老いの一筆

Fair is foul, and foul is fair – Macbeth Act 1 SceneⅠ・・・きれいはきたない、きたないはきれい

外国語 ― 構文と内容

英語と中国語に接してきて、遅ればせながら分かったことがある。

作品の難易度を構文と内容に分けて考えなければいけないということである。

グループ1.難しい構文 と 易しい内容
グループ2.難しい構文 と 難しい内容
グループ3.易しい構文 と 易しい内容
グループ4.易しい構文 と 難しい内容

グループ1:
18世紀以前の作品はほとんどこれに属する。
シェイクスピア、J.オースチンなど。
聊斎志異、西遊記、漢詩。
・永い試練に耐えて存在している作品で、和訳がある。最後の頼みの綱となる。

グループ2.
ラテン語、フランス語、ギリシャ語などが混じっている随筆。
Ch.ラムの随筆、de Quincey。
・ラテン語の教養が備わっている読み手が前提になっているのが随筆。ネット上のfree textに脚注の親切さは期待できない。ネットに教えを乞おうか迷っている。

グループ3.
千夜一夜物語。S.モームの作品。
翻訳本。
デカメロン、ジャン・クリストフ、戦争と平和、アンナ・カレーニナ、(英訳・漢訳共)、我是猫(漱石の中国語訳)。
・グループ2で疲れた時に読む。

グループ4.
地名、人名ほか作品当時の流行が出てくる作品。
現代随筆の大半はここに属する。
・フランク永井、向島、聖徳太子(お札)、小泉純一郎などが採り上げられた日本語の作品を100年後のアルゼンチンの知識人が読むことを想像すればいい。

無論、その中間がある。グループ共通として私がもっとも困難と感じるのは金銭価値である。お金が一度も出てこない文芸作品はまずない。

賭けた額がルーブル表示(戦争と平和)、a hundred gold pieces(千夜一夜物語)、O.ヘンリーの作品にでてくる米ドル。

特にO.ヘンリーの場合は貧乏を扱っている作品が多く、3ドルと4ドルの差に緊張感があるように感じる。感じるだけで、ヘンリーがなぜ4ドルでなく3ドルにしたのか、その意図までは汲み取れない。

米文学には黒人スラングが付き物。学校英語では避けているが、米文学講座で教えるべきである。(在学中は黒人英語が米文学の一部を占めていることは知らなかった。というより知ろうとしなかった。)

構文の難しには辞書で調べた単語群から連想・推測することで対処。
内容の難しさにはWikipediaを開くことで対処。
それで分かるなら可とする。
分からない部分が頻出すれば、その作品を諦める。

無理してまで読むべき本など一冊もない、楽しく読める本を読むこと、これが私の流儀である。

2001年宇宙の旅 ー ブルーレイ

都会に戻って、3か月。生活のペースは調子に乗ってきた。

120インチの画面で映画も楽しめるようになった。

歩いて行ける所に大きなレンタルショップがある。そこで、「2001年宇宙の旅」を借りた。

LDで繰り返し鑑賞したから、筋もシーンも覚えている。レンタルしたのは、ブルーレイで観てみたかったためである。

結果は失望、大きな失望。

第一、 画質にそれほどの違いが認められなかった。  

第二、 音楽がクラシックからの借り物である。映画音楽は映画の楽しみの半分は占めている。横着せず宇宙の旅にふさわしい曲を付けるべきである。

第三、 無重力状態のシーンが長たらしい。宙返り歩行には同情すら覚える。

第四、 モノリスの意味が不明。深淵な思想の開陳ならいざ知らず、大衆に観てもらう映画にわけのわからないパズルは良くない。最後に種明かしがあるかと期待しても、するだけ損。丸なげである。

第五、 突然老人になり、突然胎児になる。輪廻転生を言いたいのか、グラスを落とすシーンに何の意味があるのか。ただ老人の緩慢な動作を表しているのか。

第六、 HALのコンピュータが時代遅れ。現実の2001年には博物館でしか見られない。回路チェックのプリント基板ときたら滑稽ですらある。

第七、 類人猿で連想するのは、「猿の惑星」である。この映画には確固たる哲学がある。「2001年~」に比べるとメーキャップは数段劣るが(腹話術の人形)、中身が違う。

第八、 最大の欠点は、CGが延々と10分以上続くシーンにある。あんな子供騙しのようなCGは2001年には誰も見向きもしない。監督の自慢であったとしても、せいぜい1分に留めておくべきだった。

木星への有人飛行は、2017年現在も実現していない。

Back To The Future!

