FC2ブログ

老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

令和のコロナ騒動 - 特別給付10万円の使途明瞭金


久しぶりに結構な額の金が自由に使えた。

一段落したので、我が人生最後にして最大のボーナス、明細を記録しておく。

I オーディオ機器
                品代     送料
1.CD デッキ  ONKYO  C-709X  ¥6,000.   1,000.
2.スピーカー YAMAHA NS-300   10,000.   7,000.
       Pioneer S-N702    3,500.   1,000.
3.アンプ  Kenwood R-SE7    3,500.    1,000.
       Kenwood R-SG7    3,800.   1,000.
(全部ヤフオクの中古)    計 ¥37,800.-         

II 同アクセサリー他

1.ライン・ケーブル 2本     ¥2,000.
2.ライン分配ケーブル         1,000. 
3.スピーカー壁掛けブラケット    700.
4.バナナ・プラグ          1,600.
5.Pikal (接点研磨用)           1,000.
6.ベッセル・ドライバー        200.
7.綿棒                 600.
8.スピーカー分配ケーブル     3,800.(使用セズ)
(全部アマゾン)  計 ¥10,900.-

合計が4万8700円だから、あと5万円使える。

荒井由実と玉置浩二と井上陽水のCDに使い、残りは株にでも投資するか。

(ヒマなヒトにはヒマなネコがよくにあう)


P1100741.jpg





令和のコロナ騒動 感染者数に一喜一憂するな


感染者数と発症者は比例しない。そもそも感染する人数より感染しない人数の方が圧倒的に多い。さらに感染しても発症しない人数の方が圧倒的に多い。

政府も都も専門家が得意がって騒ぐのに周章狼狽して後先考えず乗ってしまっただけ。

病院は発症者だけを対象にすればいい。それも発症者は虚弱体質者、コロナでなくても早晩死ぬ高齢者、危険が分かっていても続ける歌舞伎町の夜行人間、その中から、優先順位をつけて病院は受け入れればいい。

今の政府や都のやり方で正常な暮らしが破壊されるのは馬鹿げている。

~~~~~

日本(8月2日更新)
死者数 1011人 感染者数3万5836人 比率 1:35
 回復者数2万506人
(データ出典元: CDC • WHO • ECDC )

