス・プロパンが上がる、家禽のエサが上がるから牛肉、ブタ肉、鶏肉が上がる。食費が上がれば、床屋も上がる。

結構毛だらけ猫灰だらけ。

安倍首相は、鼻高々にアベノミソッカスを自賛するだろう。

地球にいくつの国があるか知らないが、国民が、時には選挙で、時にはデモで、政府を非難する、これは物価の値上がりに対する不満からがほとんどと言っていい。

物不足も不満の種であるが、経済制裁を受けている国はともかく、物はあっても、昨日まで買えたのが今日、値上がりして買えなくなったからである。

一つとして、物価が上がって、政府の支持率が上がる国はない。

唯一、日本だけである。

世界一を目指す安倍政権は、世界で一番の他に、世界で「ただひとつ」も世界一に加えているのだろう。

世論調査は、NHKのニュースを聴けば、いやでも耳に入ってくる。Yahoo ニュースも目に付く。

高内閣支持率が報じられた。

安倍首相も、側近から聞かされ、これほどまで扱いやすい国民とは知らなかったと、有頂天になっていることだろう。

なめられたものだ。

付の1.
日本人のユーモアによる、三十六計、褒め殺し戦法かもしれません。

付の2.
アベノミソッカスと言い間違えた人がいましたが、これが正しいのであって、アベノミクスが間違いなのであります。

付の3.
ソ連時代のモスクワの店には確かに物がなかったです。インフレもデフレも概念にない経済でしたからね。

FC2Ad