30年の試練に耐えられぬ駄作であった。

付:
1. 旧作、6泊で100円也。ドブに捨てた。
2. 「2010年宇宙の旅」が続編である。続編が制作される位人気があったのだろう。斯く言う私もこのLDを買っている。ロイ・シャイダーがいい。

The Intellectual Life (2)

今日、読了した。1か月掛かけた。

高校英語で採用されていればよし、もし採用されていなければ、是非、英語教師に加えてもらいたいと願う。

高校、大学での知的生活がわずか7年。将来学者になるつもりの者以外は、定年まで二度目の知的生活は待

たなければならない。

30年、40年の空白だ。

読み返して感じたのは、私の思想と行動がこの作品の内容に極めて似ていることである。

高校時に読んだ印象は、「知的生活」に真新しさがなかった。受験校で水泳部の活動以外は知識の吸収がす

べてだった。教師と学友にも恵まれていた環境だった。

下段のPrefaceで分かるように、英文は非常にplainである。LambやHazlittの難しさはない。知的生活への

誘いだからけだし当然である。

とは言え、内容は階級、貧困、時間、環境、家庭など当時の知識人の直面した課題が深く考察されていて大

変高品質である。

1873年刊行、140年も前の作品だ。それが今も通用する。

知性や教養がキザの代名詞でないことが再確認できるだけでも一読に価する。


The Intellectual Life
by Philip Gilbert Hamerton

PREFACE.

I propose, in the following pages, to consider the possibilities of a
satisfactory intellectual life under various conditions of ordinary
human existence. It will form a part of my plan to take into account
favorable and unfavorable influences of many kinds; and my chief
purpose, so far as any effect upon others may be hoped for, will be to
guard some who may read the book alike against the loss of time caused
by unnecessary discouragement, and the waste of effort which is the
consequence of misdirected energies.

I have adopted the form of letters addressed to persons of very
different position in order that every reader may have a chance of
finding what concerns him. The letters, it is unnecessary to observe,
are in one sense as fictitious as those we find in novels, for they have
never been sent to anybody by the post, yet the persons to whom they are
addressed are not imaginary. I made it a rule, from the beginning, to
think of a real person when writing, from an apprehension that by
dwelling in a world too exclusively ideal I might lose sight of many
impediments which beset all actual lives, even the most exceptional and
fortunate.

The essence of the book may be expressed in a few sentences, the rest
being little more than evidence or illustration. First, it appears that
all who are born with considerable intellectual faculties are urged
towards the intellectual life by irresistible instincts, as water-fowl
are urged to an aquatic life; but the lower animals have this advantage
over man, that as their purposes are simpler, so they attain them more
completely than he does. The life of a wild duck is in perfect
accordance with its instincts, but the life of an intellectual man is
never on all points perfectly in accordance with _his_ instincts. Many
of the best intellectual lives known to us have been hampered by
vexatious impediments of the most various and complicated kinds; and
when we come to have accurate and intimate knowledge of the lives led by
our intellectual contemporaries, we are always quite sure to find that
each of them has some great thwarting difficulty to contend against. Nor
is it too much to say that if a man were so placed and endowed in every
way that all his work should be made as easy as the ignorant imagine it
to be, that man would find in that very facility itself a condition most
unfavorable to his intellectual growth. So that, however circumstances
may help us or hinder us, the intellectual life is always a contest or a
discipline, and the art or skill of living intellectually does not so
much consist in surrounding ourselves with what is reputed to be
advantageous as in compelling every circumstance and condition of our
lives to yield us some tribute of intellectual benefit and force. The
needs of the intellect are as various as intellects themselves are
various: and if a man has got high mental culture during his passage
through life it is of little consequence where he acquired it, or how.
The school of the intellectual man is the place where he happens to be,
and his teachers are the people, books, animals, plants, stones, and
earth round about him. The feeling almost always predominant in the
minds of intellectual men as they grow older, is not so much one of
regret that their opportunities were not more abundant, as of regret
that they so often missed opportunities which they might have turned to
better account.