~~~~~

地域別死者数対感染者数および比率
欧州 20万9780人(感染315万7253人) 1:15
中南米カリブ海諸国 19万4683人(感染473万3320人) 1:24
米国カナダ 16万1027人(感染461万841人) 1:29
アジア 6万1868人(感染277万5743人) 1:45
中東 2万6997人(感染114万6821人) 1:42
アフリカ 1万9325人(感染91万325人) 1:47
オセアニア 229人(感染1万8615人) 1:81

~~~~~

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(31日午後8時時点) 死者67.3万人に

AFPBB News
2020.08.01.01:48
【AFP=時事】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間31日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は67万3909人に増加した。
 中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに196の国地域で少なくとも1735万2910人の感染が確認され、少なくとも999万2800人が回復した。
 この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。
 30日には世界全体で新たに6459人の死亡と29万986人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのは米国の1379人。次いでブラジル(1129人)、インド(779人)となっている。
 最も被害が大きい米国では、これまでに15万2070人が死亡、449万5224人が感染し、少なくとも141万4155人が回復した。
 次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は9万1263人、感染者数は261万102人。以降はメキシコ(死者4万6000人、感染者41万6179人)、英国(死者4万5999人、感染者30万2301人)、インド(死者3万5747人、感染者163万8870人)となっている。

 人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの85人。次いで英国(68人)、アンドラ(67人)、スペイン(61人)、イタリア(58人)、ペルー(58人)となっている。
 香港とマカオ(Macau)を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万4292人、回復者数は7万8974人。
 フィジーとベトナムでは初の死者が確認された。

 地域別の死者数は、欧州が20万9780人(感染315万7253人)、中南米カリブ海(Caribbean Sea)諸国が19万4683人(感染473万3320人)、米国カナダが16万1027人(感染461万841人)、アジアが6万1868人(感染277万5743人)、中東が2万6997人(感染114万6821人)、アフリカが1万9325人(感染91万325人)、オセアニアが229人(感染1万8615人)となっている。
 各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。
【翻訳編集】AFPBB News


(今年も庭の山ユリが咲いた。馥郁たる香り。姿はコスモスが一番、香は山ユリが一番)





完成祝い リスニング・ルーム

昨日、7月の最後の日に、セッティングが完了した。

1.映画用
・ Pioneer BDP-4100 - Kenwood R-SG7 - Victor SX3
・       - Kenwood R-SG7 - Pioneer S-N702

2.音楽用
・ONKYO C-709X  - Kenwood R-SE7 - YAMAHA NS-300

普通の映画は壁掛けのS-N702のみ。ライブや特に音楽を重視した映画(たとえばカルメン)には25センチ・ウーファーのSX3を同時に鳴らす。

CDデッキはピュア・オーディオ用としてNS-300につなげた。

ここ数日、様々なCDで聴き比べしたが、違いが分かったのは音圧だけで、音色の方はサッパリ区別がつかない。どれもいい音を出している。

こんなんだったら、2本のSX3のままでよかったと思うのは、買ってみて始めたわかったこと、後知恵というものだ。

今回、1974製のSX3の音の良さが再確認できたことは大収穫であった。S-N702が1999年製、NS-300が2000年製、これらに少しも劣らない。

今は、ジャンル別に使い分けず(違いが分からない)、気分によって、セレクトしている。

BGMには壁掛けのS-N702を専らにしている。思い出せば、60年前の音楽喫茶もスピーカーは壁上方に置かれていた。今も神田あたりには残っているのだろうか。

附:
1.スピーカーは電子機器分が1割、9割は楽器であるというのが私の持論である。キャパシタやコイルが劣化しても、大勢に影響ない。少し古くなった方が、いい音になるのではないかとさえ思っている。製造後50年位が最も脂の乗った時期ではなかろうか。
2.SX3は日本のオーディオ全盛期の時代のもの。音響メーカーは各社いい技術者を揃えていた。
3.片ch7.5WのA級アンプ。中古で1万以下のものは他に見当たらない。手持ちのリモコン1本で間に合うから、今回の2機もリモコン無しで安かった。本体の割に、ヒートシンクのバカでかいのに驚き喜ぶ。
4.スクリーンを30センチ上げるのは必死の思いだった。脚立から落ちれば骨折、骨折すれば、オーディオもへったくりもない。即入院だ。無事に脚立から降りたときの安堵感は杖をついて歩く歳にならなければ想像できないだろう。私だって、20年前はこんなの朝飯前だったし、まさかこうなるとは思いもしなかった。
5.Diatone DS-77Zは買って買えない額ではなかったが、1本31キロでは私の手に負えない。残念ながら諦めた。埼玉にいたとき、Pioneerのトール・ボーイと一緒に買ってしまえばよかった。

(フロント・ライブ、リア・デッドがセオリー。バックに使い古しの毛布をつるすかどうか思案中。SX3のツイーターはフロント・グリルを外している)

0801c.jpg


(オーデオラック、40年前3万5千円で購入。ピッタリサイズで今は昔、呉越同舟)

0801b.jpg








Sans taste 味覚障害


吉野家の牛丼は私の好物。島を出た時は、100円寿司か吉野家と決まっていた。

この二つ、生協の宅配が扱っていなかったのである。

10年かそこら前、冷凍で牛丼を扱うことになった。以来、家人からジャンク・フードと笑われながらも島にいながら楽しんできた。

それが、最近、少しもうまく感じなくなった。

これが2度、3度続いて、さらにビン長の刺し身から以前のようなうま味が消えた。中トロに手が出ない私には、脂の乗ったビン長は貴重な代替品である。

そして白飯までが美味くなくなった。

これが最後の決め手となった。

問題が私の味覚にあることが分かったのである。

ネットをみたら、加齢が一つの大きな原因であるとのこと。

すぐに連想したのがシェイクスピアの「お気に召すまま」。

Sans teeth, sans eyes, sans t., sans euery thing.

歯なし、目なし、味なし、すべてなし。

どうして、歯と目の後に味があるのか、ようやく分かったのである。

味覚障害に陥る前の私は、taste をもっと広い意味にとっていた。後のeverythingが続いているのもその流れとなっている。

私の深読みであった。

tasteは単純に味なのだ。

SODに対抗心を燃やしていた私がバカだったのヨ。

附:
1.日本は、めはま。
2.私もいよいよsans everythingの入り口にたどり着いたのか。
3.彼、35歳の戯曲。まだ若いのに老人の衰え順がよく分かっていた。さすがシェイクスピア。拍手。

~~~~~

Taste
I.1 The sense of touch, feeling (with the hands, etc.); the act of touching, touch.late ME.
2 A trying; a trial, test

II.1. The act of tasting or perceiving the flavour of a thing with the organ of taste; the fact of being tasted.
b. transf. The means of tasting; hence, such a small quantity as admits of being tasted; a very small quantity (esp. of spirit), a sip
c. fig. A slight experience, received or given; a slight show or sample of any condition or quality. late ME.
2. The faculty or sense by which that particular quality of a thing described in 3 is discerned; one of the five bodily senses.late ME.
3.That quality or property of a body or substance which is perceived when it is brought into contact with certain organs of the mouth, etc., esp. the tongue; savour, sapidity; the particular sensation excited by anything in this manner.late ME

2. Second childishnesse, and meere obliuion, Sans teeth, sans eyes, sans t., sans euery thing Shaks.

(SOD Third Edition Revised with Addenda 1964)





Pioneer S-N702 山椒は小粒でもぴりりと辛い

Yamahaに続いて、今回はPioneer。

埼玉にウェッジ交換したものが5ch用に4台置いたままであるが、面倒なので新しく購入することにした。

試聴はベートーベン弦楽四重奏曲11番。

バイオリンの高音とヴィオラの中音、それぞれ伸びのいい音が出ている。チェロが控え目な演奏で、小型スピーカーにマッチしている。

無競争で落札。価格3千500円と送料千円。美品でウェッジもボロボロになっていない。

いい買い物をした。

おまけのケーブルは細い。4芯ケーブルが着いたら、壁に掛ける予定。

附:
Suskeカルテット。30年前のレコーディングとは思えない。

~~~~~
S-N702
型式 2ウェイ・バスレフ型
使用ユニット 13cmコーン型ウーファー
2.5cmドーム型トゥイーター
インピーダンス 4Ω
再生周波数帯域 42Hz~60kHz
出力音圧レベル 84dB/W/m
最大入力 80W
防磁設計(EIAJ)  
外形寸法/重量 170(W)×265(H)×249(D)mm/3.8kg(1台)


(S-N702)