I have written for all classes, in the conviction that the intellectual
life is really within the reach of every one who earnestly desires it.
The highest culture can never be within the reach of those who cannot
give the years of labor which it costs; and if we cultivate ourselves to
shine in the eyes of others, to become famous in literature or science,
then of course we must give many more hours of labor than can be spared
from a life of practical industry. But I am fully convinced of this,
convinced by the observation of living instances in all classes, that
any man or woman of large natural capacity may reach the tone of
thinking which may justly be called intellectual, even though that
thinking may not be expressed in the most perfect language. The essence
of intellectual living does not reside in extent of science or in
perfection of expression, but in a constant preference for higher
thoughts over lower thoughts, and this preference may be the habit of a
mind which has not any very considerable amount of information. This may
be very easily demonstrated by a reference to men who lived
intellectually in ages when science had scarcely begun to exist, and
when there was but little literature that could be of use as an aid to
culture. The humblest subscriber to a mechanics' institute has easier
access to sound learning than had either Solomon or Aristotle, yet both
Solomon and Aristotle lived the intellectual life. Whoever reads English
is richer in the aids to culture than Plato was, yet Plato _thought_
intellectually. It is not erudition that makes the intellectual man, but
a sort of virtue which delights in vigorous and beautiful thinking, just
as moral virtue delights in vigorous and beautiful conduct. Intellectual
living is not so much an accomplishment as a state or condition of the
mind in which it seeks earnestly for the highest and purest truth. It is
the continual exercise of a firmly noble choice between the larger truth
and the lesser, between that which is perfectly just and that which
falls a little short of justice. The ideal life would be to choose thus
firmly and delicately always, yet if we often blunder and fail for want
of perfect wisdom and clear light, have we not the inward assurance that
our aspiration has not been all in vain, that it has brought us a
little nearer to the Supreme Intellect whose effulgence draws us whilst
it dazzles? Here is the true secret of that fascination which belongs to
intellectual pursuits, that they reveal to us a little more, and yet a
little more, of the eternal order of the Universe, establishing us so
firmly in what is known, that we acquire an unshakable confidence in the
laws which govern what is not, and never can be, known.


付:
1.Gutenbergで無料DLできます。
2..Philip Gilbert Hamerton (1834-1894)
3.大英和・ランダムハウス不記載。リーダーズ英和第2版までも不記載。低い評価は辞書編纂者の知性の表われ。貧しいです。
4.無意識に影響されたのかもしれません。そうだとすれば徒然草に強烈な意識下で影響を受けたのと対照的です。

The Intellectual Life

埼玉に戻ってからも、センチメンタル・ジャーニーは続いている。

このThe Intellectual Life は高校2年か3年の時に読んだもの。

今から、60年前。

同じ頃に読んだ、ラムのシェイクスピア物語の文章の難しさはこれには感じなかった。

内容の堅苦しいことだけが印象に残っている。

人生経験ほとんどゼロの高校2年生では無理もない。

今は、著者の言わんとしていることの99%がすんなり頭と心に入ってくる。

知識人の感性は古今東西、皆似たようなものと改めて確認できた。

付:
フランス語が頻繁に出てくるのには参ります。フランス語に悩んだ記憶がないのは、あるいは、対訳書を読んだのかもしれません。


メリー、そして最後の写真

島を去る前日の3月16日、めっきり老けたメリー。もうこれで二度と会うことはないという現実を受け入れたのは私ばかりではない、メリーも同じだ。13年一緒に暮らした私は、メリーの気持ちが顔の表情から分かった。

あの世があるとすれば、モモもリッキーも鶏もメリーもそこで私を待っている。

私は十分長く生きた。

今は早く再会したい気持ちで一杯だ。

会えたら、みんなの頭や背中をなでながら、話し掛けよう、

「モモ、リッキー、メリー、会いたかったよ」と。

付:
メリー (2004年4月7日ー2017年5月9日)


FC2Ad